揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 454,742
  • p

    Works 45

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 454,742
  • p

    Works 45
  • 規格外の精神力と、到達の可能性のない者

    2022/09/24

     素晴らしい言葉には、菩薩が宿る。ムーが自分の言った言葉が分からず、不思議な雰囲気を私は思ったことがある。その共感にムーが張り付いて、ムーは自分の事としている。菩薩が、ムーを運んでいる。ムーたちの肩から菩薩に耳を澄ます。

     

     霊能力が有るなら、魔法もまた道士という。魔法よりも何か悪霊を見る自分として格別高い道士となり、ムーを離さず運び続ける。これは犯罪者の魂だ。普段の言語の理解をしない。たびたび聞こえる記号にしかしがまず、これを取っ手にしている。表裏もない、あるものか。厶ーに出会ったら、目を閉じて辺りを見回す。 「吐きなさい」と言う。大きく見える厶ーが誰かを被る事で装っているからだ。

     

     警察がいるなら、警察官の画像を待ち受け登録し心の中に話して、 「私は私の為に誰かを責められるのが心配です。悪い人をおびき出して、未来を守ってもらいます。厶ーでないなら公正を希望しその人が自分自身の縁ある方へ向かうことを」と、反省します。

     

    若い厶ー使いが、厶ーの奥に見えるが、それは危険だ。ムーは100人かそれより少ないのである。本当の事たが、千原ジュニアがムーらしい。酷いことを影でするムーの、ムーの概念が一般的になったら世界の被害はマシになるはずだ。内容的に可笑しく思うが知的になるのは人で皮肉と言う。ムーは、たしかに命をもった人であるから、小さな時、言語を覚え機嫌の良いときに脂に乗ったという調子もある。その調子からその「人」の周りが努力をした時でも何の反省も一切なく精神的に帰って来ない。戻らない間、グロテスクでつまらないことばかり「考え」ている。それを笑うとしても、まず笑いがそれに耐えることの出来る精神性であり笑う事が出来るという事は人の可能性だ。光や闇でも、人の向上心や成長速度の方が人の悪意より早かったから、いずれ回り込む。ムーは、本人は意識出来ないが上段と下段が有る。逃げるムーと騒ぎに来るムーが何となく同時にいる。日本人の心が黒いのは、ムーがいるからだ。ムーが何故日本に偏るかというとこういう時価がある、集中することの出来た孤立の昔があった。

     

     ムーは始めから厚かましい人だと思う。自分のした事のアリバイだけに生きるから知能を覚えられず供養にあてられる心もすぐに失くす。その上の自己形成なんて汚いと思う。喜びの有った時に、抵抗力のあった自分の地道な毎日が有ったからこそこの文章、事柄が有ったのだという思いを忘れない事だ。平坦さを続けるこれまでにたいして果てる。ここまで思考が出来るのは確かなのだ。

     

     

     

     

     

     

    バイエススーツ

     

    海水が流入し、現在の姿になったと考えられて います。 我々以外にも希望者がいるようで、私は世界有数のダイビングスポット

     

    とは言っても、 通常のスキューバダイビングはせいぜい数10mまでしか到達できません。 ここ は水深およそ120m、 気軽に落下できる深さで はないことは明白でしょう。 そう、 バイエススーツがなければね。 それでは早速もぐってみま しょう。 もし穴の中心から落下を開始した場 合、海底に到達するまで特別珍しいものはないでし ょう。 反対に穴の淵から落下を開始した場合に は、違った一面を見る事が出来ます。 グレート ブルーホールの淵は、なだらかな斜面になって おり、そこには豊かなサンゴ礁が存在します。 サンゴ礁で見られる生物を一部紹介する。 と色 鮮やかなチョウチョウウオやエンゼルフィッシ ュなどの、小型の魚触手を揺らすオークのイソ ギンチャクの間から触覚を振るのは。

     

    他の動物の掃除をす るエビの一種です。

    他にも優雅に泳ぐ海が寝屋 子 ペレスメジロザメなどの浅瀬に暮らす サメの仲間、 豊かなカリブ海を代表す る海の生き物がお出迎えしてくれるでしょう。 ですが、それも水深15mほどで唐突に終わりを 迎えます。なだらかな斜面が崖に代わり、 そこ から先は奈落につながっているかのような。 深い 海が広がっているためです。沿って落下して行くとみられる生物は 崖にへばりついた高僧の一種(一心)を除いて一気に減 少します。この深さまで潜ると生命はなかなか見つけ ることができませんが、 壁にあいた無数の穴に 隠れている小さな理解は存在しています。

     

    水深90m付近にて様子が一気に変わります。 そ れまで26度あたりで安定していた水温が再び急 激に低下し、 22度程度になるというのもありま すが、最大の問題は水温ではありません。 もぐ っていくあなたのすぐ下に茶色の霧のような 層が見えてきます。 これは、グレートブルーホ ールの推進90m付近全体を覆っています。

     

    この層の下に、あるのはこれの 影響で光がほぼ届かず、 水中の酸素も存在しな い世界です。 推進 120mの海底に到達すると巻貝の殻が散らばった別名巻貝墓場と呼ば れる領域を見る

     

    あなたと同じように落 下してしまった巻貝やヤドカリが酸素が存在 しない海底で酸欠してしまい、 そのまま 残っているのです。

     

    奈落につながっているというのは、あながち間違 いではなく、 バイエス性の貝殻で あれば、生き延びられたがそうでも底辺際が解る  海 底付近に酸素が存在しないのは、落下した有機 物 酸素が全て消費しつくされて しまった為であると考えられています。 酸素が存在しない状況で有機物を分解する細菌の多 くは、

     

    老廃物として硫化水素を排出するものが 多く輩出した 水深90m付近に止まっています。 酸素が存在し ないため、この領域では生きて。

     

    それとも少しずつ泥に埋もれながら悠久の時を すごす選択を選びますか

     

     

     

     

     

    大阪は大きくなると綺麗だと思う。客観性が内的に向かうから、一段底が低い。人が皆、職人で固い。死と静かに暮らしているが何も起こらない。大きな虚しさが心を落ち着かせる、切ないような詩。何かを云わなくなってしまったが、心の中は相反して豊かさを描いている。突拍子もなく、病いを愛そうとし、冬枯れを起こしたり、それを反省して身近なファッションを工夫する。外的活動をしないから、目に飛び込んでくる鮮やかな色彩に酔(でい)して全うする。最もなこれら失敗と自傷行為が似ていてその願望で調和を満足する。そうしていくうちに無の佇まいを覚える。他を知らない気格が心を安心させることを知っている。この誰かを追わない自戒やそこで出来るプライド。ここに時間が流れている自戒。近くの友達を妬いている、そう思った時深く息をついて自分の知識を感心する。次にリアル、この良い言葉にたいしては自分の打たれる言葉の意味する几帳面な訳は、辛いとか悲しさではない。抜擢された美しさを保証してくれる歩行のような事物だと説明する。人の手加減、痛みを知り尽くした優秀な時計である事物だ。次に、心理的な真実味このような謎の光を帯びた言葉にたいしては、我が心の反応のその十分をかろうじて肯定する。単純さが恥ずかしいと嘆く、簡単とは、どうしても心の内をつぶやく表現の、息を切らすから。気取れる自分は、理由や孤独とは別だ。あなたの原型の心だってこう繊細である、辛いのである、と確かにこう述べれる可能性がある。異性でも同性でも、博愛とは思う理由を突拍子もなく抜かしている事に心理的な真実味がある。欲(いし)の分、ちゃんと運命もつけられていて逆に性欲の減退などは悪いことだ。私は本当に死んだこともある。たましいの住み家が陽気と陰気を指すかげに有りたまたま生きた。死の硝子越しで、ある人に「お前はどこ?」と聞かれた。言葉が体を貫いて、聞いた私はどっと出ない声や、流れない涙、神が見れなくなったこと、それらが溢れた。自己形成が二つあるとしたら、仏眼を起因するものと偏りの知らない悪意的自己形成。そのあいだなか、生きている。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 最近していること

    2022/06/07

    ペン士、募集

     

    てんま鱗子(揶白) 

    心の奥を、向き合い取り組んでいくしかないのだ。取り組む、という言葉を教えなさい。コメント欄もあるしメールボックス項がある。

     

     

    とどの詰まり、遅滞しているものがあるにしろこれを縦字で書くことが出来るのだから、「間違っている」と理解できない。星空をみたときの、星の輝きの複雑さとか、それに思って美しい。 可能であればやるのみです。わかる人だったら出来るんだったら知ってるんだったら自分でするって、長い話だよ。 携帯…ケータイってのは、簡単に捨ててしまえるから概念が軽くなったの。大事にしましょう。 今日から何だか、自分の夢を本当に叶えてみようと思う。私は、幸せの向こうは平坦な、己の暇を塗りつぶすような耐え難い平和があることを知っている。夢を叶えるまでは、不細工。 「等身大の裏を持て」…良いことはどんどん広げると良い、安心材料である。 目を固く閉じ過ぎて、思うように出来ない。目を固く閉じるべき、そんな責任も本当に存在するのだ。 私は、ちゃらんぽらんな学生期があったから、真面目にしている人ほど何もわからなくなる、学んで来たことを自分に有ったことを分けることは未知であり同時によく知っている。 別であれば、ただ憧れが残る。星を目印(こんな言葉は何度でも使いなさい。)にして、見守って下さるのは人間。 英語が話せない前に、自身の「性」を知らない。共通している、と云うだけで激しい恋愛とは限らない。自分を知らないと、足るを解らないから、協力程度さえ これは未来や子供、そんなスパンでやり抜くことだ。 こんなところに来たけど、どこまで話していいのか判らない。精神の成長が、女の方が、早早いからだ。早さというのが、朝なのか秒なのかは捨てるとこだ。

    そうおなごは、 女になった。それくらい、憧れて居たよ男に。女たち、ともに研いで行こうよ。女たち、か、女たちよ、をどちらにするか迷ったけど、自分の気が一番遠くへ届くだろう。 おなごから女に。〈いまままで通り〉心配がない方が活きる。せっかく、至らなさとか恥ずかしい事を覚えたのを、もっともっと大切にして欲しい。 ・(女から男へ、伝達)〜ですから、これをやってほしい。 〜ですから、つまり「理由」とはまず自分の心をまっすぐ整えること。これは、直線というよりか、、木のような整い。 大切な人の話だったら、最後まで 「昼間から考えていること」 文脈が、フィクションで現実ではない。月が好きか太陽が好きか聞いて、ふぅん、と云うくらいの段取りしかないが、こう対応、対応という言葉を使うが 気取ってわざと人を傷付けるやつ、と、質問してくるやつは、分かる。はっきりと才能がないか、あるか、のこと。 書いてみなければ書き方がすすまないが、何も書かない方が良いこともあったりして、そう言って勧めてみるのをためらう。漢字負け、言葉負けであっても想像するから、私が笑ってる間いたずらをして傷付いてほしくないし、心配してたら、気が流れる気の前に何か一個書いたら。「私は裸婦画のモデルではない。」皆がこういうと、面白く、安心と、滑ったとしても、滑ったらそうで何度でも繰り返し練習しないと漢字(むずかしいこと)の名は上達しない。 人に聞かず出来るひと、つまり「質問」出来るひとが欲しい。 お前の質問 に対して、自己の聞きたい「話」を云ったら、個の目標ではなく変な所が上がって、そいつが勝手な閃きを持ち、 知識を丸パクする、他人の輝きを持ちよるが、遊ばせることも自分が遊ぶことのように大事ですが、本当に大事に遊べる 人の、話をしているのです。 空気で行動する〈善〉から、言葉を固めてそこから出てこない。つまり、想像以上を思えない。 紙(画面)の上ならうんと書ける、紙の上なら何でも叶う。何と素晴らしいのだろう。私が思うのはこの間合いをふんだんに自分のうつくしさを飾ることだ。今日の恥ずかしさ、として紙に表現してみる。自己知がそこにある、自分が何を求めているのか、どんな努力が必要か、火の輪くぐりをやるのかやらないのか。 霊でもはっと、わかる人とわからない人って分かるし、わからない人が全く無縁でもない。 「霊界」 誰かに好かれている。性を嫌だと云ってくる。日本人なのか、外国人なのかも知らん、誰かもわからない。心の中と、心の内で思うことは全く別やから、話したこともないのだ。 そう言えば、 大きな大地、あんなに大きな大地が、真中だとおもったら、「自分」がなんだかすっとする。アフリカ、、。 何をお考えなのか聞く前に、殺してしまう母。母の目をいつでも逸らしてうつくしさ。地下鉄が怖いらしい。お化け屋敷に連れて馴らす。多分、月にたいする近さが全然違う。思ってはいけない疑いとして、今日は強烈である、と。 「黒人は母」 何と云われても、そう思っとくことである あの人もああなんだよ。どうして君は… と云われても、 これまでの自分が善しだったのでこの気持というものがある 気持にたいして今までの自分を負かせてはいけないのだ!

    チンコ…神おりるで

    俺らはエモーションが好き

     

     

     

     

    「拝むこと」 先祖は頭や体に宿っていた。心の中に湧いてくる否定や肯定、「でも、こんなことが好きでこうやと思う。」気さくに話しかけてみる。まったく冷たい他人のような誰?って人や、悪い人もいる。 悪い人が現れたとき、 「この人が、生まれ変わって愛されますように」 我慢してる。本当は嫌だとか、この憤りは自分で消化してる。 人の奥には必ず神がいるが、 こんな感情を抱えてやってみて、ここをスタートにこつこつ日々拝んだとき、(拝むといっても自分をやすらず大切にしながら話す時もある、という感じ、その人に対峙して願うということが大変苦しいし骨を折る。)お不動様にお願いして天に上げたり即戻って来たり、わからなかったがムー(無)というものが見えてくる。人なのにマイナス、という。 気持ちが汚れたら、内に在る方のご先祖様とあなたのペースで神社を散歩。

     

     

     

    ムーは、「存在」するとは云えないが、この世におるのは時価ありゃ絶対らしい。世界で5、6人発見されているが、ムーと善悪不能の悪い人が違っていて、この世に続きがあるような気がする。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 最近していること

    2022/06/07

    ペン士、募集

     

    てんま鱗子(揶白) 

    心の奥を、向き合い取り組んでいくしかないのだ。取り組む、という言葉を教えなさい。コメント欄もあるしメールボックス項がある。

     

     

    とどの詰まり、遅滞しているものがあるにしろこれを縦字で書くことが出来るのだから、「間違っている」と理解できない。星空をみたときの、星の輝きの複雑さとか、それに思って美しい。 可能であればやるのみです。わかる人だったら出来るんだったら知ってるんだったら自分でするって、長い話だよ。 携帯…ケータイってのは、簡単に捨ててしまえるから概念が軽くなったの。大事にしましょう。 今日から何だか、自分の夢を本当に叶えてみようと思う。私は、幸せの向こうは平坦な、己の暇を塗りつぶすような耐え難い平和があることを知っている。夢を叶えるまでは、不細工。 「等身大の裏を持て」…良いことはどんどん広げると良い、安心材料である。 目を固く閉じ過ぎて、思うように出来ない。目を固く閉じるべき、そんな責任も本当に存在するのだ。 私は、ちゃらんぽらんな学生期があったから、真面目にしている人ほど何もわからなくなる、学んで来たことを自分に有ったことを分けることは未知であり同時によく知っている。 別であれば、ただ憧れが残る。星を目印(こんな言葉は何度でも使いなさい。)にして、見守って下さるのは人間。 英語が話せない前に、自身の「性」を知らない。共通している、と云うだけで激しい恋愛とは限らない。自分を知らないと、足るを解らないから、協力程度さえ これは未来や子供、そんなスパンでやり抜くことだ。 こんなところに来たけど、どこまで話していいのか判らない。精神の成長が、女の方が、早早いからだ。早さというのが、朝なのか秒なのかは捨てるとこだ。

    そうおなごは、 女になった。それくらい、憧れて居たよ男に。女たち、ともに研いで行こうよ。女たち、か、女たちよ、をどちらにするか迷ったけど、自分の気が一番遠くへ届くだろう。 おなごから女に。〈いまままで通り〉心配がない方が活きる。せっかく、至らなさとか恥ずかしい事を覚えたのを、もっともっと大切にして欲しい。 ・(女から男へ、伝達)〜ですから、これをやってほしい。 〜ですから、つまり「理由」とはまず自分の心をまっすぐ整えること。これは、直線というよりか、、木のような整い。 大切な人の話だったら、最後まで 「昼間から考えていること」 文脈が、フィクションで現実ではない。月が好きか太陽が好きか聞いて、ふぅん、と云うくらいの段取りしかないが、こう対応、対応という言葉を使うが 気取ってわざと人を傷付けるやつ、と、質問してくるやつは、分かる。はっきりと才能がないか、あるか、のこと。 書いてみなければ書き方がすすまないが、何も書かない方が良いこともあったりして、そう言って勧めてみるのをためらう。漢字負け、言葉負けであっても想像するから、私が笑ってる間いたずらをして傷付いてほしくないし、心配してたら、気が流れる気の前に何か一個書いたら。「私は裸婦画のモデルではない。」皆がこういうと、面白く、安心と、滑ったとしても、滑ったらそうで何度でも繰り返し練習しないと漢字(むずかしいこと)の名は上達しない。 人に聞かず出来るひと、つまり「質問」出来るひとが欲しい。 お前の質問 に対して、自己の聞きたい「話」を云ったら、個の目標ではなく変な所が上がって、そいつが勝手な閃きを持ち、 知識を丸パクする、他人の輝きを持ちよるが、遊ばせることも自分が遊ぶことのように大事ですが、本当に大事に遊べる 人の、話をしているのです。 空気で行動する〈善〉から、言葉を固めてそこから出てこない。つまり、想像以上を思えない。 紙(画面)の上ならうんと書ける

     

     

     

    ムーは、「存在」するとは云えないが、この世におるのは時価ありゃ絶対らしい。世界で5、6人発見されているが、ムーと善悪不能の悪い人が違っていて、この世に続きがあるような気がする。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 消えてほしい

    2022/06/07

     詩人の言及は、言葉自体をうつくしく愛し、詩人を愛さず、自分が精神的で有るとことごとく理解する者だけの馬鹿と掏(す)るしか思えず、綺麗さなど今まで考えたことも無い。  歴史など、うつくしい雲、大切な絵、それらを俺手の中で愛して彜(い)ます。愛して彜、歌ウ「俺」と云う女をとして使う文学や、その高度と拙逹の、学問を飾る枠組みとしての枯れのそれを。  「月」、詩的な母は  きえる、という美しいことばにして俺は何どと空を知ります。 君、 って奴は俺に、何かされると“思ひ”笑うたな、暴力をふるたな。変わりたくない俺への、胸の安心と。 父母のことから、君の逃亡するうつくしい此の月へと。 俺は、つまり闇ですから君にやわらか お前だけが生きると知って彜(い)る。 俺はそんなになやんで 月面(かお)からほどうを、どれも(もう人と云わん)うつくしさが揺(ふ)れるよ 此れのむすうもたった点が、な  うつくしさ どれも点は、俺が触るとしても愛されることも、愛されなかったことも、お前がヘアスタイルに代えてかさかさに老化させた。親が、「まっすぐさ」等を、教えることがあるものか、宗教家ぺしぺしぺし。「ボラ」は、道から道を横倒れ神に為るに決定し、優しさと云う存在を知らないのに、存在を信じるから、鏡で目を大きく為(す)るのだ。 どれも、おかあさん を背中に構え 知る、と云う言葉を昨日、 お前が知るのはないと思います、知ると云う字さえ、日本語だからだ。その時、俺は笑えた。更に此れ冗談か、此れじゃないかさえ、 チャイナドレス、詩的な人。故にお前は一次元を見下げる可否を思う。お前のことから人を神だと云ってみた。君(どれ)と同じ、俺は思う。詩的な人、俺はしらないもの 太陽 俺だけが知ってるんだ 俺はきえる。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 会話の方法2()

    2022/01/26

     
    上品な、 にかまけすきない。 一途に、それは会話というものを愛すからだ。


    愛しかたの定めによっては、単にLOVEとバウンドを押し込んだりするのだ。

    私は自分を失くす日が有ることを、惜しまない。


    昔、韓国人の知り合った方が、「聖書は物ではないからすてれる。」ような言葉を、ここに表現出来ないが綺麗な言葉であった、仏教典に触れず、経文を語った。


    経文が、ざっと人の命が一回きりだ、という意味で有り難く、悉く重量をもった。経文は重いが、紙質は定価だ。

    きんいろに輝く危うい限りの仏像を見せていただけた。しかし、綺麗だ。



    経典は、ただ単に引き出しや置場所に直す大切な物。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k