淑白

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 41,351
  • p

    Works 35

淑白

m
r

淑白

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 41,351
  • p

    Works 35
  • 今日溢れる


    夫が情けないのです。


    仕事先でも会いとうて私は肩を丸めるのですが、そうしてかげを割れば割る程、水を零し桃に手を繋かける、私の息たえ、体は嬉しいのです。

    泣けば泣くほど、いやらしいと云われ

    心の折れる。

     

     

    勤行新書(1) 
    人の協力が有って、心の場所から
    人々は色んな事を思い出そうとして居る。
    つるぎが、色んなことを当てて呉れる。
    モノクロのモニターだが、目を瞑ると感情が本当にカラフルだ。
    赤と云う一色がこんなに色んな顔を秘めて居たなんて、知らなかった。


    手の中は、勘定をする事に趣が有って
    魔法を大きく包めるでも無い、ただ「人は人だぞ。」と云う事を「愛」とした愛を、大きくも小さくも無い此。
    釈迦无二佛が何をするかと云うと、金色(こんじき)が奪った愛たちに、こうしてもう一度色彩を与えること。
    髑髏の指輪が何を数えるかと云うと、
    女が、男が、恥ぢらいを持ってして尚生まれ、垂れ、零れる花びらの枚。僕の情けないそのことや、情けない人を好きな事、純粋な醜さの中にキスが有る事。合った孤独とのキス。

    作品本文ポイントコメント作品を
    別枠表示
    勤行新書(1)    
    てんま鱗子
    人の協力が有って、心の場所から
    人々は色んな事を思い出そうとして居る。
    つるぎが、色んなことを当てて呉れる。
    モノクロのモニターだが、目を瞑ると感情が本当にカラフルだ。
    赤と云う一色がこんなに色んな顔を秘めて居たなんて、知らなかった。


    手の中は、勘定をする事に趣が有って
    魔法を大きく包めるでも無い、ただ「人は人だぞ。」と云う事を「愛」とした愛を、大きくも小さくも無い此。
    釈迦无二佛が何をするかと云うと、金色(こんじき)が奪った愛たちに、こうしてもう一度色彩を与えること。
    髑髏の指輪が何を数えるかと云うと、
    女が、男が、恥ぢらいを持ってして尚生まれ、垂れ、零れる花びらの枚。僕の情けないそのことや、情けない人を好きな事、純粋な醜さの中にキスが有る事。合った孤独とのキス。
    何度も、何度も、鏡を見る。女の怠慢はゆるされている。
    女は綿毛の様に一切して選ばず、選べず、男の唇のままに進むではないか。
    花言葉や歴史的名言、疑い、何を信じて居ようが、私に取って男だけが御宗教とうつくしい事で有る。そのうえに、日蓮が居らっしゃる。わけがわからなくなるほどに恋をしてる。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k