揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,087,830
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,087,830
  • p

    Works 46
  • 人と話す目

    有格無格、いずれも格と説き、

     

     

    苔のむすまで、国歌のこの言葉は、えらい年齢のある…と、いうことをも言う。

     

     

     

     

     

     

     

    見るとこれらを、何かとても大切と思う。

     

    良く触ってみた身の結果では遊びの上等と言う。飛んだり跳ねたり走ったりする。

     

     

     

    こちらは苔であるが、その楽しみが有格になった山。

     

     

    では、このようにないという価値観こそ大事にすべきである。その線引きのエッジが上手く行ってないと迷惑が互いのものとなり、どん底であった、どん底を経験した。そのようにないにかかるのが形が、でもないし、輪郭は一緒といったら大きく違う。

     

     

    これとこれは同じだよ、といって仲良さげに混同せず、違うと距離の説明がついて、二つが光り輝く。

     

    それでも、

     

    いつでも「私の意見」という一人意思が必ずあって、それを「あ」にしてるかな?

     

    意見と思いきや、懐いて喋って楽しむと調子を整えている人や、意見だけが物凄く長い人、

     

     

    人間の心とは、どうやって目を合わせることが出来るだろう?

     

    動物とは、人間という動物のわたし、としたとき相手の古きが見抜けることをするときに、目が合うよ。

     

    人間は、笑うも怒るも表と家も、どれも私、という心だ。

     

    心は理想なんだよ。

     

     

     

     

     

    神様は、人と泳ぎ、転倒しつつお笑いになる。沢山話した。人が話さなければいけないことのうちに光が見える。これは良い。大昔に死んだ人、と聞いた時に考える。人の神様を予測は出来ても現代生きている人から、想像することが物理的に出来ない。この一点と、また飛鳥や歴史の指標から神を考えるとき、この知の不思議や悲しみを感じ取ること、これらと、浄化される存在として、あとは「言葉」が残る。これは、人のことかもしれないし。

     

     

     

     

     

    家は、壁がより壁であるぶん、近づくことが出来る。壁がより壁であるぶん、気持ちが光として通り抜ける。それを渡すのは人に宿れる神、

     

    人を良くしているのに話しかけられない、そういうふうに笑いくださること。

    とても体がいたい。天照様、どこがお戚みですか?…光ですね、やみ(夜)がナイからです。翡翠のお椀から声の話のできる、何と日の裏側につうじてる、道頓堀川のよる。

     

    これはその日本の石。

     

     

     

     

    光土産に

     

     

     

    神様への悟りは早い遅いがあり、早かったら早く何かをいわなければいけない。後がつっかえている言葉の多い林のようなこの中で、こうして聞き受けることが出来る。また霊の中に神様がいても、その人とは、やっぱり人間。伸び伸びあるがまま考える、と追いつく。

     

     

     

     

     

     

    石ついでに、

    家の真ん中にもあるこれは、騒ぐモロ、人魂のうるささを嫌う色だ、静かにしときたい人。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • パチモン

     

    パチモンとして友達だったあのヒト、その供養をすることは古い。砕かれた本心と物事の極薄さと色彩の軽さ相まって物を持つのは可愛い。私は一緒にお笑いのビデオを見たり、クラブに連れて行ってもらったり、引っ越しに付き合ったり、一緒にバイトしたので心がかなしい。

    何たってその工夫の心が凄い!

     

    「そんなもん。」おじいさんが打ち明けると、そんなにそんなに悪くない。そう思える。

     

     

     

     

     

     

    流れがこのへんは感情が吹きすさみ流れが早すぎた。信頼自分が過ごした時間。しかし、色んな理屈が見つかって開いた心を埋めている。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 川端康成

     

    雪国や、みずうみ、を読んで強く憧れたことがある。

    大阪人と知って、こざっぱり諦らめることの良い主観があることを思い出した。失敗は成功のもと、と言う人だと思う。

     

    本を読みながら私は康成に質問した。近代純文学に関心を寄せる者です。現代文学の、文章が文章化となる固さが、自己自身の事かわかりませんが、私は本を読んで、詩と文章の噛み合いが上手く行っていると感想しました。自分の視界からは新しく感じました。詩的な円滑という考えは昔からあったのでしょうか? 

     

    康成は、もっと頑張ってと言った。

    本を読んで見つけることを私この人が求めている。この為でした。

     

    華道が男も女も昔はあって、自分が土方の兄ちゃんみたいな、剥いても虚しくない、霊でも玉ねぎのようではないしっかりした軸があり、時代を感じても、階層が存在しても、くじけて、そういることに耐えることで、顔を良くする。良さがある。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • このスローモーション化という圧縮

    輝きとも異なる、光は単純に心の成長として難解さが確かにあり、

     

    黙ることのスタイルが、スタイル性に留まる。我が国を言う時じゃないから、個人的に改められる。

     

    思い出したが光をエネルギーに変えるならわかるが、手間がその中にあるからだ。光からエネルギーを引き取り出すは、光として思う見るの抵抗、物質化を叶えられないのに物に取る。として、歪みが歪みのまま消える格好になる。光が善性である。善悪を考えたもとの考えの区切りがついた。

     

    精神は、精神に対応する。龍には、ハラという考えがある。はらにはら、はらを出すのを、払い、支払い、以って祓いと言う。客観、主観かと思ってた身なりや姿勢から、主体が表れる。そこのそうする壁が、自我。それを考える壁になってくれる。あっとかぎゃっとか、ぼー、とか、無言とか、もっと面白いのとか、小さかったら入れれる。恥ずかしいじゃなく、身なりに戻る。気が数ええる前に人のもので、かぞえた瞬間、人間がいないのは知らないが、闇の秘密だと思う。見えないから見える、異なって忘失から起こるなんて有り得ないからである。

    表で着ぐるみを着るという方法を取っている。主体の真相に感慨深く迫る。私の作り物の習作に、紙がありこれにあらわす、文で現すのだと思う形と、人と話したいはこうはっきり違うから分ける。この切り分けがある。元々、エクリチュールという言語が存在していた。私は身体性を求め動きを内外高める、本来の目的派。

     

    妄想ということば自体が、盗難とか蟲ーから出来ている。客観的に弱い、その上段にある想像には、嶌わらず最期のような点になって滑り落ちるのがこの妄想。

     

     

     

     

     

    いったん集めることのある方は、リズミカルな地球の惑星の自転から従って、空を確認して、戻る。

     

    「光を知覚する」

     

    想像や、流れているものそのものの理解。目が外を向く、客観視する、が甘い。

     

    誰かがいる→とこに? となる。

     

    誰かがいて、

     

     

    何かしているが、何かされている。

    これが混ざって光の信頼がない。→分けたときに、誰かがと述べれる。もっと下ると、誰かがいる、となり、次に、誰? となる。

     

    自己の興味、関心を実感し、戻る。

     

    意識あたいがちがっても話せたが、その人の意とか意識とか太陽とは、ほぼ計算上より早い。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 仏的な輪

     

     

    ・良い想像に落ちることのない何か物凄い楽しみや期待と理想

     

    ・膨大な無駄な時間となる予想が出来る

     

     

    ・いつも見るそんじょそこらの執着、その辺の執着

     

     

    ・おっさんの夢

     

     

    ・生命を頑張っているところに現れる仏のことから、出現の可能性が低いとわかる。

     

    ・出現しない

     

    ・会得した力のおつりで励みを伸ばしている

     

    ・〜「おつりがもっと出来る!」が値をみたしていない。そのものの価値に等しくない

     

    ・こう書いてみてはじめて凄い良い物を、見ている感覚がする、している

     

    ・自分かまだ目撃出来ない良い長所がこの像にあること

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コピー、転写可です。

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 昇龍し続けられる!

    「茶道」

     

    人は、文化をついてこさせる背中が必要だったけど、高いからしにくい。大人が潤えば、子供をみて影っていたけど、、

     

    ・工夫次第で自分が出来ること。万人が同じスタートで恵まれている。

     

     

     

    「ことばを絵としてじっと見つめる様なお抹茶。

     

    情報が多いやんか。何も無いところを作り、水面が花瓶であるような季節の花をただ束ねて、下手上手もなくそれを飾り、床みたいな所に置いてそれをお茶を手にする。リセットの効果…現代多量情報の省略としての集中力。」

     

     

    自分をすることで背中をもう一度持つ。

     

     

    カワアマビエ

     

    海岩という自分の努力に包まれ、偉くなく守護とも差がなく切り立って深く孤立したしあわせ

     

     

    素木として認められる時、岸に上がり古を繋げる。

     

    目は近くにしかない。

     

     

     

     

     

     

    見えないもの、天霊やまた罰のヨウカイ。平安時代の人が本当に知覚を楽しんでいる。誠として感覚の豊かさと、発育という人間性人間教科を楽しむ、その気持ちを知りたい。

     

    「ヨウカイ」

    爾時で人間関係を話す、肉体(ことば)としての本人は?その形は?そして全体的なその姿は?

     

     

     

    備考、人間が見るアダムとイブ。詩としてのアダムとイブで、

     

    曰く「こういう修行を私はしていた」教え人としての認証。

     

     

     

    今が、ふつうの時ではない爾時(ニージー)ジーニーみたいな罰をあおる時期として、こう仏語をよみとく。

     

     

    手頃に詰めるという仏の利点を信じて、

     

    この良い呪文がある、

     

    「別して祈念し奉る。當家(当家)家内安全、息災延明、七難即滅、七福即生、家運隆昌、子孫長久、信心増進、年中安泰、現當二世所願成就ならしめ給え。」唱えた後、アーメンでも南無妙法蓮華経でもどちらか言う。どちらでも良いのは本当の事。

     

     

    昇龍し続けられる!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 大和の神様

    今日見る蟲ーがその時期の勲章ではなく、地球規模で褒められるのは存続に耐えた人々の日々の祈りやその祝いついてだ。

     

    蟲ーのうえに見えた光は、せつめいをすることで自分の名前を言った。そばにいた神や目下(もっか)と、読む私がいる。ところで宇宙人のレベルや実際は、地球の宇宙の中の目、私、なにかを想像する私が生まれる前からあった死や、この地、目から見た星空は、その感動がそれが宇宙の端まですべての情報だ。自我の言葉自体が、容易に姿勢の力を伸ばすことには、時間があった。

    一度、降ってくる蟲ーが千手観音菩薩が、実際にはりてをされ試して頂いているようにもそうアニメで切り取って読んでそう感じた。仏はスマホの明るさ、それに気付ける身体能力を伝えた。

     

     

    地球がもう一つあって、古代人が別の運命のうち穏やかに暮らしているとしたら、蟲ーによって、私たちと別れさせられたことを悲しんでいるだろう。たまに話せるが、私たちの地球を見て、表面の顔や態度をカバーするような家は大切なものを守っている、と言っていた。

    何宇宙人や星人を楽しく知っていると絵本を見せ、「おっしゃている」と言え、と言った。巨大な大阪さんの様だった。

     

    昔は、ここからあっちはもう先祖でも神様だろうと、そうした墓を思う神社は建てられた。飛鳥時代、ことばでそうイメージすると自然や祈りというものの高度さやその技術。礼儀のほうほうを見定める姿勢や文明という広いことばから意識出来る。

     

     

     

     

     

     

    2つ結の髪型で、磨いた石を持つ。うつくしい神様がいて、見守られる私たちは色や柄のある服を持ち小龍のように歩む。

     

    道化三神といって、神と思い話すとき、こう話すことが出来るよ、こうでいいんだよ、と束ね、粗そうの気にしないを伝えてくれる。

     

     

     

     

    神ともっと一人で何か話すのだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

    動物や植物、太陽、見渡してもそれしかない中なら、その人の意識

    は頭よりずっと上にあり、国を知る為に内観的に争うというたたかいは、その時その時の天皇の手段は、実験とも、祈りの高度なその技術など、見比べてもわたしとして、私の緊張感という言葉としてのテンション、周りを見渡すことで近付くことが出来る。

     

    目線のヒントは、街で江戸霊が、私が何年ここにいてると思ってるんだい。とのことで安心したことがある。

     

     

     

    供養欄

    https://hanagara.apage.jp/

    (中傷でもなんでも、エールをお願いします)

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  •  

     

    冥界も現実も変わらない。

     

    気持ちや精神でない除くべき霊が有る。祓いは優しさとして難字であり、本人が、心身ともども癒えていないといけない。それは、鍛える日もある。

    精神は、見えないからという理由で鬼の顔をしてやってくる人々がいる。

     

    ただ心は、それの比較的わかりやすいところだ。「死」にたいする抵抗力があり、心がちゃんと整理出来ているのならば、冥界は比較的自由になれそれは即ち霊界として仏の徳がある。その人が見られたくない人が、何故かその姿を必ず見ている。南無。と大きな菩薩を唱えて祓う、やっつける。逆に戯れず、話して供養する霊はもっと右手上部。

     

     

     

    意識はどうあれ、私が何もしていないことは無意識的にわかるだろう。

     

    私が何か傷ついたことなど、場所が心な程に比較的永遠に覚えるだろう。普段、何もないが、その人を見かけたら直感的にそれだけを思い出すと思う。

    霊でないなら、不透明な宇宙や惑星に捕まった霊以下なら、何も見えないのは1000パーセントである。

     

    冥界でも現実も変わらないが、悪い人には冥界は怖いどころか怖すぎるものとなるだろう。長い間かけてワルイコトした人のゆく末は月のムコウが続き、世の中から消えても消えれないことを利用されるセカイはご存知の通り広がっているだろう。一人を殺すのが先祖、友達、家族の先祖、一万人以上のことになる。だから被害を受けても簡単に努力が出来、上回るスピードが必ず付くのだ。

     

    背後霊、霊以下のことである。それをウシロとかそう言う。基本、足元からつくが、肩は重力のあるとこでそこから浮いて見えたりする。地球の自転に追い出された後である。

    人の背後霊などなめてついていくさなか、良い人に出会っても、運は100パーセント背後霊について行くだろう。これが怖さ。背後霊はさらに、ひとりには大勢の上に歴然と怒る霊がいる。冥界で、犯罪名だけを言うぼつんとしたかたまりがある。肉あつみの重い、あるいは細いネーム、上がる気配もなく不半透明なかたまりが浮いている時が有るだろう。「七日」という仏の日だ、その目下の人は頼られているだろう。日本で背後霊のいる人は神がついているのかも知れない。それが冥界ては有名なのかもしれない。

     

     

    供養欄

    https://hanagara.apage.jp/

     

    (中傷でもなんでも、エールをお願いします)

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 仏の正体

    足の下からワイデクルモノ、これをどんなに顔の近くに近づけても私は気付けない。気になる、ならないより前では意志が生きている。「縁」や「理」というこの意味を解ろうとする者だからである。

    「アドバイスをする表層」と言う、心では心から見ると解る、霊でも縁がないということ。修験と言って、必要でない情報を集めない、要不必要がわかる、自身の取り組みである。よそ見が多かった。

    表層という言葉は奥に何もない、という意味だが、例えば、ではこの場で自分が必要な場所を仏に聞いてみよう、とか、希望の形の様々を一斉に見て人を知る仏道とは自分に無意味なことを知り、今度は無意味にたいしての取り組みを知るのだ。心、その有るなしだけが二つかと思う。圧力、重力、この風や抵抗を実際に持たない光を考える太陽やそれ自身である仏、或いは身体、太陽にたいしての感謝や祈りは、輝きや良悪の無い、あるいは二つを超えた均等。蝶、こういう昆虫。自分がそう近付いて図化できる何か、ものである。

     

     

     

     

     

    もう一つは、仏は暗闇を作る、明くる日のその人の為に、その間、道の暗さとしてそういった笑い方をする存在とは、リスクの思想をとうに持っているはずである。つまり、親友にたいして闇を作ってしまった。業とはだから生まれ、そうわかるとしたら道に転ずる。七難即滅、ということば。心を見ることが、もし出来ると、「直すことの希望」がわかるだろう。供養とする上の先祖が自身の心とわかるだろう。わけを、一人で知れないだろう。

     

    見える眼には必ずモラルが在る。在るとは、有ることばかりを重ねるから。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    政治とかで見る世界の短字記号に一字の漢字が使われていて発音する最初が当て字のようにどんな字でも意味はなくお洒落で静かな感覚がした。フランスを「ふ」で仏と表記するが、何か力を本当に得たとき、ムコウからみると変な感じになる。非常とするその時は、上品なもの、良い線を引く物が、有る。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 法と惑星

    歌と超現実の語。はじめての海↔ビーチ

     

     

     

    …可能事が、現実をおもうことと比例して夢自体の無矛盾と知った。現実とは、ここが海だとか陸だとかはタイルやコンクリを見たら物がずっと伝えていることがわかった。

     

     

    惑星、目にする星にたいして覚えることと忘れることの意味。陸は、物事がわりかし続く、大分続くと伝えている。私自身の物理は、上手く忘れる=覚える、→だから、忘れるべきことの大切さ。これを記憶と言う。それは、以前から有る和歌と歌を考えた時、人は難しいから素晴らしくないと流行らないものに「法」がある、惑星の概念では法とは、決まっているから。教えることなら、流行ることもなく文化的に成立しない。物語論が有り、人生論は歌がないなど即ち過ぎて人そのものを肉体から知る。互いが共通するのは、色んな人のいろんな考えを一人が出来ないこと。

     

     

    岡とは、自分がどちらかわからない。自分の知ることが出来ない物の意味として「どちらかわからない」。その理由にかける人生論の意志と巨大な惑星の理由や法、これらの等しさに日から生えた羽がまま重なり、それが間隔論や論同士の間隔、この意味然り見れるのは「きらい」という字が有る。世の中の色や特別性をあらわしている。これを、レゴのように一度、うちわけの理を抽象したものを一枡、ブロック、一線、どれでも物の無矛盾を感じられるほどの、物自体の対象化をする。これを、理由がちゃんと出来ているかで失敗と成功を見る。レゴ、という単純な色彩のしかくは、それは自家製的メモとして大切なことをきっちり纏めること。

     

     

     

    「物を物自体に返す、という高度な祈りとして。実際に学べる表現しきれない図形と立体感。」面からの解脱は、レゴの伸縮、伸びる、このものごとを理解する事に至る。可能性、語のあらわしを構築するは、現実に、絵画を見た、アニメを見た、この感動として得れる事物を完全に信じる、それが作家、つくりて、それしか事物の上達を考える奥行きや展開の橋、この進展を他とするこの橋、ひたすら物事を進行させる、橋の中の立体性

    の意識の本当の気配や方法には目がいかないこと。

     

     

     

     

     

     

    蟲ーではないほんものの釈迦、良い、誠の、釈尊という人が歩む道、歌や朗るさは、悩む、考え抜くとは思わない、悩みつづけれること、それが「解決」という語をもう成しているのかもしれない。森が、人物にたいして絵という面を得るひ、背景として心から許容が出来る。実際に地やその地柄、神を知る。天が、人物や一個人をつくれない、生まれる言葉それ自体の須佐之男としては、準備をするにはその準備を必要とすると言う。素戔嗚尊とは、八重柿実るまたその八重柿を唱えさせる。そして、私が夢から見れる、定説の揺れるような二つの目が仏として不動する、そのことや詩の美しさや戻り。

     

     

     

    人とはいつだって、物のときでも声になっても、幽霊でいても、「ここ」だから大丈夫。そう胸を押さえる。だから、何を言っても、言っても、何も起こさない。善を楽しいとわかる。とうに、聞かない

     

    日々の続くことに、備えて

     

    私は哲学めいた考察をした。フロイトの本から考えたけど専門的なほんまに最奥にあるような学問に特化した印象だった。

     

    ・ももや桜の光

    ・ミドリイロの光

    ・赤い光

    ・海色の光

    ・全て混ざった光

    ・なにもないとき

     

    家庭用ミラーボールからは、セカイはこの六個くらいの部屋があることがわかった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev July 2024年 next
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
RSS
k
k