揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,435
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,435
  • p

    Works 46
  • 無意識その夢の真相

    日々とは別に、何か人に等しくしていこうとする、

     

    勇敢に知って行こうとする思い、心との密接な関わりを求めていく。その大学のころから闇オチ、それを経ても何となくそばにいる。

     

    何かをやっていく時と、その日の空。二つの異なる物事に本心からは偶然掛けることの出来た橋がある。これらからは、なにか二人とするものを並べて何をしようとしていたかは思って、値という認識、これに違いあるまい。それが二つだと初めて知るのだった。二つという数値そのものである。

     

     

    地平線を心に浮かべられたその間に、物事に満たない言語はあたかも模様や自然の様に、嘘だや失望も無く、漂うといって治まっていたのだ。回顧心とも違っただいじな思いの中で、かためをし、こう治まる調律した結婚という言語の詩を書かれていたのだろう。

     

    ・同じだと思うと違うくなる

     

    時空のふしぎと思い、また次元という理解には広宣するかとの可能な自、その八方、その方位である。無とする客体、その同じ主体の大きさ。南無弥勒菩薩である。

     

     

     

    積み上がった岩はとうに直立している。波という自分として、思慮分別や世間体の一般性、構造を保つことの出来る、街に感謝。

     

     

     

    人と「いない」から、機嫌が悪い。これを「霊」というんだって。その感情と物とし養うとして静かな時間として、形をその形に忠実に戻す。こういう儀式の構築、この為に想像の練習が必要だとは、前回文の続きである。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev July 2024年 next
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
RSS
k
k