揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 402,096
  • p

    Works 45

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 402,096
  • p

    Works 45
  • 後悔するのですか?しかし私はダイアリーにいます。ありがとうございます。

    そんなような「言葉」。何かを守る力。話があるのならちゃんと私に気軽に言葉を話してください。

     

    伯父に子供のことを相談して纏めたら、

     

    ひとつ返事で聞きます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    海外行った方がいいなら行きまする。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • ポリス、何でもするので彼の方向を助けて下さい作品を追加しました

    相談もしましたが声が出ませんでした。

     

     

    かれに鬼にでもなりたい気持ちです。仏道って今後どのように行けば「良い」のですか。ポリス助けて下さい。


    リップヴァンウィンクルの花嫁、と云う邦画のトレイラーに映った猫の形が、美しいと思う。日のように自分にぼんやり残って居る。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • Vintage

    コンビニから家に帰って、インスタントコーヒーを飲む、

     

    暖房は風物詩、少し楽しむ。

     

    チラシを少し読み、纏めて捨てる。

     

    人からの視線に相槌をうつ、

     

    心の恥ずかしい思いからは、互いに目を逸らす。

     

     

    部屋に花の飾りがある、百均の模型だ。それが菊だが、暗い気持ちの一切なく、

     

     

    もしそれが言葉としてあるものであろうと、

     

     

    天の聞くのは心だから、大丈夫だよ、と云う。

     

     

     

     

     

     

     

     

    これは、説明はしないが本当に普通のことだという偉い後ろ立てもあって、

     

     

     

     

    ひじりのみかどの強い納得があって、(谷六の家が高津宮)

     

     

     

     

     

    自分という「者」は、柱を重きと、心のままでしていれば、

     

     

     

     

     

    何とも複雑と思う、

     

     

     

    やり抜かなければ、という気持ちに溢れて居る。

     

     

     

     

     

     

    他人を納得させるような人格にならなくても、人と心が対峙している、このままの自分の気持ちが役立つことを知っている。

     

     

     

    成長を止めずに、とよく顔に何も貼り付けないことを感じていたりする。

     

     

     

     

    よそは、民族性の為だ、とか。

     

     

     

    私の恥じらいは私の運命を抱げて、その上に捨て身やったんやで! という自身のある種のある間の成功にたいして強い興奮を今もしている。

     

     

     

     

     

    男はひとつのことをする生き物のらしいが、

     

    女はあれをやりながら、これをする、といったながらのことの出来る、家中の身である、

     

     

    そのぶん、無いような外の「くに」にして、優しさにはおろかだが、低所にあることに見つめるものが沢山ある。身のほどを知るから透明だ。

     

     

     

    無視しても良い事、その場その場があって良い事、その実に自然な、つまりもっと頭を働かせることの出来る自然さ。それだけに寄り添うと、コミュニケーションが出来る。

     

     

     

    散る花に憧憬することも歳として早く、咲く花として生を受けたのだから、苦しんで固まる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 星座占い

    星占いで有名なのは、太陽星座の12星座。

     

     

     

    太陽というからには、自分自身がプラスの方向にその生活をライフを行ってないと、見えてこないし、当たらない。

     

     

     

     

     

    プラスとは、見えない自分の内部の光だ。何かポジティブになる、それを維持できる筋肉だ。

     

     

     

     

     

     

    何故か四月からスタートするのは何でだったっけ?

     

     

     

     

    牡羊座は、感性

     

     

    牡牛座は、感覚

     

     

     

    双子座 判断

     

     

    蟹座 感情

     

     

    獅子座 意思

     

     

     

    乙女座 理性

     

     

    天秤座 思考

     

     

    蠍座 洞察

     

     

     

    山羊座 人間関係

     

     

    射手座 知性

     

     

    水瓶座 論理

     

     

     

    魚座 精神

     

     

     

     

     

     

     

     

    これは、特長としてなにを優れているかである。書いてるだけでも神秘的で美しい感じがする。

     

     

     

    春の若い感じの星座から、冬の星座にかけて精神となってる、人が塩梅よくいれるのは、だいたい早生まれで、

     

     

     

    刺激的なんが、春のほう。

     

     

     

    私は牡牛座で、牡羊座の「感性」の影になっていて、似ているから映えさせることもできず、おさなく小さく思われる憤りとたたかっていた。

     

     

     

     

    どうしたら、この苦しみから離脱することが出来るのか?

     

     

     

    太陽に聞くしかない!

     

     

     

     

     

     

    岩波ジュニア新書のギリシャ神話も読まなきゃ!

     

     

     

     

     

     

    このジュニア新書というのが、中学生向けでわかりやすく教授も読むという。

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 男神

    2022/01/11

    神様の話

    生玉神社の「男祭り」では、

     

     

    男が顔に髭を書き、鼻に爪楊枝を誂え、踊って、女子供を笑わせる。

     

     

    男のポイントは、

     

     

    劣っている

     

    和やかで

     

    美しい

     

     

     

     

    「私」に、こんな基本の動きが有るのを忘れている長らく、

     

     

    何か優れたロボットにしかアイデンテティを発見出来なかった。着物も、服というよりは、「お着物」から、どうしても抜け出せない。

     

     

     

     

    「心」がでは何か、heartではなく、ハートは何だったのか、理解にとてつもない時間がいる。

     

     

     

    形の無いものでは決して無いし、自信が無いのに「I」からコミュニケーションを取る等出来ない

     

     

     

     

     

    そんな「怒り」で満ちている。

     

     

     

    中国は一人一人で、人は皆万人だ、共に国を。そんな巨大なテーマを臨む。

     

     

     

    寂しいといわれるが、意見や問と質問を持つことを、自分が耳を貸すことに踏み込んで、

     

     

     

    こちらも相手に倒れ込む、そこで「答え」を必ず頂ける、この方法を知ってみなくてはわからない、と思う。

     

     

     

     

    イザナキとイザナミで「キミ」と云う。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    以前、ここで福岡の女が、すごい厚い化粧を施して、

     

     

    厳かに構えた。

     

     

     

     

    三つのポイントは既に勘でしている。

     

     

     


     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k