揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,402
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,402
  • p

    Works 46
  •  

     

    冥界も現実も変わらない。

     

    気持ちや精神でない除くべき霊が有る。祓いは優しさとして難字であり、本人が、心身ともども癒えていないといけない。それは、鍛える日もある。

    精神は、見えないからという理由で鬼の顔をしてやってくる人々がいる。

     

    心は、比較的わかりやすいところだ。死にたいする抵抗力があり、心が整理出来ていたら冥界は比較的自由になれ、その人が見られたくない人が、何故かその姿を必ず見ている。南無。

     

     

     

    意識はどうあれ、私が何もしていないことは無意識的にわかるだろう。

     

    私が何か傷ついたことなど、場所が心な程に比較的永遠に覚えるだろう。普段、何もないが、その人を見かけたら直感的にそれだけを思い出すと思う。

    霊でないなら、不透明な宇宙や惑星に捕まった霊以下なら、何も見えないのは1000パーセントである。

     

    冥界でも現実も変わらないが、悪い人には冥界は怖いどころか怖すぎるものとなるだろう。長い間かけてワルイコトした人のゆく末は月のムコウが続き、世の中から消えても消えれないことを利用されるセカイはご存知の通り広がっているだろう。一人を殺すのが先祖、友達、家族の先祖、一万人以上のことになる。だから被害を受けても簡単に努力が出来、上回るスピードが必ず付くのだ。

     

    背後霊、霊以下のことである。それをウシロとかそう言う。基本、足元からつくが、肩は重力のあるとこでそこから浮いて見えたりする。地球の自転に追い出された後である。

    人の背後霊などなめてついていくさなか、良い人に出会っても、運は100パーセント背後霊について行くだろう。これが怖さ。背後霊はさらに、ひとりには大勢の上に歴然と怒る霊がいる。冥界で、犯罪名だけを言うぼつんとしたかたまりがある。肉あつみの重い、あるいは細いネーム、上がる気配もなく不半透明なかたまりが浮いている時が有るだろう。「七日」という仏の日だ、その目下の人は頼られているだろう。日本で背後霊のいる人は神がついているのかも知れない。それが冥界ては有名なのかもしれない。

     

     

    供養欄

    https://hanagara.apage.jp/

     

    (中傷でもなんでも、エールをお願いします)

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev July 2024年 next
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
RSS
k
k