揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 295,700
  • p

    Works 46
  • 天の知識を得る

    公家は公家だからいいんだ

     

     

    しもべじゃないんだ

     

     

     

    なるほど、と深く思ったりしながら愛を知識する

     

     

     

    妥協はあるから、

     

     

    今までの自分が良かったから、聞かされているんだ

     

     

     

     

    今までの私、これまでの私 をやめたら、駄目だ。

     

     

     

     

    あと、文句があるのに会話に心残りがあって、じゃあ何で関わらされたのだろう、とわだかまりを持つことも、生活のうちだと思う。その理解や、自己解決、を何も変わらずにしていることがむしろ愛だと思う。

     

     

     

     

    凝視出来ないものが、誰にでもある。

     

    そのもとで、だから心を大事に出来る。

     

    私は、天地がセットだとか、ここまで心髄をシンプル化出来て居ない。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • ちゃんと悩んでみること。

    悩む事

    祀り関連で警察署に何度か相談に行ってます。


    電話でも、すぐにして、心を落ち着かせています。


    何事もどこでも相手が何を言ってるのか、聞いてあげること。


    心の中、心の会話、


    人との出会い、ちゃんと縁で繋がっているのだから、


    警察でも「俺は心をだいじにしたい!ものちゃうんや!」


    と言う人がいて、ぼんやりしてても「わかった!」で良いと思うのね、


    それは「わからん!」って言い切るから、自分でも自分を怒って来て、


    心ってこんなに正直で、だ、とかは分かってほしい。


    俺は話したい、と云うなら、相手が話したくないこともあることを、


    理解しないといけない。


    心の中、心の会話、心の内側までは見えないけれども、


    結果、「場所までだ」と「あなた自身」が解るなら、


    学びしかないと知るんじゃないかな。





    何か月もよく悩んで、悩み続けて、一冊どころのノートじゃなくて、


    出た答えがこうだから、整うことの出来た諸仏に対峙することが出来るはじめての「自分の質問」になる。


    誰でも出来る。

     

     

     

     

     

     

     

    信じること

    数年前は、精神に傷があって膿んでて、傷みを避けていたのだけど、


    何の自覚もなくて、


    こう思うんだけど、これが良い、ということを信じていた。


    人にたいするまえに自分で、それはレベルなんか言ってなくて、


    何をするの? ってところだ。


    自信があるひとは必ず恐くないし、



    考えの端と端が正しければ、真ん中がわかる。



    死ぬとか云うなら、本当に死ぬんなら黙ればいい。

     

     

     

     

     

    心は、養うというものではなく、養ってきたものを見せるだけだ。

     

     

     

    養ってきたものが映るだけだ。

     

     

     

    これからも養うしかないくらい、欲が遠ざかるのだから、

     

     

     

    人も生活も確保しなくては。

     

     

     

    今話すことで、解りましたありがとう。笑、、、

     

     

     

     

     

     

    嫌なら嫌もあって、仕方がない、その上での互いの縁こそ、とを 思うときがある   から、

     

     

    和がある。

     

     

     

     

     

     

     

    聞かされていない理由がちゃんとあったり、ずっこけのお笑いとか、「それくらい」こそ信じる。

     

     

    星空の輝きがまずあんなに複雑なんだ。最初からシンプルを求めるなんて間違ってる!

     

     

     

    複雑さが洗練されていくうちにああなったんだ、追いつかない天だとしても、希望をみる人がいてもいいじゃないか。

     

     

     

     

     

     

    存在するまでの一連に、釈迦と言われるものの経典の妙味があるから、

     

     

    心を奪われ過ぎないように、空っぽになってはならなくて、

     

     

    創価学会の様に心を奪われ過ぎないように、銀だ、とかお国とか言うのか。

     

     

     

     

     

     

     

    ノウボウ アキャシャ オン アリキャラマリボリ そわか

     

     

    ノー、棒あらそい、 ま、 複雑やけど 和

     

     

     

     

     

    知恵の輪が出来る神様です。

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k