揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,393
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,393
  • p

    Works 46
  • 苦心ができるという勇気

    感情が二つか三つある、

     

    これが、持ってる時間、

     

    持ってる心、

     

    沿い合わないこれを合わせる孤独と言う字が良く、また潔さの系統になり、

     

     

    一字であり、

     

     

    蟲ーの間の間の自身の苦心とは、

     

    持つ苦心と、捨てる蟲ーとした人間心は、

     

    苦心を持つことを教える。

     

     

    人を亡くすこと自体の哀しさと、

     

    供養でも、そうぞうの予測などで勝手な心をはたらかせず、持ってる時間を自分がちゃんと貰ってから得る想像で両立して生きる。

     

    コロナ禍が、忠実な学識の為何も可能でないことから始まっていて、

     

    人の考えがあっても、

     

    何かを加える事や、

     

    中途半端な形で、よいこと、

     

    を、しらなかったこと。

     

    他、主体が自分のこととして怒ることの意味や歩く足腰の安定を、最近知ったこと。背面にあるのは、本当に渦になる自分の感情である。心に浮かぶ理由のわからない対人も、以て精神的距離とした心を取りながら、大きな見解で自意識に投じられた身の程という言葉の追及からは、守られず活き、活かすことの方が多い為、いらない保護がある。例えば、島中やことばの一個、これくらいでは何も起こらない強さ自身が直結にプライドと掛かる私者としては辛いことだが、珍しいことや新たなと思う希望を学していることで、向く目が逸れている。もう一度目を向いた時は敵うことのない渦波飛沫の中であるが、運によって免れている事だ。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev July 2024年 next
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
RSS
k
k