揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,065,057
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,065,057
  • p

    Works 46
  • 悪い心

     

     

    心に緑がふさふさ育ってる。

     

     

    悪い心は学校のつらさや孤独が、今の強さになっていることを思い出し、感謝を見直している。道徳ならある。

     

     

     

     

     

     

    心に私が見ることは、

     

     

    一日、時間をくれという。

     

     

    何かを失ってはみだしているのはわかる。

     

     

    どうしても自分は駄目だと悩んで落ちこんでいる人もいる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    話しかけてくる人に、そこで私は、

     

     

    「私は社会性はない民族やねん、あなたの家は国境があって外に向いてる。うちは外に行かない。社会感はない、社会性はある。

     

     

     

     

     

    過去こうしてしまった私を一日中聞いて下さい、すいません

     

     

     

    あなたは、神や仏とそれなのに言う

     

     

     

     

     

    わからない

     

     

     

    わからないのに教えなくちゃいけない

     

     

    わからないのに教えてやる

     

     

    わからないけど教える

     

     

    こう話すくらいには成長した。戦後から。

     

     

     

     

     

    島だから、良いことがあれば傷ついたことは流れて消える。

     

    村だから、外に出てみると村都会だから、田は、土と野菜を育む。食べて忘れる。

     

     

    あなたに「大変」なことは残ってる。

     

     

     


     

     

    分けるのに必要なことは、田では金か情けだ。

     

     

    じゃがいもやコーンも、無料のような明るい自家生産で同じものを食べ続ける。

     

     

    農薬は、初めから抵抗力を考えられることの老子を見る。

     

     

    初めて美味しそうに見える。

     

    判るのは、それをその姿で見ることがどこでも出来てない。

     

     

     

     

     

     

     

    問題を早送りせず、未来の世代に問題と光を

    伝える。自分を変えてはいけない。

     

     

     

     

    ゆっくりゆっくり苦しい生命を生きたい意志は、

     

     

     

    ラッキー、そう思える。

     

     

     

     

    業、秘密、理解、全てある。

     

     

     


    そんな人が多かったら。意志はもうわからない人も何とか助かる。

     

     

     

     

    新しい街文化の風を受けて、ニュアンスや物のディテールが判り、会話もままらなかった(??)対象の人や物に初めて触れた。

     

     

     

     

    寂しいのに、手離す。

     

     

    自分に何もなくなったときに、緑や木に目が行って、虫もわかって出て来るからそばにいる。

     

     

     

     

     

     

     

    「今」の自分しか先はみえない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    蟲ーなんて、初めて公民にされる時だ。何故なら、蟲ーがずっといないのは本当だから、

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 神ことば(ぼしゅう)

     

    好きなのに。好き、スキ、すき、隙、はたまた四拍手。どの言葉も聞きましょう、と唱えて歌い、猫になり、「わたし」が説くならわたしも説きましょう。教えたいという仏がいるによって神は「スキナノニ」このカタチを取る。仏がいるによって、きみとも話したいワタシが生じます。世間、それも一理ある。これぞ帰り道。いっく覚えてあなたの神と話してみませんか?

     

     

     

     

    わたし

     

    大屋彦と作るこのことば、どこかにある神ことばの選手権。

     

    世間を従じるのなら、世間に立つわたしはそれは「わたし」がまず立つステージなのだ。

     

     

    6ぼしゅう

     

     

     

     

    あめのうずめ、おおやびこ、さるたひこ、おおくにぬし、ぬし、神はまだいるぞ

     

     

     

    うんぬん、楽しいために苦しいがいる、苦しいそれがなんだかわかったか?

     

     

     

    例、考えるのが負担かもしれないぞ、自分としては思い出せないのがそれ程負担かもしれないぞ、そう、思い出せないのが。

     

     

     

     

     

    シャチもドルフィンと一緒に呼ぶ。警察のドルフィンスイム、ドルフィンサイレン、黒、このうつくしい色はこの好き、愛しさをその動物の客観性にまかせる。みをまかせる。海に。彼の補食は「わたし」と違うのだ。

     

    人間がそうしてはうけないように。稲荷とは神なのだ。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev March 2024年 next
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
RSS
k
k