揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,065,211
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,065,211
  • p

    Works 46
  • 心の冷たさはやさしさでは変わらない

    一回、一回、左右確認後の大声はどこでもお勧め感がある。

     

     

     

     

    自分に風を吹かすのも、人の存在が自分を変える。

     

     

     

     

     

    人が、自分のために役立つのではなく、

     

     

     

     

     

    自分一人が、人のために生きている

     

     

     

     

     

     

    反省をすることのピースが、

     

     

     

     

     

    理想から、足りないのではなく、

     

     

     

     

     

    自分一人、というものが足りない

     

     

     

    を、教えてくれる

     

     

     

     

    言葉がするする出てくる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    心の冷たさは、その土が水かもしれない雨かもしれない。少なくとも心を主語にしている。それに苦闘したこともある。

     

    冷たい水は人を柔らかくして、バランスを思い出させる。

     

    しかし主題は、心でも何でもないものの蟲ーだ。

     

     

     

    私は、私の心に侍。それは、鳥かも知れない。更に水分の多い黒い岩場の鳥ならば、肉体としても主題が違い、話すことはここに昇る人間にない。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 音楽から成り立つ

    縦社会、自分で決めるところ

     

     

    横社会、仲が良い

     

    自分が消えるイメージが多かったっ思う

     

     

    「音楽」が本当に主題なら、蟲ーバージョンのたった一つの曲が奏でられる

     

     

     

     

    蟲ーの高さが、これまで運命とされていた。

     

     

     

     

     

     

    神がいるとは知っていたが、神がおでかけするような、面白さや可笑しさが、

     

     

    それは捉えれなかったと思う

     

     

     

    不在、としていた

     

     

     

     

     

     

     

     

    一番クリアに思えた国境いのない、想像をするために、自分をよく知る土から、

     

     

     

    よく聞いて、

     

     

     

    自分一人が、「国」という言葉そのものの理解をする為に、

     

     

    国から考えても、最初に考えていたことを想像できる足を生やそうとしている。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こう見ても、「簡単に話せる、成り立つテレパシー機能、地球にある」

     

     

    を使用するには、精神的距離がだいぶかかると判る。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ほんとうに自分の手間だったら、実際の機器で通信をする。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 夢を叶えるには

    夢で前に進んでいくなんてへんだ!

     

     

    気付いてくれ、

     

     

     

     

    良いものが見つかった

     

     

     

    「関西一円」という言葉、これは文学に偏るが、

     

     

     

     

    変わる私、せいかくが変わる、

     

     

     

    こういった恒常的、○尋常な空気を受け入れる

     

     

     

    理解が上滑らない、理解の一定を守ることに、

     

     

     

    一円は、自信と言う。

     

     

     

    誰かと、人とわかり合えたこと、わかり合うことを叶えた自分というのが、それまでの自分の理解や努力にあることを、

     

     

     

    伝える。

     

     

     

     

     

     

    急ピッチ🔧💦

     

     

     

    成長や愛や善に、あくよりも傾きがあるんだ。それは仕方ないんだ。善悪を語る心にも。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev March 2024年 next
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
RSS
k
k