揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 929,881
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 929,881
  • p

    Works 46
  • ライン

    思い出してタケ君に連絡しても

    繋がらない。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 春(ニ)

    空寂の春、孤独は繊細に絹紡され 涙と孤独が蓴采にてらてらと光って居た。 プロチゾラムは前の名前をグッドミンと云う。これがまた卓効して居て、幻聴がどれほど煩うても眠れる事が出来る。幻聴と云うのは誠に不思議な世界で、妙に私を快楽的な夢に連れて行く。春草、女の寝そべるシーツ、いちご、それらが今私の客観性の、世の中との態度の繋ぎのロオプで有る。 女友達は微妙な形で有る。女は女に受け身が善しとされ、その方が人が集まるとか、鬼が穏やかだとか、鬼が穏やかならそれを退治する様な華と云う仏も居ないもので、 魂を滅さず、生かさず、こう云う形が女友達で有る。 男と少女は似て居る。花が似合うと云う点で似ている。女友達には、花も、何事も無い。少しばかり互いを警戒しながら、ちょうど逆の方角を見つめ、自分に期待をして、そしり合いの上に成り立つもので、過ごす時間を垂れ流して居るしか出来ないし、不可能だ。 それでも合わせ合って、一生懸命、仲良くなる努力をするのですから、若し、特別な輝きを持つ仲間よりも尊いひとり、なのではないかと思える事もある。詰まり希望や愛よりも、ひどく情けを此の友情は持って居る。そうこうして女たちは繊細さを得て、どこかへ行く。

    僕は自分を失って仕舞いたい。乞食に為り、毎日をそれなりに苦しみ、豊かに囀る事。脳を素裸にして、世間ヲ冷罵と扇情に見つめ、馬鹿に為って時に踊ってしまいたい。甲う云った所に私の主観が有るのだが、若さとそれなりの美貌が有る為、此等の旨は世の中の善に安く壊れてしまうだろう。世間を冷罵すると云うのも、此れは母や月に付けられた傷以上のものを何事も僕はまだ生んで居ないので有り、悩み少ないからで有る。未だに幼女なので有る。前述の青空に、孤独はふかふかと綿毛の様な輪郭を取る。警察に保護をされ、法に守られる其の場合、青空は元々私を待ってくれてやしない。乞食の一人が、いくらどんなに明るい笑顔を私の元に見て、其れはただの青空に対しての敬いで有って、私を迎合しようとして居る姿や光のしるべでは無く、此の冷たい世間のうちに削られてしまうが其の青空で有るのだ。 少女が竹棒で突かれて居た。花を摘む手と、花を貰う少女が隣り合っていて 美しい。 泣いていた、セーラー服の右と左が揃って若い男と互いの目が 一致して居て 希望を永久的に。 此の、少女と云うように運命的なもの 僕は自分の運命を見居やると、矢張なにか目立たぬ、青い泥の様な 月の洗濯機の様な「老い」で有る。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 心の濁り

    https://mobile.twitter.com/Zaza54120

    この方に私のしょーむないリツイートを2件もいいねかリツイートされた。何だろうか?

    これって絶対アレやんね、こわい。110番したい。

     

    雲泥(So.)

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • リメイクキモノ

    布団太鼓とわし

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 光の道

    子供を生んだ時、あらゆる薄弱さが二度と戻らない様な感動がずっと今まで疾走して居て、
    やわらかい肌はびりびりと破れたので有る。更に真っ白な喜びだ。だが悲実は有って、子供と引き剥がされ私と云う存在も、母を生んだ赤ちゃんも意味がなくなって、黒い穴に閉じた幸福だった。生後5日で、家に帰る時に良く待たされ、気付けば奥の部屋に私は連れて行かれ、唐突に「お子さん持って帰りました。」と言われた。私が統合失調症で一人親だから、暴力のケースが有るらしい。お母さんの体力も心配ですし。
    日の為の丸い胸、乳の出る月が大阪市に完全に食い荒らされ、お母さん、と呼ばれ声がちぎれた。
    弁護士にも相談したが、期間切れだった。時間が解決する頃には私はすっかり陰って、少女を思い出して居た。私は最近AV出演をしてしまい、自分が元気なら子供も元気であることを知ってるからだ。罪や罰の清潔さ、自然、そんなファイルの中に居る事を夢想する。
    気嫌を持つ事で私は遠隔的に育てようとして居るし、
    嘘を吐かず、私の探求する事は
    上手く行く事より、自然で大切なのだ。

     

    あーぁ、気持ちが良かった。

    自分の成熟があんまりだがエロい姿も見れたし、今、そこそこ幸せ。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 大人

    虚栄は、嘘と見栄えの美学とも云える事が有る。

    尤も自然だ。

    風情を生み、虚しさとは対して全然違う。

     

     

    (良い音も元々は愛だったのだから
    目を見てばかり居ると、言葉のスピードに、
    意味がついて、
    意識が逸れて、良い筋が失われる
    目を閉じよう。僕は好きに目を瞑って喘ぐが、
    あまり知ったこっちゃない。草もカラダも差が無いように勤めれば、光に紛れる事が出来るのさ。詩ほど言葉なんて、知ったこっちゃない。)

    しかし僕は女だから
    しょせん低俗で有り、
    嫌われる。そう有りながら
    そう有る事で痛みの草をふかふか生やし
    何事かは受け入れる。
    僕の手が冷えてしまう事は少し悲しいが、
    枯れる事も、腐る事も、躍動する。
    僕は美しいか。



    何度も、何度も、
    鏡を確認する
    女の怠慢はゆるされている

    行ける、船を出そう
    架空に降る雨も、縫い
    晴れ間にはしる急行に乗り
    花屋敷へ
    そこには何も無いが
    有りて有る宇宙へは、続く
    僕は花と宇宙を食らって
    船は飛べるさ



    天空を見せてやる





    言葉一つの剣が舞ひる夢や言葉の一本の木が育つて行きそうである、七支剣は石上神社の事だが昨日参り、猿田彦様もそこにおつた。風を吹かすらしい。詩に、貫かれて僕は愛された。神の云ふあらましを仏は聞かず、僕もまた仏で有り反省をする。

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 2021/04/24

    蕾むて居る事と烈日とが、見間違われ、
    日は既に咲いて居るのに、可愛い花になるのかと
    エロティックか、浪漫か、僕の胸懐を棒でつつかれ、春を待たれた。
    僕の涕涙が泥流の如く、川が出来た。
    涙と涙を綴り合わせる。
    君は僕の上で眠る。
    涕涙が泥流の如く、川が出来た。
    絶望だ。
    君はしなくてもいいことをする。
    憧れなどは人間の改造だ。
    僕は真っ白なのに、嫌われ、憧れられ、
    そうするところで敬えば、
    瞬く間枯れ、実を付けなくなり、
    僕は僕を失う。

    少女、と云うように運命的なもの
    僕は自分の運命を見居やると矢張何か目立たぬ
    僕の運命は、青い泥の様な「老い」である
    老いる、朽ちる事に憧憬して仕舞い

     

    少女が竹棒で突かれて居た
    花を摘む手と、花を貰う少女が
    隣り合っていて
    美しい
    泣いていた、右と左が揃って若い男と互いの夢が
    一致して居て 希望を永久的に想う

    此の、少女と云うように運命的なもの
    僕は自分の運命を見居やると、矢張なにか目立たぬ


    空寂の春、孤独は繊細に絹紡され
    涙と孤独が金糸にてらてらと光って居た。

    火星で扇情に傷付き、反り返り、心の中のおもいを春悠
    のうちに君に明けた。 虚構の、真っ平らなランドセルの胸に。

     

    空寂の明け、美粧をして孤独な女になった。
    乳白色の空気が深く冷たかった。
    春草が生えて居た。


    痴情の空寂はひかりを吸って
    大腸菌ヘドロの中で銀をすくう。
    痴情の空寂、いや愛。

    好色が戞然にして煩かった。
    僕はまだ痴情に涙を零し 無駄な合槌をこのようにうって居る。
    いびつさ、いびつな指の固まり、アクセサリィの滑らかな形、これらが遵奉で有りたい僕の希望の春月。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 水晶も気持ちがなければ飾りなんやわ頭がやからかければ効力を発揮する想像力がお願い事をするから

    ああ、今日はロシアンバーに行って外国人のひとと友好を努めて来よう。

     

    顔みて喋って親交したいよ

    ちょっと傷ついたり不愉快であってもたとえ

    何かもってるものとか自慢し合い、

    その歴史とか聞いてみたい。

    ほんで「話」の切り方、終わり方を感じたい聞きながら。

     

    私もその方に見られたい。妙に関心がないのは正直であるから?

    それとも…

     

    私は、今水晶をつけている。

    それかわいいねと尋ねられたら、

    「これは守ってくれる水晶、実感がないけど。

    効力が透明であるから。」

    人と話をすると頭が働くけど、

    漫画BECKの、音楽は、ケミストリーだ、的なトークをして、

    色んな事を自己の中にわかりたいかな。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 詩日記


    神仏、貴族、数多の名詞に対峙する事を研究するのもいいよね。自分の力がどの方向に向いてるのか。私は、名詞を持ちたいけど持つことはほぼほぼないし、誤解を解きながら、どうなるのかなぁ、
    という感想です。

    生まれ方に不備がある、とか
    神と対話するのは、楽しい。
    普通に死んでいた女やったから、けど宇宙や星空は好きで仕方がなかったな。
    何か、キャラクター的には端におるタイプですよね。それがゆう君も同じなんですな。
    もっと、中心的な人が中心におる位置であったら、気持ちが良いと、実は私も常日頃感じているのですが、
    端からじっくり焼いていく、のが王道ですか?端の私がまず、為になる話をする。。
    準備期間で、
    神には目的があるけど、背の高さが違い、同じ目線ではいられないから、いらない、そういう事は考えなくていい、普通に生活して成長しとけば良い、良くなるって、普段が美しいって事だし、
    それは何故かとか更に知りたくなるので、部屋が欲しいけど、魔物を見ていたりするのも、大きな勉強かなって、私は、既に死んでいるんじゃないかって思うけど、慈悲を学び、精神的に生きている人。別に偉くない、という所がチャームポイント。佛たちの、手伝いをしたのが、神って、私のお父さん言ってたわ。



    神は語れないんだね。

    こうしてアナログで話して、像を構築して行くのが、とても面白いね。



    ところで、私魔物にひっつかれてる、もしくは皆の目に魔物が出現している
    これは、各々の僅かな人生だよね、
    助かるか助からないかは、自分や運命次第。
    何か必要あるときは助けて。

    地獄の話になるけど、
    一つ目の弱いモンスターやねんけど、多分ただの殺人犯の魂が反省もなくふよふよしてるわ。よかったらぷちぷちやとおもって叩いといて。キムさんは、一瞬で退治してらしたわ。
    皆騙されて
    こんな神聖なところに現れ続けるくらいやからギャングより悪党やで、
    って言ったら、
    ずっと濁らすらしいわ、頭良いですな。



    性格が柔軟だったらより多くのこと知るから丸なるんでしょう。
    憧れてる場合ではないわ、
    私の性格は、意地汚いところもある
    これを含めて、客観的な存在ではある
    色々考えて、こういう自分でいよう、影、暗さも無駄にしないでおこう
    って決めたから

    で、ご対面やった

    歌って、出来る、出来る、ノー、って書く字なんだけど、笑っても良いことってやっぱりあって、それって詩的やとはっきり思います。

    知性と礼節が統合されないけれど、
    そんな概念なんてなかった。
    足し引きしつつ、希望を見ましょう!




    夜はあんまり起きてたらだらしないの!お肌がぶよぶよになるねん。それを引き締めるのにまた何かローション
    とかいって、体トロトロになっちゃうわん。




    何かはあきらめなあかん。
    何かをあきらめなあかん。
    じゃないと苦しみがきみの力では易く間違って(コントロールが出来なくて)正常な人を陥れてしまう。それその事が不安を呼んで、疲れて一人なる。


    今日は休み。
    昨日、聖域で不良に絡まれて、前からあつかましく思ってた、キモチくれとか、冷たいとかばりばり、アタシの事何にも考えてくれてない。寂しいって言ったってジブンの周りに訴え続けろよとか思ってしまう。アタシアンタの周りのひとちゃうやん、アタシなんて道草やろ、そんなひとに心ゆるされへん!って警戒してる。警戒は魂やねん、心以前に存在している、仲良くなりたいんやったらこのココロの警戒をどうか解いて。仲良くなるとか生温いよ!とか言うんなら寂しいまま別れたらいいやん、それが命やん。不良って根本的な事をわかってない人を云うねん、正しい道を行って欲しいし、八正道を絶対目指して欲しいんだ。
    「道草」…つまらない雑草
    そんなんばっかり食べんときやっ
    家帰ってハンバーグ食べや
    アタシも自分家でハンバーグ食べたい
    別れはいつも寂しいから、それ自体を決心したらまた会えるから
    寂しさも感じ取れば愛のように思うんだ。そうアタシが云ったとして意見がある時、でも、、ってところから何か支えて欲しいんだ。



    帰り道、シャリー君たちの道で、アタシにココロヒラケヨって云って来た。通信塾らしい。何か怪しい!と思っていたら、とうとう布団の上で「お菓子食べよー」ってグミ食べてた。アタシの布団が汚いのが理由らしい。めっちゃ上からやん、とか思ってたけどマジ会長やったからしょうがない。下らないことはさておき、、
    布団なんかにグミ一杯零されたら
    夜はあんまり起きてたらだらしないの!お肌がぶよぶよになるねん。それを引き締めるのにまた何かローション
    とかいって、体トロトロになっちゃうわん。
    怒りを抑えて我慢して、
    不良たちに云うた、「人間の汚れた高い精神よりも、マシュマロみたいなまっ白がすきなんだね。ビジュアルけい?子供でも産んだら。人生ワンギリ、泥ついたらリセット。他人に迷惑ぶっかけて毎日悪質商法してればいい。知らないさ。」

    カラオケでは、アイドルみたいだねって云われて、熱っぽくなってアタシはそういう歳でないでごわす!って云って張り手て鼻くそ根性爆発したら「ブス」って囁かれて抑えられてレイブされそうになった。ちょっと興奮した。

    私、仏界でねこぎつねだったの。っていうまぁまぁ強い精霊だったの。佛に「僕にはいらん。」と云われて。。
    でもその辺で飛んでたいなって思ってて。。
    この国で龍(せいしん)を研いでる。

    何や神秘のほうがテンション上がんねんから、何かはあきらめなあかんで。お前さんが人として神に対峙する存在として存続するなら。そうしなあかんで。あかんで。お前さんが人として神に対峙する存在として存続するなら。そうしなあかんで。

     

    続きはココ

    http://mico.o.oo7.jp/patio/patio.cgi?read=42&ukey=1

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 詩日記

    : 待作

    1万一千円するのって、高い?
    って、「私」の国は貧乏で100人の子供たちに恵まれて、
    難難苦苦、共働きをして
    夫にスカジャン買ってあげたい。私は
    「ギャザー・スリープ・プルオーバーがほしいんだよう!」
    「お前たち、何してるあるか」
    「あ、安全な人や、僕たちどうしたら一等星になれますか?」
    それにしても雑誌に載ってるひとって実はみんな可愛い。小さなマイバッグ「扱って」るし、
    相当賢いよなってつぶやいたら、こども僕がイモいのー!って泣いてしまって、自分が光だ蝶だと思っていたら、殺めるべし闇だったんだ。って、ニ年生になる。いつか、どの子も光なんだよって考えをして欲しい。燃えろよ燃えろ、闇に染まったら、洗濯する人もいるけど、その人の実家が池の沼べっちゃ、だったりして。それも個性、心配しないで、ほら、風になっている姿が一番運命的なのかな。泣く日もあるけど、その時喋りかけられても、わかんなくって、は?っていったらいったであとあと悪くて苦しくなってたら、朝が来て、出かけよーって子供ら起こしたら、素直に「おはようございます。」って云ってた。
    「マチサクさんー、マチサクさんー、いつも起こしてもらってごめんね、」ってゆわれて、輝いた気分で、明日を思い、友を思い今日を子供たちと過ごします。




    いつも何か言いたげな上の子かな、子育てって難しい、むかついてしまうわ。
    「おまえ」って言って急に相手に行為をするんじゃなくて、ちゃんと言葉で「むかついてしまうわ」と言わなきゃ、
    い け な い


    昨日も今日も去年も漫画ばっかり読んでたから太って、ダイエットしなきゃ。
    明日からとか、むりむりむり。
    今日は読書。
    文学っつったって遊べなきゃ長く続かないよね、ま、人間を学べるのだから心苦しくてもリアル感じる けど これが殺意とか悪さに発展する時があるから丸め込んで説得するとか考えてしまうな。
    本読む耐久力は崇高だぁ。つ、つ、つ、疲れるだけ、疲れて、全然読みたい本読まない子供たちにも本読んであげたいな


    襟付きスキッパーカットソー、を着ている人の髪型がお団子で可愛いな、どうにかしたくなるんだろうね、こんな自分は、嫌だな、あ、嫌、嫌ん、ってなる前に反省を嘘でもしてたら、何か良いよね
    はぁ?しずかっしずかっしずかっ
    しずかなとここわいよ、何か宇宙ステーションみたいにこわい、ぼく、ひとりぼっち、オハナ…
    私の こ えが聞こえる、
    私から聞けない下の句を、
    探してる
    ひとり、ひとりに
    もう一度戻りたいね
    恥を知ってるから、それなりに不幸だ
    それなりに出会いがあり、大切にして

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev April 2021年 next
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
RSS
k
k