揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 852,378
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 852,378
  • p

    Works 46
  • 欲は欲に返す

     

    今、話の主題であり聞いている神仏の囁き。

     

    悪い人や悪い人が撒く自身の輪郭そのもの。

     

    それは、何か感化もなく、感情もない。自分にたいする影響を見てみてもよわい。著しくは、自分だけで自己の見直しを問題あった際、完了していた。

     

     

    そとがわで書かれる悪い人の輪郭、それも悪い人がゆえ欲張りにも広範囲で姿勢、観賞、視点の邪魔をする。

     

     

    一銭にもならない。選んだ「物」に実存的に所有者がいて、それが、その悪い人の広範囲を、遥かに凌ぐ広範囲を持っているとしたら、

    選んだ袋が小さいならまだ良く、それどころじゃない

     

    価値ゼロの何がやばい、良くないと言えば、幸せとか稼ぐとか夢とか精神のプラス面にたいして負は現実性を持たない。故に無心でもない、無など芸術の始まり、こういった高度なものからはひたすら遠く位置する。

     

     

    一銭もならへん価格が平壌された状態があるとする。なにか神や方法によって感じ取れる感覚がどっこいになって、

    蟲の道を挽回できると経済のゆたかとか選ぶとする、自分の方に人を破った人、テキトーなひと、を束に集める。

     

    仕組み、こういったスゴいこと、や、努力の集積。

     

    しかし、

     

    傾く人よりそれをただ見ている人や警察呼ぶ人の方が良い人なのだ。この意味が判るだろうか。

     

    助けてほしいわけでもない、優しくしてほしい、冷たくしないで、色々あるだろう。ご縁を養う、は、五円という口元の増化を基本とする。負が、自分の身からひとりで存在を薄く平たくしている。ご縁によれば、消化されてそれっきりだ。

    何色もしないだろう。

     

     

     

    「悪」という字を五円硬貨に思う。これが金色である意味を法するなら、「私のご縁にお前が触ると固めるぞ。」と、唱える。こちらが何もしなくても「金」には真っ先に逃げ込むのが蟲だか、憎しみを憎しみ(菩薩仏と同じくして。)、憎しみを起こさないことを目的としている。

     

    蟲の目的が金ばかりだ。

     

    対照的に観賞者が黄金を見るには、苦いを苦いとし、辛いことがまた来ることを防ぐ。明日を生きるポテンシャルがなければ超越的境界そのものの光は、辛く当たるだろう。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 立つことと、歩くこと

    あなたは神に遊ばれている。と言われると

     

     

     

    プライドが摩擦される。

     

     

    摩擦、という喜びに認める心がある。

     

     

    軽やかさがある。

     

     

     

    安易に傷付いたと言う。安易に生きた人の体に何かを置きかける。

     

    自分を神代だ、とは、神代も思わない。人は感じ取れる心が少ない、

     

     

    自分は闇だ、と名乗る人も同じ。

     

     

    そう呼称するのは光を意味するもので、そう認知出来なかったのだ。含め考え照らす方から言うと「闇でもない、非人」となる。

     

     

    私は神と遊んでいる人だ。

     

     

     

    憧れているなら自覚の力があり、憧れているだけのうちに、間違って犯罪などをしたら闇に見つかる。それは、決まって決定的だった。菩薩や神、果かりしれず境涯を現す心がある。

    心の菩薩を実際見た時、こういったとき受ける感触を闇と言う、したがってそこに神がいる。そこに(ム)蟲ーが同時にいることが多い。とても未知だが自分に可能性(純粋な可不可にたいしての言葉)はある。想像している人間の自分がいて、想像が成り立つのだから、想像出来る宇宙人が対象としても形を伴って存在しても、自分をその突拍子もなく特別な宇宙人と思い何かを破る事は「ない、非人」なのだと思う。

    のめり込んでは、気が弱い。そういった者の現実像が、こうわかったら、どんな大きな肉を付けて見えても、揺れもしない実像が「視える」。視力が、

    自分のたった一つの展開によりある。心も善意もかなり小さい実像を感じる自分とは、自尊の自覚があり、厚みがあり、さい

    分別式が解った。

     

     

    「動かなくなった心」が町を歩いていても見つかる。山と道、工場、これらがあり柵で道が塞がれる。柵横幅三メートル。一つだけ外すことで、

     

    悪いことを考える感覚、道自体が動いている自然と側にいる気持ち、

     

    このような心に光を当てて、柔らかい心身を、子供も大人も育ってほしい。建物自体自然とするなら、スクナビコというまた神が、地球のことを教えてくれる。

     

     

     

     

     

     

     

    剣道は自分自身を当たらせるのを一度に何度も練習する。当たって痛い、痛くない、これくらいだ、と言う安心を体得する。

     

     

     

    単純な動き、自分の体を動かすこと、を繰り返し、

     

     

     

     

    記憶に高められることが出来る。

     

     

    剣道が心だと言われたのは二次派生的大切な言葉として、単純な動きを繰り返すことに、そこに重さがあり、見る目がある、と言われる。

     

     

     

    天も、「座する」を心して勉強されている。

    目がおかしくなって退散、今現在は、光が「視力」にたいしてスポットが当てている。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev December 2023年 next
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
RSS
k
k