揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 491,053
  • p

    Works 45

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 491,053
  • p

    Works 45
  • 読書感想文

     

    見た夢を、愛しながら紡ぐのだ。

     

     

    青森様が、どどすこ構えて寸劇を開く。

    一度、長崎で関係を持ったことを頼りに離さず、まるで林檎をもぎ取るような必死感から、私には届かないと思う赤い笑顔をしていた。関係ないこともないが読んだ時が被って自分の想像で重なってる三島由紀夫が「下手でもいいからちゃんと書く」と言っていた。この林檎のことをを何も知らないのに涙が出てきた。魔方陣を描いて祈りをする。お国柄か美しかった。ケースで送ってくれたムーは、皆丸々太宰治でびっくりした。まだびっくりしている。何かで喧嘩して亀裂を思うと、神様の鼻に狐がのってる。鼻まで見えるからそりゃ吉なのだろうと知らされる。

     

     

     

     

     

     

    言うたって、で構える大阪。

     

    言い方を氏神に聞く、と私が言う。ちょっと待ってて。と。

     

    たとえば、イザナキ、イザナミの神話から、この「聞いてきます」の言がややずれている。だから、人らしくて⚪となる。

     

    自由がていしき故助けられない。

     

    青森様、様々にしろ、思ってこれ(私)は、「さすがだ」と思う、それだけの人、奴、心が生きていないわけでもなく、それだと定めると、何かとアプローチや聞き方が分かる。噂まで、となっている。

     

     

     

     

     

     

    この頃、サターンが出てきたが、背後にいたのはやはり武士、侍。「誰に似たのかな。」愛しいらしい。

     

    エロスとは。小言発言で有名なロードマスターである。

     

    あの人だ。あの人。唇噛み締めながら考える。連いて行けないあの人。しける気持ちと、熱くなる気持ちの両方を抱えながら心を揺らしている。こんな僧境の先に

     

     

     

    思いはする、が、言葉を詰まらせるようなそんな新鮮な気持ちになってそのままおずおずと通信会話をする。何かが意図的に運んでいるような気もするが、仕方ないだろうとか、ありがたいとか、色々思う。

    話しの中で、こんな事があった。

     

    衣食住である。これは生きるもの、事の基本。自分に起こっているこの大きな事にたいして武士とか昔からは「大事」という言葉になる。衣というのは思えば思うほど難題で、苦しいのだ。その点で、それがない、あるいは出来てない、あるいは好きだ、という点で「巨根」を気にしている。これが正直だ。進歩とか、進化とか

     

    自分は意識ある方なので、意識を逸らせることが出来る。

     

    意識が本当に別の方にある。こう生きたい、どうしてもこう生きたい。そう感じれる地方もある。退廃思想、それはパッションであり考える以上の心の表現。だからお洒落で、だから心の傷や穴を埋めている。

     

     

    非コミュニケーション、非コミュニティ、仲間を作る、友達を作る、流れるように出来てしまったもの。親友が他にいたりして、多少なり利得関係を含んだこの友達。「私は友達だから。」この怪しい言葉が、澄んだら、色を足したように啓蒙している。

     

     

     

     

     

    サターンだと思った、この一日中、誰がムーなの?

     

     

    このところが、まだ信じれなくてぼんやりしている。Satan、サターン、お伽噺の中にあるからそれは離ぜつしていて、他になくて本当に可愛い文明なのだ。だから、大事なら、混同されない全く別物の、、と思えるなら、お噺か本か、と言うきっぱりした区分けが心の視線の中にある。本人のうちに二種があると面と向かって言われそう虐げられるような、それこそサターンの存在する、何か平和の秘密が知恵を絞って、それでも汗のない奥深い気品がする。昔いた人の到達を感じる。何者でもない自分。

     

     

     

    読書とは耐久で、こうページを捲って、いって、一枚一枚読んで、あの人、あの方の読書啓発を同時に、平行世界のようにしている。うつろな願いを叶えながら息を飲みながら笑うという様なはじめて思える感情にうろたえながら、こうやって人と人が繋がったり修復するんじゃないか、と抱いている。

     

     

    トランプとか、今思えば高尚なゲームの

    ハートの1の人って、さっきのムーらしい。と、微妙に抱えられない気持ちを抱えて、干渉などは、こんなは上空の言葉であるから有りもせず、ハートの1って他の色んなカードをいつも見たり触ったりしている分では、後ろの方にあるから可愛いのよね、と、でも前にめっちゃ出てるって言うようなことは、時代のせいか、司る本人のせいかは、私らでは分からない。何か題名がある、と思えるのは大分、未来の話、脈絡であったり、今のハート1ってデビットカード、デッドガードだったりして、そしてそこに生まれるこのカードの奥行き感を以てして引き締まっている、一番上に置かれ、この手で閉じる。箱に納められているでしょうか。

     

     

    纏められたり、助かるんなら、何がどっちでも良いゆえ。

     

     

     

     

    バカに出来る自分、こうでも行ける、とか

     

     

    こういった自分が好き、という言葉は必ず何か大人になる先にあり、まだ自分が嫌だと言うのなら原因を自分史に持ち、それでも自分が好きだと言い張るのなら、他言無用の前に、自分のこと、のようにして腹を立てどんどんストレスが溜まるだけだろう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    哲学満載のサタン編であった。全部纏めてみたら、どうなるだろうか。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • アッテルニ送ル言

    マラと言う神社がある。男性器を表している。

     

    金はないけどおっちゃんとこは何でもあるぞ。と、伯父は言っていた。

     

     

    胸をあらわすビーナス像など、アッテルにしても良く育って来たのだろう。巨根の皆さまを歓迎する。苦渋という名だ。

     

     

     

    一緒に迎え入れた友達は、「へへっ」と

    言い何が小さくてもとてもこう、可愛らしいなぁ、と思う。日本性というのがわかり、却って活かされている。

     

     

    いくら何を綺麗と思ったとしても、目ばかりが大きくなるのはかっこうが悪いと思う。

     

     

    人っていうのは一人だし、事情がどう転じても、空気ともども自分を大切にしたい。

     

     

     

    スサノオがある日、精一杯に生きるなら良いと言っていたけど、

    「自分で精一杯」こう思ってもいいのだ。本当にこう思って良いのだ。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 私から見た彼の纏め

    総体的に驚きの話である。

    女を必死に追いかけ回して、マウンテンバイクのようにジャンプしている人もいる。

     

    私が唐揚げ屋に飯を食べに行った次の瞬間は、ごたごたな気が整えられていた。

    アッテル、彼は実は普通に大人であるので、経を読んだら業を綴じ普通に過ごすらしい。

     

    彼は、私のファンだったのだ。

     

    私はいつでもいてくれる友達と遊んでいる途中、ぼーっとアッテルとか色んな夢のことを考えている。気に何か奇怪なものがある。何なんこれ、おちょくっとんか。

     

    そして見つかった彼とは、彼方方面でも悪い人だった、という話。

     

     

    これ程べたべたで、話のわかる人なら、即会いたいと思うし、こういった自分の情緒にたいしては哀しみを覚え

     

    裏切られたような何とも薄い気分が、いつまでも続くことを私は知っている。

     

     

    彼がどういう人生を送るかは知れないが、何かときめく存在によって穴が埋まるとしても、アンタ次第、私次第の

    所が必ず有る。功徳のアルバイト人生なら、まぁ、続けるものがあるが、「それ」どうにかしなきゃ、知らんぞ。アンタの今の原点が、わし。わしより、わしの方(全体)でアンタが、前に出るな。この力加減わかってくれたら嬉しいな。これを永久にこうするなら、続ける事が初めて出来るし、いてやろう。となる。関係性的上下はともかく、精神性のある、そんなものと暮らしたい。いる    っていうのは、Likeじゃないのか。

     

     

     

     

     

    様々な話を聞いたが、毛先をころころ変えず、筆軸をしっかり持って、「前」が見えてた頃の人間を忘れないで欲しい。

     

    髪形がそんなに気になるなら、ちゃんと整えを追究して欲しい。

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • わかっている自分

    万人は、わからないとこには目を背けて良い。

     

    前記の彼は、無駄ってこと。

     

    そうまっすぐ考えた時、

     

    例えば気の話では、彼のなにかが「私の元気」であっても、もう意識はしないのだ。

     

    生きることに真摯に歩み、真面目に見つめていたい。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 名前のない罪

     

    くたばれ、とさっき言うたが、それは続いている。

     

    サターンを名乗ったアッテル、彼の優しい時という時間帯は、わい自身の徳であった。残念感はある。

     

     

    はっと裏から臨むと、この彼とは自分の悪意を見せびらかすことの気持ちにあっさり堪えず、見せびらかして助かる為に今はムーばっかり狙っている。真意でムーにまみれている私にたいして、ムーを見てました、彼女を愛しています。がオチらしい。

    意地悪をして死ぬ人らしい。

    まっとうして生きる分、問題ない。

     

    そういうやつが落ちても、虚しかならない。

     

    「あってない」、アッテルではないのだ。

     

    「照らされて生きるのはアンタもっす。」最近覚えた歌を歌って見送る。

     

     

     

    振り返ると、一生懸命運んでいるのはわいら。信心が運んでいるのは罪人なのだろう。

     

    キリスト様、携わらせて頂き有難うございます。

     

    私は祈って、こういう事を、望みはしないわいら私らにとっても、事がどういうことなのかわかった。つまり、彼のことや、彼のしてしまった大きな事。キリスト教、仏教、教えに満たない。

     

    「どこかではなく、実在する。」とも、この人は最後に聞いたのだ。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k