揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 854,603
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 854,603
  • p

    Works 46
  • 受け入れなど

    もし「歯ね」といわれたとき、

    おいおい、飾ってる場合ではないっすよ。

    とか、逃げて、答えて行くしかないんです。

    祀りって、誠心誠意よりももっと難しい言葉なような気がします。難しいって、どこかを動かせれば簡単に開いたりもする知恵の輪のようなもので、

    想像するんですが、死ねるって気持ちが結構あって

    決して高ぶってはいけなくて、

    私も魂を入れ直して頑張っているので、

    是非よろしくお願いします。

    このご時世、真剣に答えますし

    真剣に叱ったり

    ノリとふざけるの境目って曖昧だけどあるじゃないですか、笑いは文化であるがではこういった感情の姿勢と悪ふざけとの違いは?ってのは、平和かどうかで…とかの経験論って小さいけど「何か」大事だと思うんです。

    誰かを笑って傷つける以前、笑いの本質はまた…あれこれ考えるのですが要は人が笑うのだから悪しくないっていう現実的なことがひとつあります。

    何となくわかってたら良いし

     

     

    「傷つく」ってレベルが、刺されて悲しいのか、苛ついたのか、ストレスくらいはどうにか出来なければヤバイし、人間の棘であるなら抱きしめていかなくてはいけなかったり、私も棘だらけで困っていたりするんですね。

     

     

     

    文化が歴史と同じようにヒトモンチャクあり、

    何で文化が大事かって聞かれたら、私は答えれません。

    まだまだ発展中でした。

     

    行く小舟の行き先も

    見えない

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • ★アドレス帳★

    〈伝達する術として〉みんなの開設サイトの

    アドレス帳です。

    ・ホームページのアドレスをコメントに書いて下さい

    苦手な人との付き合い方や好きな人と出会うことを人を参考にしながら学びます

    旧式では読んだ記事のノリやツッコミを自分の日記にそのままこつこつ書きます。書き続けます。やっぱり詩ではなくだらだら喋ってるうちにアイデアというのは閃く筈です。ゴー!!

    ルールはそのうち決まります!

    https://ameblo.jp/iroha55-2021/

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 私は「孤独」だ

    「君」の前に立ち塞がるような鬼であるが

    、母の姿である。これが私たちの欲しがったリアルだとしたら…

    片っ端から、やっつけるか

    もう「君」を今すぐ救い出すべきです!

     

    ノートとペンを積み、

     

    私はインナーチャイルドの癒やし

    自己リーディング日記など

    努力している。

     

     

     

    ああ、こんな時大澤氏がいたら、

    おおらかにみんなを描かせることができるのに

     

    今イメージしてるのは、

    オレンジツリーのタイムカプセルや、

    ヘンゼルとグレーテルのパンの道標

    (ネット上に残す)

     

    なんかさぁ、道で矢印の落書きがあって、そっちに進むとまた矢印があって、進むとまた案内があって…

    そんなんじゃないけどそんなようなニュアンスのものを

    「創作」できないか

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • みんなで君の名は

    原始的に言葉を使って、いいます。

    賢くなった後の人たちはどうしているんだろう?

    光を知らない方が幸せだったとして、

    周りと隔離されているなら、孤独であるが、

    何だか愛せそうである。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 今、といういっしゅん

    誰も悪くない、というのがにくいですね。
    これらを
    ずっと話しかけていれるかわかりません。
    どうか、趣味実用文学として読んで下さい。


    「そこ」と云う場所に、位置にいるために、
    苦しいときこそ人の事を考えると云う言葉が有るが、何か情緒性の行動だと考えて居たが、それが本当は、まったく機械的な動作を意味していると知ったのは、昨日。
    しんどい、中途半端な自分の中で、神仏に手を合わせる。
    今、私が言えることはとても少ないだろうと思います。


    「想像する」そういう生き方もあれる。知りたいのとは違う潔さ。
    私は宇宙(趣味や文学のこと)の事を考えてるときが一番幸せで、


    私はずっとある菩薩像に憧れていて、憧れていたけど、
    ラクになるには、
    自分がああなりたいんじゃなくて、直すとこはもっと他にあり、対している事を知らなければ、
    尚かつ認めなけれれば。
    「階段を一歩下がる」は、この事だ。そこで、点と線を結んでやっと自分に
    そして想像する潔さは、人を「だろうな。」「こうだと思っていたよ。」と待ち構えている姿勢は、高いものがあって、
    思考以上のものがある。

     

    次から次へと目に入ってくる
    待ってほしいのに
    と昔苦しんだ日のことを今思い出した。
    10年先の話を今話し続けられて、付いた傷のことなどあるし、再びはないし、辛い。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 哲学がない

    「何も理由がないぞ
    心を
    研磨するのだから
    星が底に有るのだぞ」

    詩に
    心を打たれるのが
    だらしないのか

    ピストルはSEXYで有り
    持ってみたいなと思う

    君の寂しさを思い

    ダストボックスに為ない
    意味が
    猫の横の(扉)を叩く

    先鋭したあとが本当に大事なのだが
    私には哲学がない


    傷や言葉、
    この乳ではないのではないか
    私が飲むのは
    と疑う

    傷付く事に
    人間界も
    詩も
    同じだと
    関係かない

    「運指」

    低価のしくみ

    色々あり

    サイゼリアは
    「コストゾーン(台所)」を
    倹約する事に中たり

    頭を使えば
    金の計算は楽しい
    金と云っても
    黄金だ
    それも
    見えない金だ

    心を光輝させ
    価値を
    置く
     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 不良

    正誤よりもあるがままで考へる時、経験や定めが養われていなければならない。物事を決める、決定するとたつた自分の定めを養ふには、先を、端と端を見据える。

    言葉は、魂と隣接して居るので大切なのですが繊細なことばを万葉集や歌舞伎、能から学びますが、昨今の小説を読みますと非常に荒っぽいのです、この良し悪しは有れ人工的に過ごしている私たちですし、自然体で在りまし、しかしきどらなくなつて老いてしまつた。「不良」「いやらしさ」「夜」が煙たがられ高齢化した。

    不良に為るには美学が必要なので有りますし、ついに此れが理解されなくなつて、

    心の概念が凡人に追いつけなかった。「こころ」と口に出して云へば、ぼんやりいい気持に為つて、またその全てが肉で有り、「目」で有り、感激して凶暴化したり、軽薄にほじられ、枯れてしまふ。

    思ふにかへつて、人のいやらしさ、夜、不良が、みにくい心が対耐性として受け止めるべきもので有る事を知る。

    いじめでなんで有つげも、簡単に死なないで欲しい。人に対して揉まれる事に、人間に対しての理解力を何故か強めるのですから、豪雨に感激するのも良いでしょう。その人は。思索と健康を大切にして下さい。

    私は、花や歌を受け入れて、何故なら花の咲くに必ず厳しゐ冬が存在す。人々に立派な詩人に為つて欲しい。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 大澤氏が云ったオリジナル

    オリジナルについては大澤氏も色々云ってます。

    オリジナルとは何かは書かないけどひたすらオリジナル作品について語っていてよく説明出来ていたと思います。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 私のテーマ

    外側も大事で、
    詩はまた重力を持つが、
    詩のように、
    何かもっと低価格なもの、
    俗では無い、 理性的な!

    ・文化の吸収、呼吸
    ・古典をよむ

    何にも迷わないような、道
    づくり

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 作品「繭と夜」

     

    「繭と夜」

     

    蛾の絵です。蛾って見た目は激しいけど、

    抽象化したら物凄い美しいものを持ってる奴らなのですな。

    始めてそれを見たとき涙が出ました。

     

     

     

     

    最近は太極拳のDVDを買い、練習しているのです。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev February 2021年 next
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
RSS
k
k