淑白

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 41,332
  • p

    Works 35

淑白

m
r

淑白

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 41,332
  • p

    Works 35
  • 我を通す

    自分の意見ちゃうやん

    ほんまは自分の意見かもしらん

    意見が書いていて、俺と俺で言い合ったりする

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 昨日のこと

    大澤悠さんの美しい文章。

    水溜りとは大阪さんたちのこと。

    十年前程に手掛けた絵が、今日焼き上がった。

    したたるインクの先には木目細かな海綿のようなものが行く手をふさぎ、溜め込まれた容器の内にあるすべての顔料たちはそのインクタンクの出口にむかって流れつぎつぎとスポンジに吸い込まれていく。鮮烈な噴出の霧を撒き散らし紙面上をすれすれに横切り空を渡ると、次の瞬間には散布されたわずかな色の数が加えられ、異なる色の粒の集まりが加法と混ざり合う純然たる水溜りの末路を迎えたときにして、色というモノがその実態の姿を見せる摂胞された混色の灰色が残り、細い繊維を濡らしていた。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 絞られた猫の夢の日記


    スピリチュアルが日本で古い方なので、何かと尋ねられる。

    世界は長い、
    地球は若い、

    その長さ、丈に吊り合う自分に

    色んな外国のひとに、ちょっと押されても、
    考えなければいけない。


    心の目、皇のある、佛眼、(曖昧)からは、希望しか持ち帰らない。

    思うことばかりでなく、眠ることも忘れない。

    朝、昼、夜、更に季節がある。


    私しか知らない私の中で、どちらかというと従っている。

    順序的には年齢としてもあとの方。


    旦那などにもこれらの事を、けっこう話したりして、整理や発散などをする。

     

    緊張してこういうふうに書いてるが、滑っても怒られるだけだから、はい、すいません、と言って諦めない。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 大阪らんでぶ

     

     

    死ねって何か勝手に言うだろう、、こういうふうに生きてていい

     

    何か黒いことに抗体をつくてくれた☆

    とか

    他人は作用してる!と云うけれど、

    まん丸に云うけど、

    こういうふうに月の横に居る人を豚と云い

    強くなって来たんは自分やし、お陰様じゃ無いんだな。

    過去の自分に何言っても変わらないから

     

    大阪は少し変わった。

     

     

     


    猿人から始める
    敵が「居ない」、
    「僕が無敵な時代」はわたしは知らないが
    理性がないんや
    自分を神だと云ってしまった人たち
    虎ノ門、全部嘘

     

     

    全部誰かのせいにして、挙げ句の果て自殺

    最後をさらに誰かのせいにして、可哀想ぶる

    甘過ぎ

     

    全部誰かのせいにして、さらにその上から自殺

    しんどかったら死んでもいいけど

     

    他人にこんなにリラックスして覆いかぶさって、まるまる猿人をして自分が包まれて、客観視する視点が欲しかってん


    性を感じる

     

     

     


    人間になれないから許せない
    認めれないじゃなくて
    認めないくせがついてる

    何かを云えない、云うって何だろう?

     

    またあの部屋だ。

    人も自己知の全てを
    甘いで、こうなるで、人はこうやで、

    「意地悪は神だけでいい」
    魔法の言葉は

     

     

    「お前が何しても、何をしても」

    反返る性欲の大きさは

     


    どす暗い

     

    誰も頼れない

     

    もっと抵抗して欲しい

     

     

    道頓堀に願い事をしたら聞いてくれる良いことを知った

     

     

    私も街の観察日記とか見たいな

     

     

    文学ノート

    正直に、心の

    嫌を避けて書いたら

     

    最近は先祖の上の「祖」(縄文時代とかの2つ結の人)と話をしてる

    先祖を拝んで線香立てて祈って、

    祖に感謝や何かを伝える。

    これはやってほしい、腐らないように

     

    どんな先祖でも、憎まず反対することを反対して

    と、言う感じ

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k