揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 928,729
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 928,729
  • p

    Works 46
  • 明るい力

    一人、いちにん、孤独、

     

     

     

    ひとりしかいない、何かひとり、とは変わる

     

     

    この抵抗に応じて行く、自分を耐えていく忍ぶ辛さなど、

     

     

    どんな波であろうが生きるまで。

     

     

     

     

     

     

    対することよりも上にいます。この目、とかこの心、そういった重さに担い感謝の中で

     

     

    感謝→言えない辛さ、楽しむ心、耐える自己、縁覚、声聞をひたすら達成していく事そのもの。その夢や憧れ。これが動かない場合、こう発見した時とは、何を受け入れても得だ、となる。

    抵抗の決まりが作られるからだ。

     

    なにかされた、被害者意識からは離脱している。

     

     

    感情とただいます。感情と在ります

     

     

    予測する相手に主体がないから客観的な行動にならず、

     

    自分のように壁がない。

     

     

     

    30分前の自分や、寝て起きて、思っているよりわずか、それ以下の長さの関わりを知る。

     

    時間の長さ。そこに物としての空間がわかる。時間を過ごしている自分が存在すればするほど、時間が上に来る。時間や心という繊細なものに絡む、相手の感情…、針のないニンゲンのもほうは感情とは言えない。繰り上げれない。

     

     

    対するものを空間という物化して状態に勝る。

     

    勝る、といういにしえと接続して

     

     

     

    二次元、三次元、という熟語があり、空間に触れる。

     

     

    こう元気です。

     

     

    対して、主体が面する、主体や自分とは離したそとがわの、

     

     

    自己が→面する→空間。こういった可能性になる。

     

    思う、主う、おもう、

     

    主体とそとがわは、実在している。この為、

     

    動いたまま影も光もとっ掴まえた自己が、

     

     

     

    これが事実だと言えることを知って感動した頃が懐かしい。更に自分から始める!という

     

     

     

    知識と、学の一致。これを確認しまくる瞑想だった。一致するこの線が楽しい。

     

     

     

    身体は大体何千色を重ねている。それを人体の一色にみてもムダ。

     

     

    卵ならば少し叩いても破裂しない。美味しさとなりそれは硬質を高め成長したから。

     

     

    供養欄

    https://hanagara.apage.jp/

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev May 2024年 next
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
RSS
k
k