淑白

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 41,373
  • p

    Works 35

淑白

m
r

淑白

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 41,373
  • p

    Works 35
  • 戦争が起きる時



    「俺は何もかもかもわかる」と思う気になるのが、大学で学問をし出した20代の頃であるが、働いている年配や老人は、何もを諦めたとして、大切なものを忘却したとして、何かボケて見えるのである。
    老人と付き合えば、棘のある言葉の躱し方や、「俺」とした会話を考えている態度など、見ていると舐めれないと知る。





    親子の憤りももともとは魂が敵同士で有り、揉み合う中で、親は親で、子を家から追い出すように遺伝子的に思い、海へ出る。
    会社でも、ショップでも、人を疎ましがらず、水にかかると思い、手足を動かしてもっと泳げるように、

    海へ行く。
    そして、自分の中に弾力をつける。





    「しね、キモい、バカ」人を罵倒するのに叶った言葉を、大和言葉とするには、本当に傷ついた時に決死になり口にすればいい。

    上品でもないのに繊細そうに、しょんぼりして、素直になれないし、粗い目の言葉にはすっぽりハマる。書物に埋もれて死んでしまう。


    子供が大学生になったとき、必ず戦争を考える、必死に生きたいし、虚無を抱え月に行きたいとさえ云う。
    「お前はリアルを知らない」等、云って私は教えの手伝いをしたい。
    リアルとは、戦争でも刹那に生きる事でも何でもなく、綺麗になりたい、心でも身なりでも、そういう自分に対峙し、衣食住を継続する。
    恐怖になりたい時だってあるし、
    賢くなりたいのに、やり方がわからない。


    問題は、西洋文化、戦争ですっかり忘れてしまったのだが、

    聖お兄さんを見ててもおわかりのように

    「天使」と「仏」では高度が違うが、まるまる神国だった古代から聖徳太子の仏教以来、今は、天使になりたい思想が加えられ、まろやかになった。しかし、時代は忙しくテンパって、まず祖母の代は苦労を教えなくなり、
    現代すっかり優しくなってしまった。
    甘すぎる気がする。
    リアルとは何か?私達も子から学びたい。

    たたかいに胸が熱くなったりすることもある。せやけど、そんな高いもんを望まれても、困るのである。





    夢も希望も詩の理解も叶える。その為だけに、苦を苦としたり、哀しい時には泣き、嬉しい時に笑う。
    八正道が深まるものだとしらなかったし、やってみたことがない人も多い。
    味覚や五感などを、深めて、人間が人間になると、何かと良いこともある。良い客観性を持たなければ、自信なんてすぐ崩れる。


    思想の模倣に留まって、「ロック」出来ているのかが心配だ。
    「エミネム」や「ヒップホップ」「レゲエ」など、良いものを私たちは、聴いてきたが、
    何度つきつけられても良いのは精神である。
    エミネムの素晴らしさをどう祖父母や親と共有できるか? 

    あるべき墓に入り、
    あるべき星になり、







     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 私の義憤


    何でも、悩む時夢か現実か、ではなく、夢とか夢じゃない、ではなく、
    虚構は、想像しているのか妄想しているのか。

    フランス映画や漫画など妄想が規格を持って「相」となったりもする。
    妄想は、自己内の空想や、相手に近付く前の非現実や。
    「あなた」の輪郭を描くために、
    このもやもやを消去して行くには、対面する。対面とは、「自己自身である心臓と、精神が一つになる状態」つまり、「質問」をちゃんと出来、自分で消費出来る人。
    文筆なども、ここで伸びて行く。

    虚構は、このように相手に近付きゆっくりリアルな感触の線を紙にくり抜いて行く。

    シーレなどを憧れたのは、この理由だ。



    義憤している。

    人と比べるなと云うが、此の時と云う此の時、他と比較を為(す)る。
    指を数えて、
    霊性の広がりを感じる。性は、自分よりも更なる逢瀬だ。

    星の生まれる途中、芸術は、
    苦悩からとうに放たれて居る。







     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k