揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 856,715
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 856,715
  • p

    Works 46
  • 価値

    価値、教えのその時にはよく聞いたこの言葉がある。

     

     

     

     

    yeah yeah/aidonia

    この歌のタイトルは「いやや、いやや!」と言うこんな歌は、常に存在する。

     

    ジャマイカの曲をレゲエと言って、古来の言葉で抜陀薔薇と言う。その目が睨む空の実は、渡せるその時にしか出荷しない。それは、薔薇を持つわれら対象の価値よりも、われら音の受け手自身の身軽さや易くに懸かり、虹のようにいつの間にか表現される。価値は、話し手の方にある。受け手に古えからの光が突き刺さる。

     

     

     

     

    その時その時に出荷される様子はいつから?などは自分自身の興味の一つでしかないことを「イン ア ハート」と言い、クラブに行ったときにこれをすっぱく伝えられた。DJの兄ちゃんが「悪い音楽は、聞いてはい、け、な、い!」と教育する。

     

     

    人はリュックを背負い、出学しにクラブに向かう。現れているものそのものよりは店は本当に静かな箱々なのだ。これにアンダーグラウンドと言う思いが懸かっていてそれは南国の豊かな鳥のように判断を欠くし続けている。

    道端を渡り切る私は自分で見つける事の徳の、この可能性に注目して音楽を忘れていない。忘れることもないままで、未曾有の世界も知を育て、ただただ不増不減の成長に尽かせる。この具合、縦ノリに特化した私の身振りは、「横に揺れたあかんで!横ノリは悪い!ちゃらちゃらしたあかん!それはオカマや!追い出せ!SEY YOUUU!!!」と、DJの伝達を自分なりに学び守っているから、書く時にしゅっと書く。

     

     

     

    道が細く巻き付いた箱の風合いというのが、先なので、無闇に破ったら世間的な評判を落とす。しかし、裏を返せば、誰でも彼でも静かにそっとしてくれる優しい場所だ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    自分の言ってるのはこんなこのこにであった。

     

    目をやさしく思う、コンタクトの保護膜に。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 大阪のモラル

     

     

     

     

     

     

     

     


     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    個人的に考えるのが自立の証しで、

     

    大阪は古風が強く、そのモラルがある。塩梅の良い

    モラル性がある。それを目指してるだけだとしてもその風紀が存在している。

     

     

    要は自他が違う。

     

     

    こうポストモダン的で、積極的な性格を明らかにするなら冷めたこれでない「冷えて居る」事だ。それら、必ず脱モダンから経て遂げらるた長い痕跡が街には多く見られる。

     

     

    当然、個人が何か考える時には学んで欲しいと思ってる。

     

     

    こういったガムみいなもの、こんな風な物、感じを噛んでみたい。

     

    これら心斎橋から御堂筋一面に税金を行使し果たされた、そういう展示場は粋(いきだな)よりは粋(すいだ)、に思うは客観性の歴史を大通りに倒しかける。まるで、着物絹のマントをひるがえしたようだ。それが、大丸百貨店の前にあるから見せる昔からの気遣いの細い線が割れるように光ってる。大丸が店の大御所だと、私は相合橋か小通りの小さな板で見知る。街の理知から、現状と自分自身を把握する。

     

     

    本のページを、舐めてめくることをしよう。後ろに何かを伝えるのだ。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 水を掛けて目を覚まさせる事

     

    「何か色々間違ってる人が前後にいるんだ。」

     

     

    義務教育を受けていてそれはおかしい!

     

    やったあかんことは出来ない運命。悲劇性もそこで取らえる。

     

     

     

     

    それが分からん自分が見(視)えると信じるな!

     

    はなしてて心の頭で一瞬感じたことを捉える。疑いとネガティブのガム、噛まない。ガム噛みながら大変なことを挑まない。

     

     

     

    川かガムか簡単に見分ける。

     

     

     

    「衛星のはやぶさって何ではやぶさって言うんだろう?」

     

    言葉のしりが偶然こうぶつかる様が、意地悪のように思えて、お笑いだよ、と教えてあげる。珍しい考えでも色んな考えでもそういう人が学校でいるのを知ってなおかしい!

     

     

     

    キーワード、一つ足りないくらいで。(by B'z)    義務教育。

     

     

    目が優しいのであれば、感じとっても痛くない。痛いか痛くないで判る。勘違いにひたすらついていく限りを見ると変なひと。

    実際のいたみだけが、痛くないを感じとるものでもない。このへん歯がかゆいが、しんでも痛くないを指して意味する場合が多い。遠いのに伝わらない。心も耳もない。

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev October 2023年 next
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
RSS
k
k