揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 890,444
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 890,444
  • p

    Works 46
  • 次元的欲求

    2024/02/27

    動物と虫

    どのようにそうあろうとするのか、内部的客観性と思う。

     

    わたしは、身を削ぎ落としたのではなく身を研磨したら表現出来たこの様な性格の薄さである。薄さと言う厚みに、過去の自分。それらを纏めた。こう力を流しても良いと思う、半ば自尊といった自ら歩んだ道のりその足に力を込めるこの条件があり満たされるなら。それはほぼ無個性なのだが。

     

     

     

     

     

     

     

    半ば心に映る光が私に何かを言っていて何とか答えてみるのは自然だろう。

     

     

    供養欄

    https://hanagara.apage.jp/

     

     


    私は偶然をそこまで取り入れず、作り物に丈ていて、「天下の台所」と言う有名なほどの地に住んでいてここは、

     

    家を示し、道具の道を助け、表の一番美味しいご飯屋とは、殿がお撃ちになる大砲の煙と前面を覆う穏やかな夜の向こう、林の奥で火鉄を打つ静かな空想、この意味がわかると、

    ブライドそのものが受けて立つ命として、人は五分よりは二分三分から始める心も差し支えがない。心というよりは愛を呼びそれは、呼ぶ声よりも追い抜いて食える飯の、食べることも出来るお祈りなのだ。日本も街街で特産が違うのは見所だ、と言って叱っていたことが、前にあられるかもしれない。あられる、これが謙譲語。叱りは良く続いて、大事なのはあられる、とこれを言い切るのが謙譲語。だ( >д<)☆彡

     

    桃園とは私の生家だが、能も文楽好きで紅梅と云う桃の花から黒鉄が輸出される、これは強い川。これは、私の架空の文章だ。何と挫けても無事を祈ることなんだ。

     

     

    高飛車に転じて帝をいうくらいなら本当に要らないんやね!

     

     

    平和以上に幸せなことはない、とあんたが学ぶからなの。忍耐、堪え性。

     

     

    人が、私が、

     

     

    自由で足も速く、良くなるの。

     

     

    そう決めておくことは必要なのかも知れない。

     

     

    供養欄

    https://hanagara.apage.jp/

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 松竹梅、その梅の柄

    2024/02/27

    動物と虫

     

    神前、靈 に

     

    人と、言う時、その神の大きさを自に知らしめたい。

     

     

     

    人、と言っていた普段の言葉が、

     

     

     

    人がこれ程伸びるのだ、と図れる紐を作れるのが凄い。良さは面白いを価値に先において良さとし、それに向けていく藩は素晴らしい。

     

    霊といういつもの字に増して、目で確認した通りの、上の座り文字がある。目で確認した通りの座りの佇まいから、何かが学べるはずだ。やってみよう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    私が書き記すのは、

     

    その理由は、いつまでもその事を感じ耽り、愛し、思っている事が出来るように、心を焦がしていたい。その為である。その為だけに尽きる。

     

    いつも兄には何かを所有される、この身に存在する文句で、アッテルは忘却にはやっていない信頼を寡黙に表現していたのだ。精神上の無空間を作るには、兄の圧力を目にした後に、その互いの二つの威圧の気配を壁にしなんとかの力を応用する。互いの圧力を目印に自らの心が反発しバウンドするそのままの力を車が進む様にそのまま離れる方法。目は心だと言う。

     

     

     

    どうなりたいのだ?

     

     

     

    天からやけに聞こえる私を他者としての問いかけ。

     

     

    どうか今回最後までこれを読んで欲しい。

     

     

     

     

    蟲ーは、自分の国のひとだとか分け隔てなく、本当に遇是として悪くなってしまった人とは、しっかり繊細に分けている。

     

     

     

    こういうことで怒ってたんや、

     

     

    悲しみの表情を浮かべた兄は美しい表情の相で、

     

    なりになり帰りたまへ

     

     

     

     

     

    そんな言葉で安く良く微笑まれた。

     

     

     

     

     

    私はこういうところから引く者だ、こういう者だ、ああいう方からすると君は次男やでですよ、と示した次だ。身を包み込み駆けるように私は兄をまだ見つめているだろう。

     

     

     

     

     

     

    明かせない国がある。そういったことは結局アッテルから聞いていることは忘れていない。無料(タダ)で兄役をしてもらっていない、ここがポイントでごわす。

     

     

     

    情けなさとか、哀しさとか色んな精子がかかっている弟。かけられたのではなく、いつの間にかかかっていて、一人にされてしまった。

     

     

     

    と言うことだ。これは、「よろず屋」と言って虹創作というタイトルは国ではもう既に決まり切っていて、こう文性のあるものは元から構築してルードボーイをキメているのは、当たり前なのだ。

     

     

     

     

    こうした銀行員のような影はベニスの商人に出てくる。字を時々わすれてしまうのだが、なんとかという男は読めば判る。

     

     

     

     

    自分の面の自覚の要不要に関わらず、その身と気持ちの経験の唯一性から、何でも引き出せる。こういった教えの中に私はずっと身を置いている。わたしの背景にある巨大な何かを気にすると、大國、そう切り出して言うくらいの夢があり、国を國と書き、難字を立てる程のきっ風がある。私は解る。

     

     

    興味があったら、こういう理由でそうなっているんだと言うことを調べて欲しい。知って欲しい、知ると良い、、、興味があったら、良かったら、知ると良い…んじゃないか? くらいしか言えないのだ。

     

    何ともそう言い続けた民や陰徳と言って道は素晴らしいて知るばかりだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

    これはオオクニだが、こういっても、世の中との温度差があって、なかなか親しむのは難しかった。

     

     

     

    忘れた頃に誰かがやはり持っている。見れば見るほど考える神だ、と月明かりの元で、

     

     

     

    神の骨はこうも美しく、生きている、この無限の可能性、力、それを尊ぶばかりである。

     

     

     

     

    可能性と言う言葉が、可能と言う意味が「許されていますよ。」為る、上から目線の語なのだと思想書を読んで解るのだが、

     

     

     

     

    何が欲しいといっても、

     

     

     

    必ず上回る自分たちの行と

     

     

     

     

    行方(ゆきかた)について、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    自分も距離があるなら、

     

     

     

     

     

     

    勝手に好きに師と思ってていい。

     

     

     

     

     

     

    話し掛けにくい蟻の姿。

     

     

     

     

     

     

     

     

    整体師のにーちゃんが、オンとオフが大切だと言っていた。

     

     

    日々にしか、この時という時にいることが出来、耐えるものを養うことはない。自惚れないよう、名句を握って

     

     

    悩んで再び思い描く事の出来る笑顔を、総合して、

     

     

     

    今を真面目に生きることが大事、となった。この奥に何がいるのか知れないがそうして慎ましくよそを向きしたたかに生きる人もいるだろう。

     

     

     

     

     

    自分たちがどうしても自分の中で繋がらないように思えたモラル感にたいして、

     

    学ぶことさえ止める心に

     

    様々な光が差し込み、

     

     

    修行法がわかったのだ!

     

     

     

     

     

     


    「主な調査のなかでいつも不思議に思っていたのだが、神話寓話民間伝承なんでもかんでも伝えられてきた物語の文化のなかに、このような光自体が明確な偶像になった事実には未だ通じていないことである。

    「光」をキャラクターイラストにしようとする難題を掲げるのは、それが触れることが困難であるのにも関わらず、テレビの混色ノイズによって実に容易に視覚化しているからである。つまり目の前にご馳走を並べてあるのに決して手が届かない、この感覚はアニキャラに萌えたことがある人にはわかってもらえるのではないだろうか。



    光が現れる時のさまざまなエモーションが起こっており、また激しい脳波の振幅ではあるだろうが、それでも実態は見えてこず、っていうのは神々に伴った後光や、奇跡の瞬間に伴うまた後光、トランス内部での友人体感のときには光に包まれた不思議な舞台でまた、などど現れては神秘的なことでもその場の雰囲気を残していく。

    こうのような感じる光を、テレビ上で効果として撮影した光のカットを合成するれていくの光源と同列に見なされ見過ごされるのも近いだろう。私たちは非日常的な奇跡体験の数以上に、大量の発行する光源を見つめ続けている。」

     

    こういったものを読んだとき、解る部分、だけを切り取りカッティングし、リカイしている。風に負けない精神を、積む事では養えるということだ。はっはー!

     

    この記述の書き手は蟲ーだが、実際はある方が、発想しこう発言している。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    クッキーを制作するかの様に、大量の一袋のように支点にしている。さっき聞いた良いもの、それを簡易に差し込んだ組み立ての足がここから見える。究極のメニュー、極上の一品は聞いたことが、ほかに、一番の選択があることは知らなかった。一番とする決め手は、大表ではなく、普通の広がりになるように大きさを押さえている、あ間違えた抑えている、、え?、ああ押さえている? 押さえているそう。

    その事が強さになった。

     

     

     

    その言葉こそご当地でしか聞く事がない習わしの中で、

     

     

    内容は忘れてしまったがこうこうこうしたら良い、を光って言って記憶にも馴染む黒いばつ丸くん。

     

     

    こういった心配のもとで、こうした風回りを簡単にしたメディア化する文化を、

     

     

    決して嘗めてはいけないと解った。

     

     

     

     

    世間といった切りよく月、また華のあるその人が、こう、ある奴を疎外する様子を見て、

     

     

     

     

    確かさを表すことに、例えば、

     

     

     

    この世界は短く、小さい。そう問いかけられたと思って読む時、、

     

     

     

     

     

    この魔法の言葉は仏経典に書かれていたが、一人のものにしてはいけないんだなぁ、と今解る。

     

     

     

     

     

     

     

     

    飲み散らかしたアッテルが、

     

    そういう“花”を私はやっぱり愛してる。私はこのように老いてくたばるが、色々回るなか思いを聞いた後で、これだけは伝えたい、という

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    自分とは、ドラマチックで、

     

     

    街でも色んな街を歩き、

     

     

    こんなに美しいアドバンスが出来るように恵まれているを、感謝しなきゃ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    アッテルは地運と天運が両方あって、アウェイ、ホームあるが、地運の時は同じ重さで引っ掛けてあげよう。

     

     

     

    はな丸は、こんなに歯を見せ、笑いかけている。きっと海賊も笑う程、穏やかに天空がこうも身近にあるのだなぁ、と、

     

     

     

    実感に至る。

     

     

     

     

     

    そこには、教養の中から自分が思った通りの文性や、詩があって、

     

     

     

     

    この詩はまだ身が詰まらないが、様々な色彩感覚や、生きることの味を良いものを増やして行くんだろう。と思う。

     

     

     

    こういった幸せになる器の態度で自分自身を捗らせる為に、より影有る自分を求めるのだ。現実を求める空気の中に過ごす体にリズム感が既にある。たとえばこれを神、とこちらの古くは言っていた。

     

     

     

     

    愛妻食堂丸米。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    思金神は、思いかねてスサノオ、思わず猿田彦、

     

     

     

    思いがなければこう私を描くことは出来ない。

     

     

    基本に戻る。この生まで書いたところで、

     

     

    思いがなければ動けない。

     

     

     

     

    神はこれくらい身を詰めて聞く。

     

     

     

    思って兼ねて可愛さは健康。

     

     

     

     

    おもいかねより。言うたは猿田彦。

     

     

     

     

     

     

     

     

    インスピレーションになったのは、日本の神様カードという本である。

     

     

     

     

     

     

    こういうのが、神様だと思わずにいれない。太古からの絵画的文脈を伝った光自身の様相である。我々人にそのことを思い出させるに、神も疑っただろう。こうして今の表情をどんな表情をしているか、想像したら、

     

     

    やっと話すことが出来る、時間のさなか。許されている心の複雑さを、言葉は見つけられる限り羽を生やして存在している。林を縫って、私になって欲しい。

     

     

     

     

     

     

    好きなものを、素直に好きだと言う。そういう子から伝え、これは「本」だとそのままに教えて貰った。

     

     

     

     

    神、こういう強いものの監視に私を晒し、

     

     

     

    こういう強いものを監視に付ける私が、

     

     

     

     

    話すことではなく、配ることで、

     

     

    拡がって行くような、虫めがぬが

     

     

     

    私も欲しい。

     

     

     

     

     

     

     

     

    アマテラス、こんな言葉を聞くのも初めてだろう。こういう時こそ、「自分の!」と意気込みをかけ、かっ取って得て行くものだ。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • レスタミン的返答

    2024/02/25

    動物と虫

    現行の製作に溢れ出す絵具の感覚を持ち得る限り、何者からも隔絶されてあっても、いわゆる情報のジャンクフードを相殺し、事態を白紙に戻すことを許すことができるのである。この「時間を無にする」という宗教家の寝言が、リアルな触感としてキャンパスと一体になる「無時間」といえることは、死の観念やエロスに対して抱く異常な関心事に似て非なるものである。このエロスとタナトス(死の本能)といった相反する衝動の分析や芸術の解体運動とともに精神的病理の表現獲得、社会的背景などといった「時代を反映をしめすものである爛熟した西洋藝術」から離れていくうちに「内部体験などをした認識」による儀式的生活である東洋思想に及び、またさらに思想の分裂は進み、体系的な写実や言語構築からの脱構築を許容し異なる人や文化、地域などのあいだを旅する作家の両義的な視点を求める声が大きくなった。藝術や思想などのルールや言語コンテクストの意味伝達は近代市民のさまざまな生活様式にはステレオタイプ的にも不相応であり、それにもまして棚に上げて壇上だけが現場だとは言えなった近代では、時代の個人に表現を帰し事態を生き抜く力の痕跡が作品となりえたのだ。「リアルな触感」はダミアンやミシェクのように現代の高い科学技術でビジュアルイメージとコンセプトの足並みを揃えた名作のみならず、ポロックのドリッピングや郵便配達夫シュヴァルの宮殿、ぺったりとスタンプのようにはりついたようなリキテンシュタイン、なにもかもがごちゃ混ぜに結合してラウシェンバーグの混乱、といったものはわけのわからない行為は人生や哲学が混乱した形式として現実味を帯びる。何の感動や共感もなくともそれぞれの生き方においてはどの技法も密着したリアルな行為に読み解くことができるのである。どのようにして人が芸術というものに規定されたがるのかはわからないが、商用のデザインや、一度の印刷のみで役割を終えるプリントものなどを除いては作品は積極的な交渉のカードになり、人類の科学技術の財産と比べられることのできない個人の完全にオリジナルな財産となるのであれば、「芸術作品であるという通知」はより円滑にするための付加価値のステータスなのだろう。

    冒頭で先述したように何のポーズも構えず、たとえ真っ白な状態をニュートラルとしていたとしても、意味を伝達することが役割である言語の模倣を自らに課すことより、言いたいことは自分の作品が代弁してくれることを選んだということである。記録自体は忘却することを許してあげるように機能するとして、私は喉の奥底の方で鳴き、喉の奥の方で怒り、のどの奥の方で悲しむものがぽろりとこぼれおちるように定着してほしいと願ってばかりだ。絵具の感覚を持ち得たときに現実から徐々に目を逸がそれていき、「おもいついてしまった」という執念や体系的妄想などは意識的に抑制している。こうしたことを言説しなければならい弁護の筋肉がついてしまったことには痒い所である。

     

     

     

    大澤くんは蟲ーで、

     

    この書類は太閤の御絵なのよっ。

     

    時間を無にする事からあいまに無理矢理起こされていた地蔵尊には幽霊チケットという、保険よりかは負債という律を伴って形がある。光になるという。

     

    供養欄

    https://hanagara.apage.jp/

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 意識の返還

    2024/02/24

    動物と虫

    誤を含めて正だという人も、そういった純然な正のうちで、

     

     

    純粋な正を知ること、少し齧っておくことは凄く良いと思う。

     

     

     

    蟲という竹藪の中で修行をしてる。こういった所で、

     

     

    ただ透明に感じとる太陽や、

     

     

    そうでないもやもやとした日から、それを磨く。

     

     

     

    どちらの日もあると思う人から、

     

     

    佇む、根をどんどん詰めていく側は、

     

     

    一つそういう空気が通る、風があるんだ。と覚えて欲しい。

     

     

    どちらも、天に任せるという中ば新しい感覚を掴む頃、

     

     

    内部経験を伴うそうする「行動」の中で見離されないことの実感をして行ける尊い心と気持ちは忘れないと思う。

     

     

     

     

     

     

    心のお仏像。芸術はまだわからないが、そう哲学を考えていたらふと思うご本尊。

     

     

     

     

    バッドバツ丸くん。

     

     

     

     

     

     

    人の「悪化」を嫌がっている。天声を聞く。

     

     

    これは、グッド花丸くん。

     

      

     

     

    バツ丸くんに比べては何を考えてるかわからないが、

    一緒になって文句を言ってしまう、どうしても毛羽立つ自意識が、こうして分けるとすっぼり入ることを叶え、これからの自分とした目標のピン印になった。

     

     

     

    イラスト通りみるペンギンとアザラシの時、そっと寝像になって、立像の前を引く、この良さを得るのは大変だが愛情を学ぶという事を気付いた孤独は、氷でも落ちて溶けたかのような大自然を知る事に至る。

     

    色んな孤独の物語やキャラクターや心の描写に、隔たりの無い真っ平らな水平線を感じたのだ!

     

     

    今の歌謡曲でもそうだが、

     

    こういったクオリティーのイラストは、天霊から祈りの表現で出来ていて、

     

     

     

    好きなこと、良いことを思い描けるように

     

     

     

    楽しいこと! の想像を導ける。

     

     

     

     

     

    霊界とは、そもそも休む場所なのだ。

     

     

     

    思い出のなかの、人も大部が大切にしていたものがこんな風に甦ってくれて誠に嬉しい。

     

    その時、その時の心配りで絶体に世界が良くなる!自分自身を感じた時、外的なものを良くすることは出来ないからましにする!と闘魂を燃やしているこの先だ。

     

     

     

    今、私がいなければいけない。そう詰まりの表現をする責任あるアッテル方の元で、私は忘れてもしっかり思い出し、思う事が出来た。想像より上の時代と人を、心像のなか学習する事の自分以外に合わせて行く正しさってやつのその強靭、大切な固さを新たに捉える。表よりは実像の穏やかさなど、神道を通した働きなだ、そう言って携わる労働感を供養する。

     

     

    供養欄

    https://hanagara.apage.jp/

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 創意工夫2

    2024/02/22

    動物と虫

    蟲ーは、何か言い懲らしめても、応えがない。

     

     

     

    みにくいもの、に対峙するは、知恵の絞りどころ。人の方の意欲があって、

     

     

     

    蟲ーと関係せず成り立ってる、この内省や観察。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    三昧聖と言って、 気高くプライドを持ちその一系の継承、その地蔵の一報と文化興味、関心、その態度、考えにたいして普通でなければ因果とは着かない事である。

     

     

    心的理解と死生の世界観、哲学、こういったことから自ずと理解をする、世間体の有る人間性を言うこと。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    イメージが行かず、蟲のひじりをしていって退かしてようやく、こういうスサノオ、本道を、みえない思いを、

     

    わかった。

     

     

     

     

     

    法とルール、限界のあるなかでそれを守っていく心の刹那とこうした人間世間の緊張感に耐える心の育成。この道で、このようにあり自覚を試みるのは、

     

     

    単に怒ることや、闇雲に否定することではない、

     

     

    こうした自覚の責任や、自身の関連するこの中で、

     

    感情を抑えることも、その責任の限り必要。

     

     

     

     

    メディア文化のなか、自意識に埋め尽くされることから、

     

     

    信じれる見捨てられた神話的わたし、

     

     

     

     

    それをちゃんと考え、自意識の底から、もう一度得る意識的自意識、次元性の間に、一番強さや精神を学んだ。

     

     

     

     

    「気持ち」が、出来ることその現実以上に持つことの可能を知った。益々、大切にしようと思う。

     

     

    人は同じ始まりを望むより、その差異や、主体と主観、客観、この観音との一致から始まる無辺の強さ。

     

     

    眼の強さから、信じる「ぶ」を思う。生活、この仏道。

     

     

    →煙草は太陽信仰で、また美しさは既知である。大和にして朱雀という、擬宝珠の一種。

     

     

     

     

     

    そとゆく者を、外道、外衆(げす)、突くに、くせ者

     

    痛める者を、邪教、

     

     

     

    と言う広大な仏のスケール。

     

     

     

    限界のある事、壁の有るなら壁が有る、この中を踏み切るのことの内に精神向上という形を生ず。だから、正気とか普段の強靭さ、そうする太い心を基盤にする。用意するための用意、として、古典の馴染みや、

     

    考えとしては、見なすことと、街に暮らす面々とした自分の身の上と、時代のきせつ。

     

    自の一致にたいし、右手の自我と左手の自意識、客観性、最も大事なこれを合わせ、考える。

     

    白く輝く曇り空を前に、ただ練習をする日々は、豊かなことの発見をするだろう。祈りでも、字でも。

     

     

     

     

     

    現実面の誤差、ドラマ、そのズレこそ重ね襟だと言わんばかりに、街は客観性で溢れている。

     

     

     

    物から存在する奥行き、芸術的世界とこれらの理性の分別。

     

     

    心のブレーキ。

     

     

    合わされないものの存在が、そこに空白としてある。

     

     

     

    慎ましく、尚且つ言葉を諦めず執着する。考える。

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 創意工夫と怒り方

    2024/02/22

    動物と虫

    自分がやる気のある諸霊の供養にたいして、霊や元気が和合出来る自分の空気や胃が足りない、と言う状態。ぜったいによそ気のある他人の価値観が本当に嫌な音を立ていて、うつ病というよりはうつ病でしんどいところだが治したい。

     

     

    解ることは、自分から目一杯引き出せる、

     

     

     

    それは最大限の自身を望んで、理由もわからない面打ちを一生懸命取り組む、という理由だ。

     

     

    映画で観たヤクザが、はい、という唯一の愛想で、世話人の上司の話に返事をする薔薇の永遠と、

     

     

     

    虐げる現代人が、花摘みに持つときの花と、研磨の後に平面と他のノイズを真に超えた二次元、その実のある感動である。

     

     

     

     

    それに重ねる自分の胸の高揚が、嘘でも何でも、セカイ、内部セカイ、自分の心、イコール自分の成長とは。想像にたいして一番大きい、尚且つ自由な「顔」を求めて尽くすのだ。私はそれだけを二十かり毎日やってる人だ。

     

    私は文を書くのが本当に好きだ。

     

     

    「世界に誰がいた。」

     

    この様子を深く考えて欲しい。

     

     

     

    この心に有るのは、自意識、構造的自他の客観。

     

     

     

    せめて、それを重く捉える。悩む潔さは煩悩ではなく、我慢、忍耐と、信仰に繋がる詩学が出来る。

     

     

    詩学は、動くべきタイミングを教えてくれる。

     

     

     

    もっと整わないものを信じる生の強さや、その技術である。及び、このうちに技術という優れたものを内包させている仕組み、

     

     

    これらを学ぶ。

     

     

     

     

     

    武士道の、

     

     

     

     

    言葉の魔物に立ち向かい続ける事の出来る、決まった身体の姿勢。真っ直ぐ、物を見る。

     

     

    身体の姿勢は、真っ直ぐにたいして相違と差違の存在を見れる。

     

     

    柔軟、柔軟体操としてはこの、土着と身の地の空気に沿わす。

     

     

     

     

     

     

    気まずい世界の、ではこの輪郭を知りたいと思う。

     

     

     

     

    すなわち描き、捉える。

     

     

     

     

    絵画を制作するときは、

     

     

    ひとまずこの修練の前後段階の練習に

     

     

    私の理想なるを的確に写しとる表をより強く伸ばす為に、

     

     

     

     

     

    この模写では、写し取る行動は、

     

     

    イメージでひとりで書くよりかは、実際の物と睨めっこして、

     

     

     

     

    こうした抵抗のある態度に与えることを覚える。

     

     

     

     

    嬉しさでもなく、何ちゃないでも、

     

     

     

     

    イメージで描くよりも、

     

     

     

    仕上がりは、抵抗に携わった自分の感触と、

     

     

     

     

    そういった断突リアルがある。

     

     

     

     

     

    感動したことから描く。

     

     

     

    大まかに捉えてから、細分化する。

     

     

     

    こうしたものが、想像と言おう、そうして、妄想と隔たれ異なるのである。

     

     

     

     

     

    すぐに感じ取れる喜びではないけど、

     

    見えない喜びがある。

     

     

     

     

     

    相応するものを知るというか、自分の課題が解るというか。それを考えるきっかけは詰まってる。

     

     

     

     

    詰まってある。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    万華鏡のような光の心像、

     

     

    「これを、遊びと思えなければ。

     

     

     

    眼の開いた大人とは。」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    自分の天上に自分の天上がいらっしゃるから、

     

     

     

     

    相談を熱くしてみる。

     

     

     

     

    自分の心、客観性、自意識を、

     

     

     

     

     

    なるべく持ったままで、きっと「こうできないかな?」

     

     

     

     

     

    とかすかに聞こえるのを、

     

     

     

     

     

    普段、少し考えてみる。

     

     

     

     

     

    自分の手がいつでも取れるようなテレパシーは霊的に高度で、

     

     

    こういった文明論は、

     

     

     

     

     

    心に留まること、その精神的強さ、これらがなくあっても今は降ろせないものとなってるだろう。

     

     

     

     

     

     

    すなわち、天岩に籠りっきりの私仙人は、たまに光の渦に降ろされ

     

     

     

     

    何かを言い伝える!

     

     

     

     

    激しく詮索をしなくても良いから、気配と言う長所や特技こそを、

     

     

     

    心経、般若心経、その言葉そのままに自身に厳しくして、

     

     

     

    感じ取ることの出来る元気な世界!

     

     

     

     

     

    神のお願い事に、人は畏怖のような過ちが多いと言い、

     

     

     

     

     

    希望、を言わないそうだ。

     

     

     

     

     

     

    自身の希望を捉えるは、手の中を開ける、心をカラにするとは、

     

     

     

    それを頑張るその為で、物をただ見易く澄ませているのだった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    リアルを求める世の中で、

     

     

     

     

    自分が市役所や、区役所に赴くことと、

     

     

    買い物をする時の内観出来る想像の方が、

     

     

     

    自分に色彩感覚や、色んなものをくれた。

     

     

     

    一つ、辛すぎることとその悲しみは、そのものに対してリアルを求めたが、

     

     

     

     

    実に感触としてそうしたことを考えて、捉えられるものに対して

     

     

     

     

    は儚かった。

     

     

     

     

     

    世の中何も揃うなかの日の絶対的、この面に対して認知をふたたびすると平行に、自己成長のくだりにはじめて美学を抱いてからは、

     

     

     

     

    世代世の、知っておいて欲しいこと、

     

     

    存在する物語、

     

     

     

    としても、つらいこととは儚かった。

     

     

     

     

     

    肩幅に存在して良い、その世界観で、前方に自分の歩くを進行する一点突破を、

     

     

     

    前後、左右の確認、この意識そのものを太陽にする。自己以上の理解を省く、

     

     

     

    これを清まりと言って、

     

     

     

     

     

    長の神仏に挨拶をすることである。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    神ガカリではいけないし、神疲れは、神をみる。複雑な星空の心を衣類に型押ししたり、ポケットにしまったり、

     

     

     

     

     

    過去がなければ、今はない、と、

     

     

     

     

     

     

    膨大な量の趣旨選択をこなす生活では、

     

     

     

    街(もり)は色彩感覚を楽しんでいる。かつて師範代のサバイバルをメタに挟み、

     

     

     

    平和な海を当然、今日もすごしている。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    水に身を包んだままでも良いから、人を覚える。

     

     

    本道を言葉に戻す為に。

     

     

     

     

     

     

     

     

    口の開いたうすい壺ののように腐敗した精神は、

     

     

    村社会の、怒(いか)った「蛙神」だった。

     

     

    西洋神話のツアトゥグァに、記述がある。

     

     

    此の魔物をば天より誘い出せし術を知りたれど、極めて邪悪なる物故、未だ召喚せし事無し。魔物を捕え、幽閉せし術も知りたれど、元に帰らしめん術は知らず。

     

     

     

     

     

     

    ここまで連れてくれる、タニグクと言う蛙の警官は、水を浴びると元に戻った。

     

     

     

    悪くてテンパっていたので、私が怖くても親蛙がいたので、怒らないであげた。

     

     

     

     

     

     

    何がとも、こうした思考の為の想像する神をツクヨミと言う。

     

     

     

     

    三種の神器が口伝にあるが、今こうして神器と言い、これを「献上」するのは現代にたいして明るくなる今この時代である。

     

     

     

     

    神の献上とは、心にやや思うことで、詞(祈り)を導くその意味である。

     

     

    神語自体の難読といった性格をそのままに触らせる。

     

     

     

     

    のんびり、ゆるりと解れば良い。先を思うことだ。

     

     

     

    その秘密は、実生活のいつも残したピーマンや、孤独にある。

     

     

     

    緩和出来る記憶力の定着をさせ、

     

     

     

     

    すべて睡眠と瞑想を深めて行く。

     

     

     

     

     

    人生は、蟲ー以外の、人生のやり直しと、リベンジを精一杯引っ張って与える事が、いつも重大に想っていることだ。

     

     

    本質とうらはらなもの、それを考えて行く人生には、同一性や腰の座りが見れ、

     

     

    テーマや道を遠ざける事がなく、考えていける優しさは、本当に嬉しい。

     

     

    自身の性格で、対面するこの孤独にたいしても、凛々しく思う主体のゆとりが、悟り、即ち木々にある。

     

     

     

     

     

     

     

    良いものの為の時間を下さい!

     

     

     

     

     

     

     

     

    過去がなければ今はない、と友達が言っていた。

     

     

     

    最低を知らなければ最高はない、は、戦前の強い有名な言葉。

     

     

     

     

     

     

    苦難の中で、受難出来る自分を彫る。こうする冒険の上達、笑うことと、休むこと。

     

     

     

     

    こうすると、現代社会、その課題に心が鳴って、一旦、家路に帰るのだった。

     

     

     

     

     

    そう言って、強い寂しさや、個を、もっと感じれた小学生の自分は、今どんな傷も柔らかく受ける。その抵抗や摩擦にたいして、前向きに思って来た自分や、鞄の重さ、その日数は、この器に幸せと現在見る景色を通してくれた実感より。だから、もっと無欲に、日々思うことを全てにあっさり帰されるべき。すると、良い所から光を見る知恵や教えを徐々に授かり、得る事を知るのだ。

     

     

     

     

    関係も、会話も、

     

     

    度すべきところに従えば、

     

     

     

    こう口頭にし、言って臨めば、何も嫌なことをしないのだ。必ず身体性を抱え、苦難のなかで受難出来る自分を彫る。

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 砕いて蟲を考え進める方向

    2024/02/21

    蟲ー

    「弱小」が何か? 蟲と自分を比べたとき、

     

     

    自分はこうしない、

     

     

    そうじゃない、

     

     

    実存的であるが一つ分別出来たらば、変わるだろう。

     

     

     

     

    その客観的視点が入るまで、少し悩み考えなければいけない。

     

     

     

    おまけ、更に、下界とした外観を見出だせるには、その成功、それに達する終始を人の一貫に持てるとは、そこに蟲が関係しないことをしっかり見ること。

    蟲が、曖昧な良くなる明日と助けの中で、その距離を見れば実際には繋がっていないこと、よく見れば切れていること。

     

     

     

    蟲というには、

     

     

    仏教経典のように、○を何か付けて終わらせなければいけない。

     

    そして、それを覚えることで判らなければ。

     

     

     

    進むためには。

     

     

     

     

    辛い思い、悲しい気持ち、○はこれをよく考え、書き残し、起こった事の総合した地図を作る。

     

     

    どうか見えないこの気持ちを括り、はじめて荷が軽くなることを知って欲しい。

     

     

     

     

     

     

     

     

    祈りの方法。内容追加。

    https://creatorsbank.com/yohaku/diary/?category=116365

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 重複すること

    私の元ルーツが神職のほうで、巫子ではない。

     

    祓いを心に込める責任が霊(ミガキ)にあり、易になりやすい。

     

     

     

     

     

    祈りの文化も、

     

     

    既存の文性を少し崩して、元に戻ろうとする。

     

    洋服がかえって古代日本に近い。

     

     

    北は栄えたくない、と言う。柄のないスタイルがある。アテルイの向こうにある。

     

     

    島は南から始まる。都は心の奥、中心から始まる。

     

     

    輿は、北から近くの東京の首飛びの墓、「これを覚えろ。」と言った侍の話しに繋がって、ヤマトタケルへの大國主の国譲りをふたたび思える。

     

     

    土が凍りついた後の、極東や、自ら冥界からの、不思議さや神のリカイや空の相槌、地の粗筋、蔓延る苦にたいしての理性、継いでそれに告ぐ客観的態度、この実践、生きる正しさや悟りの争奪、この円滑。

     

    これらはいつでも心もとない、透明感があるが、祈りは日に込められ、仰ぐといつでもわかる。

     

     

    手を“実際に”日に翳す、この感謝や感じ取り方は、今までは判らなかった。

     

     

     

     

     

     

     

     

    実際よくわからないものへの干渉や、

     

     

    責任って

    あり得ない。

     

    良いことなら良いが、悪いことはそれ程に覚えて持ち帰ってはいけない。

     

    本来、休むところ。

     

    増して、そのうえ等に社会など作ってはいけない。

     

     

    心の仏界は、気楽を示している。

     

    神はたのしさを描く。

     

     

    自分は人と同じ人間で、はっきり生きてなくてはいけないが、「綱」を携え持っているのだ。

     

     

    間の光にたいして、普段穏やかな人や諸々の気に集まりがある、苦しみを原因とする苦集滅道と言う。その苦、蟲(ム)ーであるが、人があたらない、という意味のオオクニの言葉。

     

    人の首と、八、このこういう図の似た大きさの、見分けを出来ない。何の因果もなく、平等に勝手にこう落ちるものがある。マイナスがあるという初めて踏み切る存在。

     

    神と鬼を人の良い隙に良い角に入れ換えた、獣と言い伝えられるもの。

     

    蟲ーの捉え方と完全な外観について (笑;)

     

     

    蟲ー(カテゴリ)より

    https://creatorsbank.com/yohaku/diary/?category=131493

     

     

     

    文を書いて祈る、生活をして供養する、これらには厚みが、人間には厚みが必ずあり、

     

     

    そこかしこにおる蟲ーは、肉眼があって覗いていると電波でいうが、そんなことはないので、騙されないで欲しい。

     

     

     

    全貌を明らかにするのも風と時間と自分の生命。

     

     

     

    間違えた人は、どうか感覚をあらえますよう、自らよりも長にわけを話し気を戻しますよう。

     

     

    私の果敢さを勇気に変えて向かわれますよう。スマホやコンピューターは、生活文化には曇りが有るが、文明にたいしてはとても吉。

     

    こうした種だねの分別が、道を切り開くこと!

     

     

     

    私の責任は、諸(モロ)が、人が、導き通りに進みますようにと願い込んでやまない事。

     

     

     

     

    たいせつは、

     

    心像、仏像が見えても、影には影があり、もっと大きな光や仏像はあるのだ。

     

    風が風で運び、

     

    人が気を高めて、その徒歩で降ろせた大霊と言い、実際のいまの現実界の実在を気にすることはない。

     

     

    長の神仏に任せて、一度聞きではないことが、理解の進歩にあるから、

     

    昨日とは違うのだぞ、と言うこと。

     

     

     

    自分たちに世代や後輩も、にわかにいるんだと自分は解っていて、

     

     

    前方や前が、こっちだぞ。

     

     

     

     

    こどもたちを言うとき焚べる時にどうか?、

     

     

    子どもの時は親には自分のことを我慢して欲しくなかったことの多くあり、こどもがもっと人なんて考えなかった、それを見分け、大人が光を浴びる時を、諦めさせなくても良い、

     

     

    と、智や手の影を考えるのだ。

     

     

     

     

     

    総じて、

     

     

    ゆっくり理解すれば良い、という事に、

     

     

     

    重点の注意、起こしやすい失敗や過ちに、自分ひとりが人を強行しなくて良い、

     

     

     

    勝手を破れないことに膝を折る事。

     

     

     

     

     

     

    と言う事だ。

     

     

     

     

     

     

     

    それらのことや人自身を解る、この曖昧なあたかも雲間から射し込む光の筋、こういう天光を、

     

     

     

    リカイ、といって、解脱とした仏教典から言われるのだ。

     

     

     

    速やかに、潔くその仏心を成就させよ。抱いた仏心を叶えよ、

     

     

     

     

     

     

     

    こう言う名文をそう思い、

     

     

    その間、他は他として、心配を起こさなくても良いんだからね。

     

     

    必要な声かけも祈りである。

     

     

    天上のなにか存在(仏及び天子)が、滞りのない所から、回れる法輪により、手間と深い平等があり、

     

     

     

    自知を深める、自分(人間)ってこう思うんだ、等、

     

     

     

     

    修行一人、仏一日に成らず。今日もよろしくお願いします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    心配事を可笑しく生んでも、間にしてるのは、悪いことに線引くくらいの強さで叩かれるように覚えさそうと、無意味なんやん。人は美しいでその時間を済ますし、

     

    心の奥深く入って自己を探求することもある。

     

    一瞬に出て佇んでおかなあかん。誰か上にゆわれて、俺私守ってくれるか選んでくれるか、じゃない。

     

    そこはずっと見てる。仲間も友達も平等で

    、そこに贔屓はないねん。私たちには贔屓ない、厳しい方を選ぶと良い。

     

    人間の話し。

     

    だから味方を言うなら、何かをわっと探す前に落ち着いて死んだようにぼーっとしていて欲しかってん。寧ろ、自分に執着する中で、心に起こった事に観察と執着をする中で、

    どんどん、本来の自身の運を取り返して、

    だからその際全然自分(わたし)とか忘れてくれていて良いねん。

     

    そういう、人が人との意思の一致が何とも光になって誰かやあなたの目に、何かを言ってるねん。それが言葉やねん。空っぽのとき受け取れる事の出来るこの大きなものに対して、こういう風に戻る、とかならあると思う。

     

     

    精神界で見つける私が、知らぬ存ぜぬの竹薮に埋もれて、この奥に静かに見つめて修行している、と思ってくれへん?

     

     

    生活上、靡いてはいけない。気掛かりや、

    以上の注意もいらない。良いことだけがなければならない。

     

    人の休む場所やねん。

     

     

     

    実に、「仏さん」はゆうれいで近しくないのにく押さえたり追ったりしたらあかん、

     

    時の運や、運や。

     

    そういう生き方をしなあかん。

     

     

     

     

     

     

    歴史の天皇の言葉が能、狂言のどこかにあった。

     

    短冊を祈りにしてそう重んじるべきこと、物の言い付けだ。また見つけて欲しい。

     

     

     

     

     

     

    Kyogen: The Humor of Frailty & Tolerance [EN/ES/FR/HU/ID/PT/RU/簡中/繁中/JP】

     

     

    能はひたすら身体に従るから、心身にわかりやすい。文化か街にシフトし、風の立つ日である。ややこしくなる事にも道理があり、笑う、という動作を適える。

    めでたいし、有難い。

     

     

     

     

     

     

    その短冊一部(夏、笹に飾ってお願い事をする紙)

     

    YouTubeで拝見出来る。

     

     

    大國主大神 ookuninushi no Okami

     

    ずっと真夜中で良いのに

     

    何やってもうまくいかない

     

    不動明王~大丈夫 No.2 hudo myo o 

     

    刀ピークリスマス

     

    ヤリ捨てポイ

     

    爆笑

     

    G4L ヒロアカ ホークス

     

    ア/ン/チ/ジ/ョ/ー/カ/ー

     

    死神

     

    闇auハンバーグ

     

    ぎんぎらぎん

     

    狼煙

     

    アフレコ 赤紙をちゃんと断る非国民

     

    侍が歌うKING

     

    EVA3.0 33ED桜流し

     

    1018p もすかう

     

    Top20 andertele meme

     

    おにさんこちら welcome onisan Pelu

     

     

    Temporaryあびばのんのん

     

     

     

     

     

    善さはどことも変わらねど、土地感、土着性から、堕天(真逆の天)や、じとっとした雨や湿気、暗いままの夜、複雑な並木通り、この良さがわかって嬉しい。内向きの社会、をあらわれる照る華(外に向きたい)にたいして村といった客観性、ないし思想のこども。いずれもRough(ラフ)と言う非常に良い姿勢。

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 最低限

    2024/02/20

    動物と虫

    実際よくわからないものへの干渉や、

    責任ってあり得ない、

    良いことなら良いが、悪いことはそれ程に覚えて持ち帰ってはいけない。

     

     

    心の仏界は、気楽を示している。

     

    神はたのしさを描く。

     

     

    心配事を可笑しく生んでも、間にしてるのは、悪いことに線引くくらいの強さで叩かれるように覚えさそうと、無意味なんやん。人は美しいでその時間を済ますし、

     

    心の奥深く入って自己を探求することもある。

     

    一瞬に出て佇んでおかなあかん。誰か上にゆわれて、俺私守ってくれるか選んでくれるか、じゃない。

     

    そこはずっと見てる。仲間も友達も平等で

    、そこに贔屓はないねん。私たちには贔屓ない、厳しい方を選ぶと良い。

     

    人間の話し。

     

    だから味方を言うなら、何かをわっと探す前に落ち着いて死んだようにぼーっとしていて欲しかってん。寧ろ、自分に執着する中で、心に起こった事に観察と執着をする中で、

    どんどん、本来の自身の運を取り返して、

    だからその際全然自分(わたし)とか忘れてくれていて良いねん。

     

    そういう、人が人との意思の一致が何とも光になって誰かやあなたの目に、何かを言ってるねん。それが言葉やねん。空っぽのとき受け取れる事の出来るこの大きなものに対して、こういう風に戻る、とかならあると思う。

     

     

    精神界で見つける私が、知らぬ存ぜぬの竹薮に埋もれて、この奥に静かに見つめて修行している、と思ってくれへん?

     

     

    生活上、靡いてはいけない。気掛かりや、

    以上の注意もいらない。良いことだけがなければならない。

     

    人の休む場所やねん。

     

     

     

    実に、「仏さん」はゆうれいで近しくないのにく押さえたり追ったりしたらあかん、

     

    時の運や、運や。

     

    そういう生き方をしなあかん。

     

     

     

     

     

     

    歴史の天皇の言葉が能、狂言のどこかにあった。

     

    短冊を祈りにしてそう重んじるべきこと、物の言い付けだ。また見つけて欲しい。

     

     

     

     

     

     

    Kyogen: The Humor of Frailty & Tolerance [EN/ES/FR/HU/ID/PT/RU/簡中/繁中/JP】

     

     

    能はひたすら身体に従るから、心身にわかりやすい。文化か街にシフトし、風の立つ日である。ややこしくなる事にも道理があり、笑う、という動作を適える。

    めでたいし、有難い。

     

     

     

     

     

     

    その短冊一部(夏、笹に飾ってお願い事をする紙)

     

    YouTubeで拝見出来る。

     

     

    大國主大神 ookuninushi no Okami

     

    ずっと真夜中で良いのに

     

    何やってもうまくいかない

     

    不動明王~大丈夫 No.2 hudo myo o 

     

    刀ピークリスマス

     

    ヤリ捨てポイ

     

    G4L ヒロアカ ホークス

     

    ア/ン/チ/ジ/ョ/ー/カ/ー

     

    死神

     

    闇auハンバーグ

     

    ぎんぎらぎん

     

    狼煙

     

    アフレコ 赤紙をちゃんと断る非国民

     

    侍が歌うKING

     

    EVA3.0 33ED桜流し

     

    1018p もすかう

     

    Top20 andertele meme

     

    おにさんこちら welcome onisan Pelu

     

     

    Temporaryあびばのんのん

     

     

     

     

     

     

     

    実際よくわからないものへの干渉や、

    責任ってあり得ない、

    良いことなら良いが、悪いことはそれ程に覚えて持ち帰ってはいけない。

     

     

    心の仏界は、気楽を示している。

     

    神はたのしさを描く。

     

     

    心配事を可笑しく生んでも、間にしてるのは、悪いことに線引くくらいの強さで叩かれるように覚えさそうと、無意味なんやん。人は美しいでその時間を済ますし、

     

    心の奥深く入って自己を探求することもある。

     

    一瞬に出て佇んでおかなあかん。誰か上にゆわれて、俺私守ってくれるか選んでくれるか、じゃない。

     

    そこはずっと見てる。仲間も友達も平等で

    、そこに贔屓はないねん。私たちには贔屓ない、厳しい方を選ぶと良い。

     

    人間の話し。

     

    だから味方を言うなら、何かをわっと探す前に落ち着いて死んだようにぼーっとしていて欲しかってん。寧ろ、自分に執着する中で、心に起こった事に観察と執着をする中で、

    どんどん、本来の自身の運を取り返して、

    だからその際全然自分(わたし)とか忘れてくれていて良いねん。

     

    そういう、人が人との意思の一致が何とも光になって誰かやあなたの目に、何かを言ってるねん。それが言葉やねん。空っぽのとき受け取れる事の出来るこの大きなものに対して、こういう風に戻る、とかならあると思う。

     

     

    精神界で見つける私が、知らぬ存ぜぬの竹薮に埋もれて、この奥に静かに見つめて修行している、と思ってくれへん?

     

     

    生活上、靡いてはいけない。気掛かりや、

    以上の注意もいらない。良いことだけがなければならない。

     

    人の休む場所やねん。

     

     

     

    実に、「仏さん」はゆうれいで近しくないのにく押さえたり追ったりしたらあかん、

     

    時の運や、運や。

     

    そういう生き方をしなあかん。

     

     

     

     

     

     

    歴史の天皇の言葉が能、狂言のどこかにあった。

     

    短冊を祈りにしてそう重んじるべきこと、物の言い付けだ。また見つけて欲しい。

     

     

     

     

     

     

    Kyogen: The Humor of Frailty & Tolerance [EN/ES/FR/HU/ID/PT/RU/簡中/繁中/JP】

     

     

    能はひたすら身体に従るから、心身にわかりやすい。文化か街にシフトし、風の立つ日である。ややこしくなる事にも道理があり、笑う、という動作を適える。

    めでたいし、有難い。

     

     

     

     

     

     

    その短冊一部(夏、笹に飾ってお願い事をする紙)

     

    YouTubeで拝見出来る。

     

     

    大國主大神 ookuninushi no Okami

     

    ずっと真夜中で良いのに

     

    何やってもうまくいかない

     

    Childays 

     

    不動明王~大丈夫 No.2 hudo myo o 

     

    刀ピークリスマス

     

    ヤリ捨てポイ

     

    G4L ヒロアカ ホークス

     

    ア/ン/チ/ジ/ョ/ー/カ/ー

     

    死神

     

    闇auハンバーグ

     

    ぎんぎらぎん

     

    狼煙

     

    アフレコ 赤紙をちゃんと断る非国民

     

    侍が歌うKING

     

    EVA3.0 33ED桜流し

     

    1018p もすかう

     

    Top20 andertele meme

     

    おにさんこちら welcome onisan Pelu

     

     

    Temporaryあびばのんのん

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 終わること

    2024/02/18

    動物と虫

    南無妙法蓮華経

     

     

     

     

    天に任せます、心と法と、花や緑の尊敬。

     

     

     

    妙は、何と「妙だな。」をそのままに読む。

     

    人々の面白さ、を意味する。

     

     

     

     

    昨日、向かったクラブでレゲエセレクターが

     

     

    「どんなとこで、どんなときに、どこでいつ出会っても、

     

    いつでも仲間を愛してる

     

     

    辛い!

     

     

    辛いからこそ見えて来るものがある。辛いからこそそこに見えて来るものがある!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    戦時中のひとの大きな髭でも、猛勉強の達成を意味することを知った。

     

    2等兵が一般で、

     

    1等兵が、ちょっと悪かったりするが左派などがあり、

     

    その上が、もっと頑張りたい人だった、

     

     

    みな綺麗な洋服だった。

     

     

     

    この時の、既の纏まった色々な考えがある中で、

     

     

    本当に身近で、身の回り、思うこと、感じることを信じて、

     

    そう闘えること。

     

     

     

    二十代に思ったかしこさや強さより、人はもっと強くなる。

     

     

     

    こういったことを伝えたかったんじゃないかな、

     

     

    偉さと高さは、相異なって、

     

    あたたかい人間になる、それを考える、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    呪いは、術を始める時に天道にあって、その場を使い借りるのだから、術者にたいして予め掛かる対価が凄い大変なのだ。

     

    呪いをしても、数倍で跳ね返ると言うが何故跳ね返るのかは、伝達として分解され特定するからだ。天に見つけられた時、天に何に困ってるか話せれば天となり、

     

     

    痛み患部、その上部や天辺を見れば、本当にその術といった事物の好きな大霊がわんさかいて、

     

     

    自分の心を言えば、どうにかしてもらえる。

     

     

    根本(術者)が、弱小、ネガーで、呪術さえはいくらやりたくても我慢している人も多くいる。

     

    「弱小」が何か? 蟲と自分を比べたとき、

     

     

    自分はこうしない、

     

     

    そうじゃない、

     

     

    実存的であるが一つ分別出来たらば、変わるだろう。

     

     

     

     

    その客観的視点が入るまで、少し悩み考えなければいけない。

     

     

     

    おまけ、更に、下界とした外観を見出だせるには、その成功、それに達する終始を人の一貫に持てるとは、そこに蟲が関係しないことをしっかり見ること。

    蟲が、曖昧な良くなる明日と助けの中で、その距離を見れば実際には繋がっていないこと、よく見れば切れていること。

     

     

     

    蟲というには、

     

     

    仏教経典のように、○を何か付けて終わらせなければいけない。

     

    そして、それを覚えることで判らなければ。

     

     

     

    進むためには。

     

     

     

     

    辛い思い、悲しい気持ち、○はこれをよく考え、書き残し、起こった事の総合した地図を作る。

     

     

    どうか見えないこの気持ちを括り、はじめて荷が軽くなることを知って欲しい。

     

     

     

     

     

     

     

     

    祈りの方法。内容追加。

    https://creatorsbank.com/yohaku/diary/?category=116365

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev February 2024年 next
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
RSS
k
k