揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 934,408
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 934,408
  • p

    Works 46
  • ムーが持っているノ~ト…

    ということは全然夢じゃない。

     

    夢でも何でもなくて

     

     

    人の夢はいい加減。

     

     

    目標と夢は似てるけどちがう

     

     

    目標はずっと追い続けるけど

     

     

    夢と目標は違う

     

     

     

    夢は現実にしたあかん

     

    夢の職業につきました

     

    そういう人は、上を目指しています、ってなるやん

     

    大体、夢を職業にするけど

     

    趣味を夢にする人なんかおらんわけやんか

     

     

     

    現実にあったことがない

     

    いつかそうなりたい、でいいやん

     

     

    現実にあったあかん

     

     

    それは夢やから

     

     

     

    夢を見たとき高望みがあって、守りに入る

     

    夢はおっきいところにおいとかなあかん

     

     

    追い続けるんが夢やから

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  •  

     

    爆発

     

     

     

     

     

    光影が重なって、きらきら泣いている。

     

     

     

     

     

     

    しゃーない、仕方ないと思って生きていると思うそこのあなた。

     

     

     

     

    教育を受けたんが初めて、

     

    重い鞄を毎日持ったんが初めて。

     

     

    悪い人と混合させ生きているひともおる。

     

     

     

    何かいたらなんでもかまわず自分から取り除くのではなく、拝みかけるのも修行。

     

     

    いてくれたから

     

     

     

     

    何でも「今したいこと」が強い。

     

     

     

    私はこう思われてるかも知れない、そう悩んで、

    念の残る人は、小さく紙を用意し、そのまま無心で手で破くと晴らせることが出来る。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 自分の明朗(あかるさ、くらさ)

    何かを見れる才能があって、自分が自分に、何か手伝うことがあっても、それはありがとうとも、能力があったら私もこうする。とか、重要なのは、能力がないことを、能力にし、大事に持つ。

     

     

     

    高次元や、そういった心は、危険を感じたら自分の間隔で自分の心を閉めるとしても、自分の心のスピードを聞いてくれる。たとえ苦しみでも、揉まれていることをよしとされ、それは人となんら変わらない。

     

    輝きではなく、光。光は、単なるいつも見ている光のこと。

     

    アッテルはエネルギーが高いから負ける。力を高くする。

     

    水と火は溶け合わぬが、火のほうが、水を見つめて扱うことができれば、変わる。

     

     

     

    水は、不浄に強い…アッテル

     

    火は、嫌いもまた力

     

    これらは、光を定義にしているので、

     

    鏡にぼんやり「誰か」のシルエットが映るイメージ絵を見たことあるが、

    聞かされてた、という気持ちにも興味深いが、今は自分の心の姿勢に差し出がましさを感じでストーリーを追うのをやめた、まさに鏡。

     

    イメージの具体化、っていうイメージがあるとも知らなかったし、鏡についての絵をもっと描いてみたいと思う。

     

     

    高次元や、強さはまた、私は岩からして小石になる、

     

     

    わかり合う心とか、例えば気高い動物の毛を思いうかべる。ごわごわとしっかりした感じ。何でもいいからやることやりたい。

     

    柔軟な自分に、嫌だと断りを入れたい時は、存分、存分、存分、と目に戻り、初心に返り、「好き」を軸にそのまま見てあげようとする、真剣な、心読。

    志望。様々な色が間合いにあるけど、込みいらず許して行く感じ。

     

     

     

     

    日は分刻みで回らないから、ほっといたら物凄く逞しいやつになっていた。と、ぽんっと成長する。

     

     

    気を高めて登る人も、何かを求めているんじゃなくて、登る人も、見ている人も、同じ気によってそこに震えがある。

    ふもと、足元をいる人も、続けていきたい何かがあるからそうしてるわけで、

     

    間をとってしまううちに、引いてしまってたが、そこでも心は動くものがあって「じゃ、行ってくるわ」の挨拶で、心は安定したものとなる。

     

    間に合わせてちゃっとする。

     

     

     

     

    人生の時間、それを考える態度も変わった。子供の頃思っていたより、良い姿勢になった。

     

    自分が自分の心を合わせて

     

    自分と同じだ!という認識もあるが、友達が新しく出来るような。当然のように思ったり、忘れることがないから、締まった。

     

     

     

    孤独で良いアッテルもいる。その理由はいくら理屈がわかっても、辿り着いていない。  

    、、、という、丁度ふさふさした山脈を遠く眺めるような視線。

     

     

     

    自分に立ちはだかる高次元。

    透明な空がそこにあって、そこに自分の霊を描く。天の態度で、気持ちでは放つ。

     

     

    目前の歩道も、詩的さも守れる。

     

     

    人が前提でなお且つ対人じゃない、有るべきフィクション世界で、その天ぜんな空想の規格を使って、自分の霊感(こうじげん)を使って、もっと良いタイミングで明るいギャグくらいのフキダシみたいなん、を、いれて気持ちのまま、ずうずうしく小さく弾けるのが、拝みや浄化なのだと思う。発信する口を柔らかくし、それこそ投げつけて良い。そこで、どれだけ早くもとの姿勢に戻れるか、どれだけもとを保っているかも、精神の鍛えになる。

     

     

     

     

     

     

     

     

    高次元は、

     

     

     

    アッテルはエネルギーが高いから負ける。力を高くする。

     

    水と火は溶け合わぬが、火のほうが、水を見つめて扱うことができれば、変わる。

     

     

     

    水は、不浄に強い

     

    火は、嫌いもまた力

     

     

     

    鏡にぼんやり「誰か」のシルエットが映るイメージ絵を見たことあるが、

    聞かされてた、という気持ちにも興味深いが、今は自分の心の姿勢に差し出がましさを感じでストーリーを追うのをやめた、まさに鏡。

     

    イメージの具体化、っていうイメージがあるとも知らなかったし、鏡についての絵をもっと描いてみたいと思う。

     

     

    高次元や、強さはまた、私は岩からして小石になる、

     

     

    わかり合う心とか、例えば気高い動物の毛を思いうかべる。ごわごわとしっかりした感じ。何でもいいからやることやりたい。

     

    柔軟な自分に、嫌だと断りを入れたい時は、存分、存分、存分、と目に戻り、初心に返り、「好き」を軸にそのまま見てあげようとする、真剣な、心読。

    志望。様々な色が間合いにあるけど、込みいらず許して行く感じ。

     

     

     

     

    日は分刻みで回らないから、ほっといたら物凄く逞しいやつになっていた。と、ぽんっと成長する。

     

     

    気を高めて登る人も、何かを求めているんじゃなくて、登る人も、見ている人も、同じ気によってそこに震えがある。

    ふもと、足元をいる人も、続けていきたい何かがあるからそうしてるわけで、

     

    間をとってしまううちに、引いてしまってたが、そこでも心は動くものがあって「じゃ、行ってくるわ」で、安定したものとなる。

     

    間に合わせてちゃっとする。

     

     

    竹刀は、こういう形になってる。こういう形になるまで時間がある。ただの棒でいいように思う、人の手間がそこに入ってる。何かを受け入れ加えることを知る。それを大きくなって「抵抗」という自分が向かっていくものの言葉になった。

     

     

     

     

    人生の時間、それを考える態度も変わった。子供の頃思っていたより、良い姿勢になった。

     

    自分が自分の心を合わせて

     

    自分と同じだ!という認識もあるが、友達が新しく出来るような。当然のように思ったり、忘れることがないから、締まった。

     

     

     

    孤独で良いアッテルもいる。その理由はいくら理屈がわかっても、辿り着いていない。  

    、、、という、丁度ふさふさした山脈を

     

     

     

     

    透明な空がそこにあって、そこに自分の霊を描く。天の態度で、気持ちで放つ。

     

     

    目前も、詩的さも守れる。

     

     

    人が前提でなお且つ対人じゃない、有るべきフィクション世界で、その天ぜんな空想の規格を使って、自分の霊感(こうじげん)を使って、もっと良いタイミングで明るいギャグくらいのフキダシみたいなん、を、いれて気持ちのまま、ずうずうしく小さく弾けるのが、拝みや浄化なのだと思う。発信する口を柔らかくし、それこそ投げつけて良い。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 祈り(記述中)

    みんな的に祈るなら、昔を昔と解けるとき、みんな同じく今他の人と同一だった、つまり、諸元が愛で出来ていることだとしたら、違う育ち方をしているという現実に興味を持った。現実に掴まれば動く範囲を伸ばせるのに、私は思ったがそういう話じゃなさそう。

    天地の話になる。本当に陸が割れてこうしている、としても、自分には五行で土気が良いとされ、それだけの存在と思うが、出世と言う御守りの存在によって、まだ現前、降臨不可なのだ。巷で聞いているワードと国を手掛かりに運を読んで、発散すべき心を消費してる。私は心の損保という高度なことにチャレンジ中。
    愛想だけのそういうのがあって良いと思う。何故なら親を守る為、

    アッテルの様子がもし見えたら、その姿を自分と重ねることが出来たとき、そこに自分がいて、そこに知らない人がくっきり彫られているのがわかるだろうか。知らない人を認知する。

     


    大事な話を、色んなことを吹き込めて後ろ向きにさせず、自分はただ南無と感謝する形が良い。興味のあることチャレンジすることは、案外もっと違うことなのかも知れないから。

    アッテルが祈っていた「潤いを大事にする」に十字をきり、キャッチすることが出来た。

     


    別れると言ったら別れる恋が動力じゃないらしい。お

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • かくかくしかじかが存在した

    私が怒っているのは、

     

     

    ・不作法

     

    ・構いなし

     

     

    貰いたい「その言葉」はあってもなくても同じやねん、変わるなら趣味やから。

     

     

    無作法とも違った。

     

     

    私のフォルムは無頓着。非横着とも言えよう。それが神経質ではない、とは特定出来ない。かくかくしかじか。

     

     

    貪着」と同語源。「とんちゃく」とも》深く気にかけてこだわること。執着すること。「相手の気持ちに―しない」

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 思いの一つ

    良い人と悪い人は、並行しているという理論がある。

     

     

     

    見えないものは見えないで

     

    見えないものは見えないから

     

    見えないものを見えないとした時見える

     

    見えないものを見ないから見えてん

     

     

     

     

    あるものをあると思い

     

    長いものを長いとわかった方が良い

     

    すると、餓鬼畜生から仏が生まれるなら

     

    他に、地獄が在る

     

     

    わかって、っていう説明があんまりいらない

     

    自分から知識があるのだから

     

     

     

     

     

     

     

    メルトダウンと古代的生き方を想像してる。

     

    ★いつも着ている洋服、背広が、十分民族衣装に見えるときがある。

     

    ★紐をカラーヘアに細く一本巻いてたときの流行りがあるが、物凄く羨ましかった。今ならイメージが解る。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ブログとか、見たら勝手に覚えて勝手に引用したり構築していくやん

     

    本来そうあることが、心配している。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    冒頭に戻るが、

     

     

    天動説、地動説、がある。

     

     

    これがずっと語られているということは、人とムーの区別にも似て、

     

     

     

     

     

    地球がこうあって、悪いことをした、ということは、

     

     

     

    悪いことをされた人間もいて、悪い人が良い人と同じ分をわかつとは思えない。

     

     

     

    そこで、私はでは神は悪かったのか?とおもう。

     

     

     

    しかし、説の語られる主題すらわからない。何もわからない。ぼちぼち知るのなら、天に任せたい。

     

     

     

    私は気を天に回さなくても、こう地を歩くときに希望が感じられ、その意思を天と言ったりすることがある。

     

    心に流れる法話だけが繋がりじゃない事は、いま見える。

     

     

    一ヶ月500円。 そうしたら、どれだけ長く続くだろう。

     

     

     

    見えないものを見ていたら、釈迦(シャカ)に謝りましょう。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 実在とは

    実在とは、

     

    人はいる。と言う想像はあるけど、自分の現実に実在するとは思えない、(思う、で理解が完了するのは、それは奪えない。)地球上にはどこかにいても、自分とは無関係と思う。にたいして忍耐強く対応することをしていた。

     

     

     

    ご先祖の供養に、ある方を離した。

     

    ・うざいから、でもなく

    ・自分が道を進んでいて

    ・何か言うや守るでもなかったから

     

     

    この3点が有る。

     

     

     

    「非在」というそんざいがあって、察するに意識に存在するとまでは思ったことがない。そのこともあったことから、今までの恨みを感じて考えている中でもこういう風に言葉が固まった。

     

    正しいのかわからないこういった正誤は特に決めてない。

     

     

    人がそう思っている、そう思っていいことを許してる。

    非理由律…自分がそう思っているから、こいうふうに要求するという意味でもない

     

    純粋に求める、という単語が中から出てくる

     

     

     

     

    だからあんな難しい話を教えてくれたんや。段を感じる。

     

     

    形ばかりで彫られた鎧が見える。

     

     

     

    物しつけ、こういったことを昔から憎まれてた神である。

     

    ・前後がぐちゃぐちゃなひと、途中で言われたらくるくるする

     

    ・人ってもっとさぁ

     

     

    ・いくら鋭く自分に向いていても、所詮、善意。

     

     

    上を向いてあるこう

    何のベースもなく見抜いて一切断っている。

     

    土地霊、守護霊であっても、自分より古いのだから自分からすると神。

     

     

     

     

    ここが悪い、と伝えてくれてる。

     

     

     

     

    だから、と接続詞が繋がる。負に触り、負を貯め、文句を言い

     

     

     

     

     

     

     

     

    感謝に間に合わなかった人がいる。

     

    感謝に間に合わなかった、ここで上下が決まった。

     

     

     

     

    別れ際良いのも儀、この場合は致し方ない、を確認済でいる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    悪い字が、書いてて出てくるが、先祖が話しかけている。その時何があったん?と。

     

     

     

    それがわからなかった歴史もあり、それを感じる人もいる。目ではわからない。目で語れるのは技術、技。

     

     

     

     

     

    想像…この間、言葉にクッションがないと解がおかしくなる。現に感じる違和感によって想像といったそういう現実を信じる。こう思ったとたん、どこにいても、何を考えてもすんなりした。

     

     

     

     

    あんまりすんなりしたから、人に上手く、間になっても伝えたいと思う、こんな意思があった。

     

     

     

    自分が見てきた大人がいつまでも大人ななように、それに向かう。それに向かうとは、していることにフォーカスをすると良い。あらゆるヒント。自分が見た大人が、自分が歳を取ったところで、自分の想像では追いつかない。

     

     

     

     

    誰しもが、質問をさっと消化していく。解があるから尋ねれる。

     

     

     

    今、と言う嘘のない実の中で、それ以上なりえない相対を示す。

     

     

     

     

     

     

     

     

    「角」

     

     

    自分が嫌なことをされた時気にせず曲がる。この練習であった。これを角といって、ここが、出来る、出来ないを分かつ。

     

     

     

     

     

     

     

    私を通して、何かにメンチきったり

     

     

    自分の理解範疇以外を彷徨っている。わかるのはここまでだった。

     

     

    無意識だったと片付けられる人は少ないと思う。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    無いが有る時に、在ると言えている。無いを語れるとは、有ることがある。

     

     

    無いを、その時はもうわかってる。自分が人であることを。

     

     

     

     

     

    次元に、自己定説だけで挑めない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    例えば、「君死にたまえ」

     

    君 どんな気持ちか? かなしい

    し ・

    に ・

    た ・

    ま ・

    え ・

     

     

    もうスッキリ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    面白いことを語るには

     

     

     

     

    蟲(ム)ーが必要なんじゃなくて、観察が要るんや。

    観察している自分が必要なんや、

     

     

     

     

    自分の善意を信じるのに準備

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 大澤君は脅され無理矢理させられていた。

    大澤君に、脅されたんか。と聞いたら、黙っていたので脅されていた事を知った。

     

     

     

     

     

    大澤くんが、出会った時何か懐かしいなと思っていたら、実はもとを辿れば自分とこの近所だったことが最近わかった。

     

     

    心の家に帰って来た時、あんた顔見せていいんか、と冷たい態度をした。

     

    家といえば、

     

    心で伯母に、「積極的にムーに取り組むんか。」と聞かれて、そうする自分の約束をして、すっきりすることが出来た。

     

     

     

     

     

    私の言ってることとやってることが違うことを、こうすいな感じであっさり笑ってくれた人。

     

     

     

    友達が、伯母伯父らに世話してもらったことを、当たり前と思ってはいけない、と言っていた。

    ありがとうとは思ってる、

     

    それはありがとうじゃない。と言われた。

     

    時間を共有出来たことは何かになる、一緒にいて楽しいとか何とかもごもごしてたけど、

     

     

     

    時間を私の為に使ってくれたんだ。となった。保留になっていた有難うの意味を深めた。

     

     

    それがもし、叔母ではなく、友達だったら、水くさいとなるが、こう伊達に生きたいとも感じる仲では意見が違う。それはこれからの話。

     

     

    政治家は、ずっと冷静なリアル感に寄り添ってくれていた。

     

     

    何の知識を力につけて、その時である。知らないなら知らないいいわけを、ちゃんと本当かどうか自分に調べて知って置くこと。

     

    ナカマルさんってタヌキやったわ|揶白 (KF)〈CREATORS BANK Diary〉 http://creatorsbank.com/yohaku/diary/41848

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • アニメユメ

    自分の恥ずかしさや、豊かな色彩、対人関係、こういった厚みのあるものにたいして、自分が消化して啓蒙を望み、大人になろうとしている。その他、客観的態度のうちわけなど。アニキャラ…厚み

    次元そのものを○O。現しているいる。

     

     

    だから、成長のツボが、白紙一枚を置かれて隠れていたことを心配していた。健気である人間の痕跡が、大事でたまらず描かれる。

     

    キャラクターをメタ化し、挟んでアニメの考察などしていたが、こんな風に現れるのがめちゃくちゃ凄いと思った。

     

     

    袋に包まれた顔を表すあらゆる質感のイラストは、顔面的そのもので、ビジュアル的に破滅していた。

     

     

    ただ破滅を現したところで大事ないのがキリスト。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 昌幸

    昌幸の教えとは、文章ではなく物の作りだったのだ。

     

     

    どんなに清々とした色であっても、地の物産なら差が生じない。

     

     

    なし、と差も大きく違って、心の辛さ、痛みなど、いつでも自分の心に手を合わせるのなら話してみる事が出来るのである。出来るのとは、差がないことである。

     

     

    戦国の時と覚ませば、今陣は、向かいが戦いじゃない、自分では言葉は届かないが、守りの星が光ってるとも言える。

     

     

     

     

    下に文章を書こう。

     

     

    「いつでも自分の心に手を合わせて、同一を視ることだ。」

     

     

     

     

    同一を視る

     

     

    これは、自分の答えなのでみんなに対して不必要。

     

     

     

    →「いつでも自分の心に手を合わせ」

     

     

    ここで、止める。

     

     

     

     

     

    これが字だ!!

     

     

    見えない間、空白の間は、押入れみたいに何でもかんでも差し込むように置かず、畳むことが出来る。何かすっきりするばかりか緊張感さえする。

     

     

     

    何と私自分は道的な未浄化霊だったのた。

     

     

    昌幸が近くについた時、私の方にこのような武が降りてきた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    言葉にはまだまだ可能性があり、かつ違わないことが出来る時、良いとされる許可があるのだ。大きな気が字を渦巻くが、体験のみとなるだろう。

     

     

     

    物を動かせる力はあるけど、人を動かす力などないやつなのだ! 人を動かすことの出来る武将と、個性が組み立てた陣勢だったのだ。勝てるわけなかったのだ!!切り捨てたのは人ではなく、対外的自意識だ!既に!

     

     

     

    台風の目に心を隠して、役割のみに従ずる機械的な身をしかも楽しんでいたのだ!振り向くと、どこまでも伸びる魔法の墨汁を開発していたのだ。魔法とはこのようにしか出来ておらず、今に尋常の学園、

     

     

     

     

    おや、手持ち無沙汰が視えます?

     

    そこに具体的などんな問題があるのか、教えてくれたら相談に乗れます。

     

     

     

    演劇を鑑賞する事にあるが、自分に暗転を打ち、視界を視界を広げたのなら、

     

     

     

    野に立つにふ。それは、「、」この自負の夢を可能にある言葉は、市販で見つけることが出来るのだろう。

     

     

     

     

    野…丘なら任せが利くけど、野さえは自分で広げ、責任感を通常より重く持つことが出来る。雲としては。雲に立てることが前提とする様に、差なき事。

     

    月、という夢としては表裏一体である硬質な現実の、それとは何ら関係せず、隔離している。詩的事実や、こらえしょうの問題を、叱りつけている。

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev June 2023年 next
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
RSS
k
k