揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,444
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,444
  • p

    Works 46
  • リアルの追及

    視界が開ける、目が大きい。

     

    人間という動物とは戒めとも違う地上に生きる修練に対してこの認識をする。視界が開けるが、エチケットなのだろう。玄武、白虎、朱雀、蒼龍、このイラストを指標にしたい。セカイ系と有ったら、そこからであってもリアルがある。手によって、想像を石を剥くようにあたかも零れるように抽出出来る。イラストのように気の強いもの、実際に感じる事柄からの解脱である。

    この四神は決してカラーではないそうだ。昔の人が遊んだ4色が、定着しているようだ。

     

     

    謳歌することの大事さを言われた。もし大地が柔らかく歌えて、“自分”が文章を作るように硬い筋、その人間だったら…。苦でないこと、に対して視線が反れている。

     

    というように、厚い雲とそうすることが引っ付いている、これを区分けて、そうしても湧く雲を含んでいくまた人の為に、混同しざるを得ない事が現代アートの、

     

    その次世代の改心として、

     

    もし大地の人が柔らかく歌えて、自分が文章を作るように硬い筋、その人間だったら、その人間である。ここに自分がなければ

    人の苦でないこと、に対して視線が反れている。相手その外気が現れずフォルムが不安だと言うことである。これほど人が地に密接だったとは戦後や以前でも久しい。しかし何でこういった霊と離されたのだろう。

     

    こうなる。

     

     

     

     

    今、友が街についてその感謝を言った。

     

    その活性や、ひろい活気は初めてのことである。星や光の間の心をほとんど街文化で賄っている。昔はもっと世帯とかにあり籠っていた。風も水もあった。ただどんな理解に打ち込む時も一円という蓋で締まる。自信という信仰は、キリの良さを引き出すにはその身体に言葉が伴っていないとならない。もっと昔はしたいときにこうすること、には中心点が平地や野ではないので少ない。ただそれを時間の中に加えることこそ今することとして、天運をもっと信頼して、そこから対峙出来る自分そのものに委せる。この動きが全く小さくてもそうしたら、何と届いたのだ。

     

    外部が有るから、内側があり壁が立つ、気が溜まる。これが、今の精霊との縁だろう。

     

    外も内も透明だった江戸時代より、もとの個人的になり

    こう歌舞伎に見られる時代の透明な古い平らくするは、史上のうちでも変わっている。外と内を繋げる言語、言語自体の精通。街には、膨大な量の趣旨選択、この行。

     

     

    選択権

     

    貴族平安、室町政治、鎌倉武士、戦天下、それらが終わって後に構築された文化は、そこに生まれた社会という言葉は以て精神を前提とする。これを天上天下といい仏様と今も受け継がれている。

     

    どんな自分でもあなたは受け入れてくれるような、

     

    ことばを持っても、ものを持っても、顔とは目をおさめて

    、自分より外には自がないとわかる。自分が動いた、自分が迫った、この難しい理解には既に抵抗があり、罪悪感とはしたことよりも退きを弾き飛ばす力をそのままに、

    「そう言う」を止めるとは「そう聞く」ことを等しく、選択肢を冴える。京都で習ったが作法、その後に「そう言うこと」を起こすことが出来る。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev July 2024年 next
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
RSS
k
k