揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,629
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,629
  • p

    Works 46
  • 反省は、反らせるという筋肉運動だった

    鉄の下駄、手作りの墓、どんなやわらかく見えても蟲ーの視界に比べたら、人は重厚感を持つ。わたしは怒った声を発声し易かった何かが強さとなる。ことばの錯誤を失くすより聞くが大切。

     

     

     

    霊感は霊感だとして、その種類には行き渡らない。光は実際の光線よりも強い親しみがあり、その段階での光をお客さんと言う。私は人を自分に憑かせて弾けるタイプじゃない。巫女とは90%違い、その前提枠がない場合は、楽しく生活をしようとする間際に散らかしてくる何かわからないものを片付けてあげる、傷付いた自分の目を保護するだけの日々。そもそもわたしのRAYは躍り手におらず作業家として例えば太鼓はより張りや空間や空白を持っていて、何とも虫のような集中力でちいさく隠れ、存在もやめた。その点恨みはない。憑けられるものを毎日帰してる。ものに興味もないので見ないでスルー。しかも私はひとりじゃないし何も面白味のない無意味なこの時間に焦りと気分の低下は進む。大事故ならともかく、存在として何か力のある物や像のかかりがそういう考えたこともない分別性となるがその必要な意識と、風が立つ前のこれまで日々の鍛えがわかる。いち早く知らなければいけなかった人と、一緒に存在する後世の今の運命は別だか、夢が有るなら二律が存在しているが、そんな賢い人なら生きてても仕方ないとその昔は思っただろう。

     

     

     

    あ~、どうかこの崔を助けて欲しい。

    優しくする、人が人の認知にはだれでも「私」が必要だが、「わたし」は角に生まれた崔が角を丸々切られたようにやる気をなくし、角の発達でそれが崔だとわかるのにわたしは隠れてしまいことばも出せずタスケティのことばしか間に合わなかった。警察は私を鍛える目で父親のように厳しく見ている。そういう世代がある話と上記は別で、心に面する冥界には気づかずでも、そこに時間は流れていても時間は物単位の物差しのような棒を持っておらず、感じ取った長さは一晩である分に収斂され、爽快な朝こそ現実だと、目の大きな事より驚くがこれら辛いことはたんなる「悪夢」及び「幻」となるが、理由がつら過ぎるからじゃなくて、不浄過ぎるものが弱いからだと解る。強い力が強い力を修め表現が許されている。目を閉じて観察する通りの構図を念頭に、任せるようになって行く。霊感モラルはある人は何も嘘をつくが単なる嘘じゃなくて性格に含まれているならようやく個性だ。このようにこれを理解しないやつが存在できないと認めていく方が、「死んだひと」とも違う冥界がどんな感じかわかる。方向がほどけて安心ということ。何が何だかわからず観世として居ても瞑想になり自分に都合の良い敵がそうぞうに過ぎず実在するわけないからだ。これは十方をぐるりと目で見てわかる。学びだらけの楽しみとむずむずする本当の景色が見えるだろう。自分は川という自然な姿勢、文や努力、身体というそのルール、その開花、喜びの道使いにたいして悪意の減りが早く、あれ?ってなる、平和の感触を考えてみた責任である。様々あっても「妙」という一文字は昔の言葉がふんわりした深さを感じる。物の目に起こるときは既に前提がある。そこから後を書けたら前を向く。これを自分の納得と言って昔はパスキーを振り回して人は遊んだ。しかし、理解後が落ちる。

     

     

     

    酔ったまま拳を挙げる、猫の姿勢は肩の力を抜く。このまま歩けば道となる。毎日初心だから奢りがない。道が君に降りたら冷たい川とも強い滝とも歩かねばならない。導師が風の形を帯びてきた。

     

     

     

    蟲ー退治を神が誉めている。

     

     

    霊感が未来利器なら、今することに、これだけは大切にしておくこととして点呼を肖って心する。

     

     

     

     

    私は弾きの良い竹であり、そこにご飯や着物を耳糞のように詰め込む。竹のお椀の炊き込みご飯となった、ねちゃねちゃするのは嫌いやから水でしっかり洗っといて、で終わった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 大阪にたそがれる

     

    山では、好きなことを先にせず結婚することが長く深い静けさがある。そこには付き合う人間関係が生まれて人と対することが生まれるから。それを知ると、好きで家族になった子は長続きをする。驚きが、これからもまだまだある。

     

     

     

     

     

    竹林の蔵の神は「スケロク」の鉢巻を美しく籠に巻き付け、気を使って下さった。

     

     

     

     

     

     

    花は、ただ農家をしていると思ってたことにある。

     

     

     

     

    一歩で花街の演劇に行かれることを、歩く機会が増えて聞くことが出来た。

     

     

     

     

     

    私はその間、闇を作ってしまった。

     

     

     

     

    怖い! と、それを思う時恐怖ではないが作法や出来が、こうやって膨らむと、室の考えその架空が勝手に歩き自衛をしているのだと、田園や川を見ながら話した、ワルイコトは、こう取るんだ。トマトがある、蔕を抜く。取る実のこの箇所はごみを取り除き払って取る。実がくり貫けただろう。箇所を眺めて直す部分を試す。ひとりで持てないこと、それを持ったらずっと持っていかなくちゃいけないことがわかる。肝心なのはこの後だ、頼れる周りを配置的に用意できる。トモダチにたいし「コイビト」のあんちゃんは「お困りですか?」を言いたい筈だ。わたしはその製作から返している。強い直感がある。「トモダチ」は対して澄んだ直感が通る前に木になるから短い緑色の線を数敷いて壁にし、心をぐっすり眠らせる。

     

     

     

     

    闇は、

     

     

     

    天からすれば知ってることで、懐かしく思うかも知れない

     

     

    怖い!って言って、通る人は、その中で自然や歳を学ぶかも知れない

     

     

    関西一円、自分を一円と軽やかに鏡のように見て、

     

     

     

    神木にかくまれた高木を最後に外して人の信頼を届けるのは、大人になる為だ。

     

     

    何を知っても怖くない。

     

     

     

    ただ、自分が知りたい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    神社は、

     

     

    「林と沼方です。」わたしの顔を神に挙げなきゃいけない夜、静かな夜に名前を言って自分の端を捕まえられてはいけない。歴史や人の様相が自己データになるとして何もなくて、蹴りいったり嫌う感情が全く知らない地球のものなら「球」と言うことが出来る。実在するから一筋がある。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こよみが、時代に出(い)ずる。

     

     

     

     

    もんだいになってる曇り空は、

     

     

    お召し物が梅の秋は情緒不安定でも、青空の冬は、梅を思いやって一人で感じることを許し、雨と曇りは似ず何か一人でするには快適だ。

     

     

     

    闇は情報にならないから闇は闇だと言ういつもの言葉を月の様に飾れるのを、目を閉じても感じられる。

     

     

     

    約束を聞いた天照大御神は、他の神にも聞かせたかった。この願いと人が一致させることが出来ないから、一人一人の顔を見て爆笑して日になった。その時に、イザナミは死んだ。

     

     

     

     

    何も、変わらなかった自分から天子は

     

     

     

     

    未知から伝説を、ここが地球だと確認していたのを、作業の間に「目撃」した。えびす橋と言う高所の偉い高い橋。

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev March 2024年 next
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
RSS
k
k