揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 854,646
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 854,646
  • p

    Works 46
  • 三と言う神

    「こんな時に」こそは、恵まれていないわけがないと知る。思えば思うほど。

     

    良いもの、について日本は良く知る。地球が

    、こうあることや、自然の美しさにたいしては、既に表現意識を始めてより長い。近くにいるからだ。

     

    こういう性格だと若さを言っても、いつか歳を言うため

    損保にとしても柱がこうあって良かったと思う。個人的ではなく、普遍の了見がある。

     

    負を退けて法(うちゅう)を立てる、水ではない灯りのある面時もある。負にするは、目的にたいして共通意識だから精神的起点とするのを逸れない。

    上空には千年見てきた菩薩だけがいる。菩薩でもしていない確認をする、その時点で「ヒト」というカタカナの素っ気ない過去世に帰されるのだろう。心力あって、手が延びても先祖霊などは普通に避けられ助かる。

     

     

     

    祈りとしての面からサッカーというスポーツを知ると、オフサイドと言うアウト規定がある。

     

    心的にオッケーラインとデッドラインの極みは簡単にされていて、際は至ってルール説明を聞いても不理解解釈で進む。

     

    観察力と、身体的研磨が増やさず減らず、その実践でしかない。

     

    罰でも何でも持って持ち場で待ってる方に渡しに行きたい。

     

     

    仏教経文にも三回復唱するの欄があるが、民と離れない党理念のように今という時の基本を念じるのは、

     

    真実は、自身が絡まる何かが絡まり続けている。そこから投げられたことばではなく、自分に掛かった問題だ。自分が咀嚼しに行く。自分が理解しに行く。相手はここにいない。この間、出来る想像を知らないから黙ってる。相手などではなく「問題」が有難い。世界を変えるのは自分の他ない、この哲学的理屈が起点なのだから。成長する自分が生まれた理由なら、小さい時から育てられた自分よりも、こういった難読的セカイの想像には合点する。だから、芽生えた情は、この先で遇えると信じていちいち洗っても、自ずと良い色になった。

     

    周りをよくする。わたしは周りから言われて来てる。

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev February 2024年 next
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
RSS
k
k