揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 371,933
  • p

    Works 45
  • 無理だと思ったら、一段下がること。この修行。

    勢い と言う言葉も、

     

    良い時とわるい時があります。

     

     

     

    正常な夢を見てほしいです。私。

     

    正常な夢を、いつもどおりの澄んだ、理解不能な、

     

    そんなものを、いつまでも見ていたいです。

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 強敵、私

     

    滝の中でも言葉を言えた。

     

    感動的だった。

     

    それをこう、言わせて頂いた、こんな優しさがあるのは、

     

     

    それは思うごたごたあって、黙る時もあったが私が今こういう性だからです。

    と言い、来れたことを、伝えたい。

     

     

     

     

     

     

     

    最近考えていること

     

    栄誉は、単に「星だ!」「与える」といったきらきらしたもの、そういうものに限られる。

     

    名声とは、そこの時点で価値を抱えている者としての自尊は、もはや名声というよりかは、この言葉の関心さえ持たないのだろう。栄誉も、気安さと気さくさのような異なりとして、それ以上ない、知ることのない希望、強烈な輝きを手の平の中にもつ。

     

     

    名声などへの関心へゆとりのある器や、考えは、まだ未来じゃよ。

     

     

     

     

     

     

    自分が言葉にたいして感じてきた暗さ

    対象がまずある「こうである」

     

     

    ばかにはしていないが、それが自分にとって何なのか、自分をどう動かせるかなどの、名詞についての知識がない。まるで夢と戯れる男の成長のように、

    木株で休むように

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • まわりのムニュムニュの世界は行動の場ではない

    まわりのムニュムニュの世界は、行動の場ではない

    2022-05-28 10:24

    編集 | 削除

     

    まつりで、

     

     

    今上さまや、人が、常に見てるからかなり大丈夫。感情や心も、あるところでもっていたらいいような

     

     

     

    ちなみに5つめのムーは、キムタクのお面を被っていた。私はこんなにしっかりしてるのに簡単に間違えて恋をしていた。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 旧ぶろぐ更新

     

     

    私は私の神のガイド、

     

    自分の神にたいしても偉そうにし、(罪悪感だらけの詩的じゃない時代が少し在るけれど、それに紛れ込むあいつら)ほうげきを受けることでも養います。

     

     

    感動し過ぎない心は、誰でも簡単に思えるから、警戒もあるし、凄いとおもわない理由、

    イナカは気づかせる、理解させる、という役割よりか、覚えていたい

     

     

     

    このはなひめ、一生整えています、(いむす)、

     

    何かたりないですか、言葉が美しさのあまり汚れますか、私の感嘆の上に乗っかったのはダレですか?

     

    菩薩さま、釈迦を目指す私の教えに感動した際、勝手に泣いて

    泣くのは、覚えにもなります。

     

     

    明日を治めてくださいね。

    私のことはともかく、心

     

     

    神はいつでも私の悪いところを直そうとしてくだされています。それを遅滞されました。

     

     

     

    歳重ねる才能が、あるのだから

     

    自分を気安く思うのはやめよう

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k