揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,705
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,705
  • p

    Works 46
  • 性の考えでわかること

    男女だったら、別れのけじめがある。

     

     

    では「性」とは、

     

     

    人間の考えることとなって、主語が男女じゃなく、人間になり、

     

     

     

     

    活かしの利くことをである。「性格」を磨く、高めるとあるが、

     

     

     

    色や柄、そういったオリジナルの自分の名前の前にある、

     

     

     

    達成可能な考えごと、となる。

     

     

     

     

    それを導く教えが倒れ、洗脳のように人の考えの偏りが強く、悩みが増えた。忘れても良い悩みだったから、たしか悩みが溢れるというほどではなかった。こうしなければ、こう思わなければいきていけない、更にその反感、そう感じることが強かった。

     

     

     

    人の考えが偏るが人として問題ない、と言う事の、この全貌だ。

     

    次に一人としてしっかりした頃、

     

    気乗りや個人的な思い付きで助けなくても良いほど、優しいもの、人の心の相貌、そしてそれが「わかる」となる。

     

     

     

    性として、その性の個性として、

     

     

     

     

    重大なことの防ぎが甘いと言われやすいがそれぞれにある

     

     

     

    男気の強い人が、男性的な客観性のある様子を見て、良いな、と男女ともども思う、

     

     

     

    思うことの立場と、そこに佇み立つ立場と似合っている心の姿勢を笑顔が溢れる程素晴らしいと思う。

     

     

     

    人にちゃんと過去があり、それぞれの学びを握りしめているというこの事だ。

     

     

     

     

     

    仏になっころ起こされた。それは大変なことだった。

     

     

    その人の世界には、自分を憎む者がいて、それを生きることを今ならわかった。

     

     

    よって、自然とやさしさの約束はないが、自分がはっきり証明して追い返してあげれるような、

     

     

    非常にいつも、

     

    探し求めていた言葉はないが、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    自分の感情を理解することでもなく、

     

    悲しみを知って欲しいのでもなく、

     

     

     

     

    自分の心を、知られず終わるかもしれない。相手からしたら自分は一界の他人だ、と思う。理解されていない、といった時、何で理解が、国を説明する理解が四角くならないんだろう?

     

    想像して、

     

    その理由を探し求めているのは、色んな核心をつかれるが、

     

     

    必ず取り組もうとする。約束の言葉に立ち戻っている。

     

     

    自分のペースで、

     

     

     

     

    その行が達成されることを祈る。

     

     

     

     

     

     

    「自分」の心の位置がおかしいのは、周りのせいじゃなく、覆われているのは常に説かれているテーマ「蟲ー」が為だ、浮わついた世界観など、全てのこういう風に堕落している原因についてだ。

     

     

     

     

    確かに光となって流れ、現れる説明には何の間違いもないことを、確かに見ている。

     

     

     

     

     

     

    目を開けたら、自分と同じような哲学家が様子だと知ったことで、その人のいつもの顔と世界の安心を得ていたのを思い出した。

     

     

     

    供養欄

    https://hanagara.apage.jp/

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev March 2024年 next
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
RSS
k
k