揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 852,387
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 852,387
  • p

    Works 46
  • 霊視

     

     

    もとからあった霊感が、成長と共に視る事を始め、その研磨がそのまま大きくなった。

    自分は気ままだが、異変異物に気付いたら拝んであげた。神社にも祈った。好きだった霊感を全く忘れ何の理解も全くなく暗かった。同時に精神科にかかり必ず分からないがあとから別々にある事だと知った。最初に幽霊を見たが、練習していると後に「光」が見えた。

     

    幾ら念力であたかも時間が続いてるよと思い込んでも、心には跳ね返って、現実に存在しない。感覚でなにも養えず厳しい理解世界、惑星があなたを照らす。成長してこう思うと当たり前だと考える。(ム)蟲ーが弱いのと、自分が惑星が好きだから。本来の使い方は、安心した時にしか出来ない。霊だから互いが透けている為だ。優しさなどが安心である筈はなく、「あなた」が鍵になる。

    清くなり罰より神を卸すことだと思う。綺麗さと清さが異なり、目を眼、視力、元々自分の成長により「仏眼」に起因する現象だから、目なんて開けていられない。

     

    格高く、霊を見ている。霊視に挑戦している。

     

    霊は見えるが幽霊は見えない。前を大切にする分、出過ぎたものはここには消える。何か知らないが、破ってはならない線からはみ出たとして神仏に相談する。

     

     

    光が起こる場合、抽象的な理解と、事実理解の、この割れない一本でする。

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 般若心経

     

    霊感があれば「霊視」とステップアップするようだ。

     

    靱猿と言う言葉は、良い壷と悪いやつの見分けがつくまい、という。だから、専門用語だと思っていた。

     

    これを、良い壷と悪いもの、と書いたらどうだろう?判りやすくなる。

     

    霊視は、靱猿の出来ることが前提だ。靱猿は、能の演目だが、能は元から霊感。つまり、能は字が読めて、人を聞けて、初めて観れるからお高く良く、同時に目線も平行であるから拒絶がない。花が、そういう修行。そろりと歩く。壷を知り、猿を引っ掻いて、最後に靱猿、と言う靱も猿も「あれもこれも」の了解を背中にする。

     

    優しくする分、道の方向を指せる。

     

    細さが巨大だが、もうちょっと小振りだったと思う。如来には種類がある。菩薩に上下がある。

     

    戻すが、それが神の大きさ。

     

    小さなものを一つ足す、増やすことが題(タイトル)の秘密かもしれない。

     

    題を得る。

     

    何かを少し足すこと、工夫(クフ)。「成長」はこんなに強い実感を得るのだと驚愕している。縦字に横文字で夢が膨らみ、手延べの形だと思うほど膨張をもう少し自分自身で見たい。「想像」が成長しているのだった。やはり、「父」が激しく出迎えている。前に想像が嫌いだと仰ったのだ。行き違いを空に見る。父だと解るが、私はまだ父を知らない。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 能面

    天祇(あまぎ)の天中、韓国の名のある神が、

     

    魂的に君は「難読」に興味があったのでは。

     

     

    と言語を授けて下さった。

     

     

     

    身を粉にしても、勉強で文殊を知っていていつも踏みしめている文殊の石畳。それは六角形で透き通る様に白く、中に輝く石が夕日にきらきらし、涙を流しながら心の疲れは飛んでいた。街が、何を持たなくても読める本だと気付いた。文殊は菩薩だ。読書は、どこの街風景でも出来るが、文化が思っているよりも豊富に敷かれていて、比較が枠取りになる場合もあるだろう。その時に、ああ、ここはこういう文化なのか、こういう神や霊がいらっしゃるんだ、と神仏との対話を諦めなければ身に付く。

     

     

     

    何も理解の出来ない感性から、死を夢にしても、お能があり、顔を持つとひたすら続くと知る花道は一つであり多岐なのである。

     

     

     

     

    私はだから、苦しいことも簡単なのだ。問題は、やはり、苦しみではなく神だ。自分が対話する以上話してくれる。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 平和一心

    平和を考えた時、自分は自分の自然体が大事。これは遂げる。

     

     

    (ム)蟲ーがいて、それを後から聞く半(ム)ーがいて、奉献と書かれた石像の下、

    頑張った

    後から、袋閉じのような形で(ム)蟲ーが入ってる。

     

    自分も神のおおもとを得たのだ。「霊格」が人につく、力がつくと言う意味。

     

     

     

     

    このつくが、付くなのに、自己外を表す付着とかぶる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    (ム)蟲ーや、悪いやつのガイコツ音が響いた時、困惑するのは、辛いことを忘れているから。 

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 言葉が戻る

    成長は、小さい時の自分からではなく全体性を思った自分から始めているのではないか、と思う時がある。哲学をしなければ答えにならない。こう思うと哲学は、誰かと考える、と言う意味かもしれないと思う。

     

     

    日本には哲学がない、と母に言うと祖が出てきて、ずっとやってたで!と怒っていた。

     

     

     

     

    私は今、神秘的な勉強中。

     

     

     

    良さ悪さを視るを修行している。それだけを叩き込む毎日を影でしていたのは本当。

     

     

    因果因縁を絡めた神を感じても、目は半目に閉じる。

     

     

    憧れの真っ只中、そんな仙人界岩からは、

     

     

     

     

    自分の脳を移動させる、ならともかく、

     

    そいつは、いくら脳をよそに出して、肉欲で遠くからでも遥々見つかっているのを人をよそにまず眺める。

     

     

    脳を粗末にしている。

     

     

     

    そもそもそれを見る修行が、技術を名乗る為に最もふさわしい形。とは、私は知らない。その様子を見た人が、合わなければ、知識として小さく置いておく。これは、私はわかる。

     

     

    粗末にしている、日本語。

    crude、英語。

     

     

    粗末、だけでは対象に

    届かないが、英語ではこんなに小さく

    している、という動詞が一つになっている。

     

     

     

     

    脳を粗末にしているやつ、

     

     

    こういったやつを上から映す宿りの私で、何かの霊感で映ることがあり、私をそいつと思っても、感じが合わず、時空が先に違ってすぐに剥離するから私は平然と上手くいっている、と感じる。修正力が地球にあり、映らないと思うが、私は精神上すこぶる健やかで、すぐに悪いことや老廃ものなどは失せている。感情の消化力が猛烈に高く、暗所でオタク活動をする事が趣味、そこから出た覚えは寧ろ一度もなく、趣味は人には言えないでいる。

     

    昨日、オオクニが映した私は、良い私。願う。

     

     

    付着するもの、肉体の重さに浮き上がるもの、波長が合わないのだ。わかっているのに混同させ、私をそいつと同一視する目は決まって力がないから何を以っても言うことがない。次元上すぐに剥離するからだ。悪いことを肯定する人は弱いからだ。まして精神上という。

     

     

     

     

    同じ人で、同じ重さの時は噛み合うだろうけど、精神などに肉体から襲いかかってるようなやつがいくら何を持っててものを投げても次の瞬間無効化されるのが普通で、聞きの良い人が絡まっても形状は直るから心配ない。老廃は、身体の代謝を高めたり、悪いと思うことを何とか諦めたりしないと自分自身に溜まるから、沈んで行くから放っておくのだ。そう生きる真っ当な努力の中、何か力が集まって、事故や騒動の原因に辿りつくまでが遅かった。「過信」と神は言っていた。

     

     

    悪いと察知するそいつたちの行く道、いつも良いと感じる私の道、は違う。浮くことを雲の様に自意識的に感じれるような余裕のある人はいて、余裕という間を挟んだ感覚は「心境」だろう。浮かべずしつこい悪霊がいても時間なんて合わさってない事がわかる。地球にすらいないかもしれないやつの言うことを、観察という取り組みもせず感覚的にわけもわからず聞くから、おじけていると私は捕らえる。

     

     

     

     

    良いことをしても神に出会わなければいけない。それを起こすような愛情が地柄的になく、それを愛していて、騒動もあった。どんな向上心を与えてもやる気のなかった人を遥かから感じ取り、しかも想像が出来たのだ。それはわりと自分が一緒に考えたかった人々と同時に思えるのである。

     

    気になるのは、理解してて精神上であれこれ心配するなら、意識を戻し、他人の強さに文句を言っているより帰って自分の精神を特訓するのが、いつもしていたじゃないか。離れても信じれる他人が安心する変わらない自分。この切り替えしと繰り返しはいつもしていたのだ。光は、人が祈る限り神の都合でくるくる回る。任せよう。

     

     

    いつもそうではなくその時だけで、あとは綺麗に忘れて生活をしている。

     

     

     

    それが早いように自然に触れていることが良く、高ぶると自分でないから執着が沸く、しかし、

    高ぶるがしっかりと目的に帰結するから空が見える。高ぶるが、その人の物でしかも自覚している私は、善が上にちゃんとある。

     

     

    逃げ合うかもしれない所を執着という言葉に纏めた高僧に感謝。

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • あれとこれとを下手でも分けている

    精神上の仕事を大きく整理する。

     

     

     

    ツータイプ

    ①別れる別れないじゃない

    ②離れてるから離す

     

     

    山吹色と青色くらい形に差のあるこれらだけを毎日考えている。あんまり見えることではないが、霊視出来ないと。

     

     

     

     

     

    ほか、くろいものは仏に渡す。

     

     

     

    この行いの前提としてまず祈り、怯えても神に目を合わせつつ空に勢いよく投げても人間には想像出来ないが必死に取りに行かれていると思う。辛抱して悪いことを諦める過程で、神仏に謝るとその絵に奥行が見える。「謝」は何か。感謝も、神的にはただ感じる心と言って、何もしない為に必要な、人間の時間だ。

     

    この時間に、削ぎ落とす、もっとと言って増やすおばん、くっ付ける、そんなものを止めるやつがいなかったと、怒っていた。

     

     

     

     

    醜美もあらへん。感じる時間が、気持ち悪い無駄な時間に潰れて行く。地球っぽくない、まして自然観を前提にする「何か」を目指す事とは変わり違い過ぎる。

     

    人は当然何かしたいが、それなりに我慢して光を得ている。人体があっても脳のみで完成するなら仕方がないはない。テストもあらへん。目にこそ付くことはないが両極端なおばんは精神的に肉欲しく自分の夢を得ないからそいつの希望は省かれている。夢が「絶望」とそいつが言っても、そう気取りある生のものではなく、絶望する自分、これが希望だからだ。鏡を離す自分なんて想像は皆目見当がつかないだろう。人類でも初めて説明した。

     

    脳のみで完成する、いつかそうしたい、素敵だ、そう精神的な理想を得る人とも違う。

     

     

     

    鏡から自分が解脱するのに何年もかかるから、私は付着せずに解脱をして宿る。一段階上だ。付着している人とは高レベやむずかしいものから始めるし、多いものと聞いただけで剥離する。余裕がある。

     

    知らないひとを怒らないし、知らないひとにつく嘘もない。これが愛情の川である!

     

     

     

     

    正気に戻った時、人生をこれだけで明かせることが、数えるといくらでもある。数えることで目に見えてそのまま見渡すと「本腰」になる。普通は執着も忘れる。おはようの時間は人それぞれ。たとえ必要な明示が止められ遅れても、そこに神は必ずいる。

     

     

     

    いくら思い込みをしていても、神的には弱い肉欲に思いを見るような目はないからだ。時空、つまり肉体が重なること、精神が重なること、は現に起こらない。私は、現は手に霊が映ることをやって行きたい。

     

     

     

     

     

     

     

    何の辛みもなく、手足も動かすことなく脳などでひたすら自分が優しくしたいは自惚れの他なく、私とは立ち位置が全く異なって理由的に優しくする人とは関係性は今後も生じず、

     

    まず、自他を間違えるようなやつは二十からは見ない。

     

     

    そいつに優しくされても今まで何の良い影響もなく、

     

     

     

    (ム)蟲ーの引いた線をケチに自分のものと思って使うやつも、(ム)蟲ー側が長い為に心ははっきり距離が生じ、地球にいても出会うことはない。

     

     

    そもそもそいつは私を見る力が途方にないのでは。神なんてもっと無理。

     

     

    そいつの引っ張ってる私自身が、そんな犯罪をはっきりしたことも、二十から自他を間違えたこともないからだ。

     

     

     

    そいつは、(ム)蟲ーのしたことを私のせいにするが、責任っぽく言うけどお前が肉体的にそう思う限り肉体的な(ム)蟲ーとはそいつのもので、責任とはそんな単純なことから離脱した精神上の言葉だ。更に、私に出会ったこともよしもないそいつの(ム)蟲ーが粘着質だ。悪い意味での。私は見分けない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 自分か神か分からない人にそれを分けてあげる。

     

     

    ここに書くが、自分か神か分からない人がいる。それに分けてあげる。と言ったら、研ぎが甘く進めるか、辛いままで人々に考えさせるか、速さと、考えるを、悩んだ神がここにもある。

     

    いっぴつで、自分か神かわからない人にそれを分けてあげる。こう言ったら、文明に店が建ち、「街」が芽生え、人の面に対応するをして来た人々の成果を感じる。悩みが洗練していて透明になり、早くなった。

     

     

    「戻る」と言う字はあり、この見通しによってやはり、客観性が大事だと全体を通している。

     

    客観視を強くしていた。

     

     

     

    人と人を繋ぐに大事な事を騒動で失ってる。

     

    オオヤマビコは、自分を木を養い土を大事にする。キノカグツチ、と名乗られ、この間の名前と実際の名前にある理解の大事さを持っている。

     

    今、閉じ込めている(ム)蟲ーは、現に騒動だがオオヤマビコは「タタリ」と思っていたから、勘違いをした人も大丈夫。

     

     

    成長が大事だ。神を、「誰だろう?」そう人が思っているのはご存じだろう。

     

     

    一番上に書いた、

     

    感情と理性の水切りをして、感情に沿うような理性を選択する。その力をこの神の所で磨いた。一つ一つに重い悩みがあるが

     

    情が芽生えてしまう、も抜きにして含めて私の技術の監修をしてくれたこの神。感謝。

     

     

     

    辛い、苦しいと思ってる時に人を理解する。

     

     

    オオクニが死の神の時、

     

    「あんなヤツ」が何かをすると解るその力は私にはない。しかし、「私」が必要だ、と解る所に人々はこんがらがった。

     

    理性力。オオクニの理性が正しいのか人々に理性があるからオオクニが立つのか、人の私は今はわからない。この所、「人の私」を神に「する」人は神じゃない。では、人の私を「見る」ことは人を神にする人は不可能。人が関係性を含んでそう書く場合、人が人と同値を持つから、その人のその時発する「言葉」主語が神なら「人でなくなる。」、関係性を含むが神の前提で、関係しなくなった「それ」は価値を意味する値からは抜ける。人でなくなる、の意味を指している人である私は、今、関係性と言う神を含む。言語を持ち、この時「人でなくなる」をもつ何かはいない、となる。言葉が元々、達成という性格を持つからだ。光、闇、この二つは言葉であり、「人でなくなる」を闇とも呼称はするが、言葉を持つ人が「人でなくなるそれ」に対して何かを決定しても良い、

     

    存在しない。

     

     

    と、自がはじめて成功させる。これを仏と言い、現実の型がなく芸術に昇華され、これを保持する事を伝える。

     

     

     

     

     

     

     

    自分が神か人か分からない人に言ってあげるのは苦しいが、それをやっていく。「人でなくなる」人でない何かではなく、人に、私はあなたが辛いと話したその上で「やって行こうよ」を言える、この為に重力や抵抗も、言葉がある。

     

     

     

     

     

    タケル系の人は「前に一定」と言え持つ神から、その力強い才能がある。名前を別する神がいて、人のそれぞれがそこの才能どまりで、芽を養い、自己成長に関して、「誰ですか?」と曖昧に人に伝えるが、それを神に聞いて自分を広げる。

    タケハヤがここにいた。

     

     

     

    感情が心と離れず、伴わせる力を養えば困難や愛は育てる事が可能。ここに仏道の意味がある。

     

     

     

    私はスサノオの激しい力で負傷。癒す時間を。大丈夫かな?と不安になる事も人に出てくる。

     

     

     

     

     

     

    メッセージ

    「そんなに傷つけていないのを関心して素直に離れてもらえたら、これは人と人がそんなには知り合いじゃないから。安心は、「知れ」とは言っていないと聞こえるから。聞こえるか?を問う「声聞世界」は茶道に親しい。仏道の派生を神から。

     

    隣に華道があり、仏道の道行きが各違う。私は、茶道と華道を同時にする事の理屈までは解らない。

     

     

     

    「迷いがあっても」

    神の前で答えがブレる。答えたら次はこうなろう。迷いを解決する自分。

     

     

     

     

     

     

    大事なのは、白比べが「皆」と言う言葉に進化した。漢字になった。

     

     

     

     

     

     

    アマテラスの前で、「新しく話せる言語」を作りたい。

     

     

     

     

     

     

     

    山、という字を持つ神を二柱見ている。オオヤマツミノカミとオオヤマクイノカミ。オオヤマクイノカミは控えている。格のある山と格のない山があるが、人にはわからない。人間にはわからない、人間を人と言うか人間と言うか、念が立つ、言葉が立つ、ここが為に怖れる。この怖れは解らない故に立つ。

    見ないことをいくら説明してイメージを伝えても理解に到達しない。「見る」とは目だけでないからだ。

     

     

    自分を知る嬉しい感情と、理解の喜び、この二つは重なるが違う。

     

    約束が互いを指すのに、それに気付けない。だから偶然を適用します。

     

     

    そう言う時必然は生まれ、「偶然」よりも優先されます。

     

    互いに異なる議題があり、理性を打ち出す。

     

    健康じゃないと山に登れない。

     

     

    本当はそうじゃないのに、こう思って仮に動く事はあるが、

     

    そうじゃないのに、かもしれないで動く人は壁がない。それだけで良い。母でも人で、神にそういう霊なら動かしてあげて欲しいと願う。

     

     

    一緒にいる必要はないと理解をしたところで、更に、動きを取り戻すには壁が要る。

     

     

     

    本当への道は思いが必要。スサノオは思いの神。

     

     

    だから、関わりがなくても理解を打ち出す。これが、理性を打ち出す事で早くなった。

    思いの理性は困難だ。

     

     

     

    思い違いがあり、挽回するのに「芽」を育てている。この理性を神に課せ、スサノオに言うと、オオクニに伝わる。

     

     

     

     

     

     

     

    オオクニが、オオヤマビコをとっくにはとうに知っていることも解るのに、

     

     

    私は自分の切り上げどころも知ってるのに、悔しい。

     

     

     

     

     

     

    守護霊は魂が別だとよく解る。生きてるを捉え、肉体の死生、二つ理解があってそのまま二つと数え元論とする理解は、死生観を失う。死んでも生きても「解らないけれども解ることは魂に関わり、関わる限り

    責任(いちにん→菩薩)を見つける。

    見える大きさによって、位などの中に違いを映すのは、理解を嫌いは嫌いで理解を終えることに損はないが、理解を止めたら理解の課題が終了しない。論題が、神の場合。約束は、理解してしまった自分の責任で、約束が出来なかった辛くはないだろう。憧れた先人の言葉だが、私はこの色々ある狭間で「心」を信じるしかなくなってきた時代から来ました。諸霊も、心に光る物があったらどうぞお許し下さい。守護にはっきり話しかけているのは、霊的な成長をしている最中という証。感じ取れること、が光そのものとして実際の死からは私は遠い。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    カナヤマビコを理解出来ない男性神と私は思うが、ここで男性神とあり同時に思い出すのが女神として、「存在」の確かは女神が「ひめ」と表記され、「ひめる」と言う言葉は、人間無性の事だから。身体性は、無垢なその客観と意思であるがツクヨミの奥にそのナキサワメノカミイザナミがいる。客観性が正されると、人の二者間における有性というエラーは消え、土も土でしっかり陸に向かって歩こうとするだろう。今、地球の霊を視ている。「視」はその間いちいち努力を起こす結果であり光と名付く。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev December 2023年 next
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
RSS
k
k