揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 852,473
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 852,473
  • p

    Works 46
  • 幸せの思考

    食べる量や体格だろうか?


    受け取る幅が違う。


    幸せでないといけない、と思う我ら、我々。

    幸せとは、「幅が有る、在る」のこと。

     

     


    幸せ(happy)! じゃないけど、不幸じゃない。


    海が、湿気が囲っているアトランティス、ほの暗さ。落ち着き。


    大陸は、大地と荒野。

     

    「言葉」が違う。

     

     

     

     

    追憶の森

    eiga.com

    追憶の森 : 作品情報 - 映画.com

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 大学文学の内容

    大学文学では、

     

     

     

    黙々とするパートでは、

     

     

    普段あたらないところを、心地よくあててくれる教授や知識人も居るだろう。

     

     

    まばらに点在するので探してみよう。誰か纏めてくれへんかな。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 大学文学

    大学文学せつりつ

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 何て言おう

    「私」に、

     

    ムーから付いた傷がある。

     

    これを、言葉にしてみよう。

     

     

     

     

     

     

    しかし、こう書くと、「傷付いた」は、

     

    想うイメージもつらく、

     

    対象が無なのだったら、「られた」「された」という相手ある語は、相応しない。

     

     

     

     

    自から始めたので、私といって「歩いて、転げた。」と言ってみても、

     

    本当に自から始めただろうか?、神ではないか、

     

     

     

     

     

    自で締まった、にしろ、

     

     

     

     

     

     

     

    だから「転げた」と言うのは間違い。

     

     

     

     

     

    結局、このように言う。

     

     

     

    「前世、魂から付けられた傷が有る。

     

    今は、それもムーに変わり、私は、形を変え

     

     

    無として私に違(たが)う。」

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 徳を養いなさいと言われる

    私は自分の客観を間違い続けて、


    大幅に自信がダウンしていた。


    考える時間のあるほうだから、考える。

     

    僧侶(オトコ)が寂しくなった結果が哀しいと思う。

     

    亡くなっても墓がもしかしたらわからなくなって、毎日手をひいてつれていく。


    想像し得ないことが、恐怖ではなく徳にあるんだと思う。

     

    私が僧侶になれないのは、

     

    自分から遠いのだ。

     

     

    僧侶になる近道は結婚について考える。

     


    自分としての嫌さに耐える男の女の、そういった習慣が、

     


    私をキラーにする筈だ。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 感情が花

    寂しい、という感情も私にとっては花のように、

     

     

    抱きしめられることよりも数倍大事です。

     

     

    喜んでいるのは、あなたの家族か?

     


    私はゆっくり、何事も感じたい。

     

     

     

     

     

    「孤独」でも、なぜ暖かいのか?

     

     

    そんな質問ですね。

     


    これは、人の関わりというよりは技術なんです。

     

     

     

    たとえば、木は好きですか?

     

     

    あの寂しい色をした、そのままの、それでいながら良く見ると立派に葉まで沢山持って居る。しかも緑だ。

     

     

    それが葉の色が、自分には理解できないようなあの緑のカタチ(色、色彩)と、感じる。

     

    すごい、と思いませんか?

     

     

    無意識では「見て」いても、「イメージ」のほうが日常である。

     

     


    あと、感情っていうのが、自分から出るもので、

     


    生まれた「私」の感情が、いずれにしろ、どの感情も、悪いわけが

     

     

    ないのですよ。

     

     

    だから、恐れず感じてみて、「無」になれば、

     


    火がともりますね。

     

     

    感じないから、ムカつくんです。

     

     

    それが憎しみになって、

     

     


    憎しみって、もはや感情ではないことが、

     

     


    分かるのです。

     

     

     

     

     

     

     

    感情という水に浮かぶことが出来る。

     

     

     

     

     

    龍は、一説「水」の神様なのだから、龍好きなら

     

     

     

     

    その性格の暴れ方など、孤独から立っていて、

     

     

     

     

     

    孤独とは、寂しい、切ない、そう言われるが本当は、

     

     

     

     

     

    何か夢中であることです。

     

     

     

     

     

    するとあなたがたも、今孤独なのかもしれない、

     

     

     

    じゃなくて、孤独だったらいいな。と、そう思っています。

     

     

     

     

     

     

     


     

     

     

     

    こんなんでは。

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 心のヒーローは誰

     

     

    言葉を聞かされた自分の悪くなさ、

     

     

    こういうふうな誂いにされている、思いやりにたいしてちゃんとキャッチし、ぎゅっと受け取ること。

     

     

     

     

     

     

    話す順序の、意地悪なような、可笑しいような、奥ゆかしさに、

     

     

    何となくわかる、という態度が、我が下、自分がしたですという言葉になる。

     

    自分は耐えれないけど、だれがが何かしてると思うなら任せる。

     

     

     

    誰も、人が死んだりすることを切に願わないから、

     

     

     

    一度はそういうことを激しく想像するが、結局、妄想であるから目が覚める。

     

     

     

    だれかに向けて「哀しい」とずっと言ってる。

     

     

     

    それが苦しんで「シネ」と表現される。言葉としてこれを見て減っていくのは良いが、

     

     

     

    心が存在しないなら、心の中なんて存在することなんて無い。

     

     

     

    「存在者」、なにか豊かな自分にたいする輝き、

     

     

     

    そういうのが欲しい、を言っても誰も助けてないのは、同じくして。

     

     

    思えば思うほど、人を馬鹿にすることが無くなっていく。

     

     

    そんな自分を新しく迎え入れる為に、だから辛いことをこそ暗記するのだ。

     

     

     

    パーならパーで良いけど、セットされるストレスに耐えたくないと思うだけ。

     

     

     

    耐えれない、んじゃなくて、耐えたくない。この違いが大きいとか感じるだけ。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 宗教と道

    僧だからといって、仏に興味をもつのではないだろう。

     

     

     

    激しい修行を動画などでみるが、

     

     

     

    どうしても男になりたい、人のすることだ。

     

     

     

    ひょっとしたら、龍や精霊のほうが、当人を浄化するのかも知れない。

     

     

     

    宗教と聞くと、何か猛烈な欲が芽生える。

     

     

     

    強くなりたいのだろうか?

     

     

     

    だったら弱いということか。

     

     

    弱さは、

     

     

     

     

    哀しいことを哀しいと云えないことだ。

     

     

     

    脱シューキョーも出来て、信仰も出来る。

     

     

     

    それが、道ではないかな。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 教育に向けて頑張る

     

     

    嫌なことから率先してやっていく、そういうふうになれる準備をする。

     

     

     

     

     

    あかんこと、ちゃうことは人に言って、自分を試す。

     

     

     

     

     

    傷を付くこと。 それが大人になって必ず役に立つ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これらを、そのまま(施設に居る)子供に言い聞かすテレフォン。

     

     

     

    大人の言葉が、そのままの言葉が、かえって人(こども)に強く訴えるのだ。

     

     

     

     

    役に立つ「からな。」 、 覚えるまでその二つをして「下さい。」、

     

     

     

     

     

    クッションの言葉にたいして、丁寧に気持ちを込めて伝える。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    自分が子供だったとき、子供は誰でもそうだが、母に我慢してほしくなかった。

     

     

    気遣いが要らなかった。

     

     

     

     

     

     

    こう考え、八歳の本人に言わないが、恋も私はする。

     

     

     

     

    父が有った方が良い等、

     

    めちゃくちゃ悩んだ。

     

     

     

     

     

     

    結果、ただただ「好きな人」がいる。その現状を自分自身が認め、

     

     

     

    夢を諦めず、身を雨にさらし、風にさらし、自己の母をなぞる。

     

     

     

    母に出逢う。

     

     

     

     

    合掌のまいにちを辿る。

     

     

     

     

     

     

     

     

    世の中の親を応援してくれる歌がある。

     

     

    椎名林檎さんの「カーネーション」である。

     

     

    「小さく丸めたからだは今、哀しみ隠し震え

     

     

    命を表している」

     

     

     

    から始まる。  

     

    私は祖母ごと思い出して、涙をこぼす。

     

     

     

     

     

     

    親も親で、自分の本当に「好きな」ことなら、

     

     

     

    結果、ながくは彼ら(こども)にたいして情的ではないかと色々考える。

     

     

     

     

     

    親に栄養を与えると、全部子供に流れる、

     

     

    つまりは、親の元気にすべてがかかっている。私は髪をふりみだしても笑い、「気」を整える。

     

     

     

     

     

    煙草、

     

     

     

    目には色んな美が飛び込んでくる。そこには毒のあるものも含まれる。

     

     

    そんな日常茶飯事で、毒は毒で蒸発、制すことが挙がる。

     

     

    量が正しければ、表されていない数値として存分に有り、身体の耐性を増やせ、

     

     

     

    依ってかえって寿命を伸ばす可能性がある。煙もまた感謝さえすれば「気」にたいして清めの力になる。

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 日本から見る日本のショック

    キリスト教などは聖書があり、「世界」がどのようなものか年齢が高くなるほど深い理解を施す。

     

    そのように経典がある人と、我々のようにない人とでは世界理解に差が必ずあって、

     

     

    今まで目に見えなかったが、欧米や西洋の方には「優しくされてた」ような気もする。

     

     

    経文などだいたい読めない。

     

     

    向こうの誰と話しても我々より一歩深い、と云うのが街で話した実感だ。

     

    その、知識にたいしては日本の方が長ける所があるかも知れないが、

     

    顔を変えずに聞きたいことや興味を、「三分で何が出来るか?」のように

     

    絞ることが、我々日本の豊かさに向けたポイントとなる。

     

    何らかの外の情報や答えを作るからだ。

     

    ベタであるがその扉を開くかが、肝心なことは通説で、そこは同等であるのが「紳士的(向こうに合わせた)」な我々の気づかいであろう。

     

     

     

    ちなみに近隣としては、よくたまに見かける暴れん坊や奇天烈に思う中国の人とは、

     

    こんな人はいないか、助けてやる、というラブコールがほとんどであった。

     

     

     

    自己や宗教なんて戦後から全くわからないぜ。

     

    この日に、このトラブルの原因が「幽霊」なのだという

     

    元来の神を養う国としての風情を取り戻さんとして来ています。

     

    その証拠に「物語」が隋一をはかっている。

     

    それでよし、じゃないこともわかってる。

     

    「他人と話を展開させる。」だから、我々は自分、日本の者としてのルーツに関心を向けだした。

     

     

     

    私の意見として、我々のすべてを囲う日本海が端から端までぼんやりとし、

     

    よく笑え、と云われるが、

     

    まず心としてかなしみについて良く思うべきなんだと、

     

    世間におこってることの、なにが気持ちの暗さか?

     

    自分で抱えきれないわけは、

     

    実際歩いてあるいは想像して、正しい海を自然と向き合うことで変わるんだ。

     

    心が人間として最も高度のものだから。

     

    それしか幸福の道はないのです。

     

     

    なにか切羽詰まって重いものを感じさせる、暗さにたいして品が有るような、

     

    清まり。冷静さ。神として(神と、思う) 不幸の気高さ。

     

     

    ほどよい闇が忘れられて来て、本当の闇を洗えなくなってしまってることも多い。

     

    雑念は、暗さが溶かせるものなのにだ。

     

     

    「ハッピー」も、わかる事の部分を人間として、KYにならず増やしていく。

     

    笑いとは、微笑みとは、自然体のことなのだ。

     

    えがお が、決してめに見えてなくても、無心になってるときはその人の心が笑っている。

     

     

     

     

    「幽霊」なのだという、

     

    たいして客観性を持ち、文化的に、臨む。

     

     

     

     

     

     

     

     

    漢字やかなの字とともに暮らす我々は、こんな複雑なことを普通にする。

     

    もっと上達したい。 さらに、深くそう思って居る。

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev February 2024年 next
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
RSS
k
k