揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 854,632
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 854,632
  • p

    Works 46
  • 心を鍛える

    あなたの罪、いや罰

    美しさとバツ

    視界が別だから

    セカイはあなたを描く

    何で視界が別なの

     

    こう私がいる

     

    心は偉い

    馴染むものを追及する

    だから心を鍛える

     

     

    これが、南無妙法蓮経だ

     

    2021/08/12

     

     

     

    或る時 わたしは告白をした
    諸々の美しさよ
    心の良い人
    君はわたしを信じてわかりなさい
    誠の言葉や
    もう一度云ふ
    君はわたしを信じてわかりなさい
    誠の言葉や

     

    此時、美しさと人と弥勒が一人と、白佛と、
    祖の一ツの願望が有り
    わたしは信じ
    此時、祖は知る
    菩薩(美しさ)を止まらず知った
    「私は此れを言う。」
    「あなたは此れを聞く。」
    愛の秘密や神の力は、
    すべてが世のものであり
    阿修羅に及ぶ
    此の富から釈迦が遠からず道場を開いてる 心に

     

    良い心の人
    以来わたしは実に成仏した
    量が無い辺が無い、星くずの那由多
    君も五億の星の那由多
    於城で繰り広がる三千大世界

    戯れ
    小さなことは彼も何も云わない
    東の五億の星の那由多
    冱て城の下にみみっちい塵が有り
    あなた 微塵切りにして

     

    良い心の人 この心がわかったとして
    これが世界や
    校をはかって 思推して何が得か
    それをわかり 言葉を発した弥勒などをこそ知りなさい
    白いひとの言葉は
    「この世界には量がない辺がない 計算されないことの
    そこで知る事が 量がない辺がない
    ああ、心に無い事は私にない 」
    思察が不能で ツクらないことを厳かに知れる
    わたしは住む

     

    先人の事は
    あなたの世界で
    量がなく辺がない

     

    美しさ
    良い心の人
    今わたしは灯りを

     

    釈迦牟二仏は宣言する
    「この世界は若く 小さい 」


    ふつつかなものを蓋にし塵にする言葉

    わたしも一つのの塵になった

     

    以来わたしは成仏した

     

    そこの人 過ぎるで
    千億の星

     

    自に従い 来たる

     

    住むこの娑婆の世界
    教えを設け
    およそ千億の星の那由多
    城は 変わらず

     

    良い心の人
    わたしは 佛に燃えて
    言を復す

     

     

    わたしの所に来て
    わたしの目を使い
    信じる等を云う
    根は鈍く 所々応じて
    自説を少々する
    同じ名で
    彼が喜ばしいのは大小で
    再び現れ 同じ間違いをする
    「ねはん」に入れて下さい
    種々を方便し 微妙な宝を説明できない

     

    良い心の人
    如来は人を見てきた
    小さな心で

     

    「徳の薄い重病人」

     

    わたしは少なく心
    以来わたしは成仏した

     

    久方の若い人に方便し
    人が人に教えた
    佛の道に入らしめ
    君は話をし

     

    良い心の人
    如来は演じて
    皆 衆を脱させ
    私のこと
    あなたのこと
    私の身
    他の身
    己の身をしめし
    他の身をしめし
    己の事をしめし
    他の事をしめし
    皆 ウソは吐かず
    如来は知って
    見てて
    三つの世界
    三界の顔を示した

     

    有りて無い現実

     

    若い魂を退け
    若い魂を出した
    世に有らず
    滅びのたびに及ぶ
    実に有らず
    虚に有らず
    私に有らず
    異ならず
    あなたはこれを汲む事に
    如来の明見があり
    貸し借りは有りて無い

     

    人の所に
    たねだね性(しょう)が有り
    たねだね欲が違い
    たねだね行が違い
    たねだね億え、感じる事が違い

     

    この生が命ずる
    この諸々の善い芽を 少しの因縁と
    言葉で 宇宙のたねを教える

     

    遠く久しく

     

    良い心の人
    偬の本業は菩薩の道です
    その所に良い成りがあり
    今に蓋をされない
    しっかり上へ伸び
    今、滅びに有らず


    久しくここに若い佛が住み
    ここの世に薄徳の人がいる
    善の根を持たず
    貧しく下賤を漁り
    貧しく五欲を漁る
    不安を呼び
    見えない網の中で
    憶測をして居る
    如来を若く見て
    心は怠ってる
    故に難に遭い
    生が機能しない
    私の心を求め 敬い
    「如来」故
    方便を説明し
    比丘、繊細さの富を知る者のことを
    佛はここに その価値を学ぶ事も可能だけど
    いわゆる彼は薄徳であり
    千億の星の趣きを過ぎる
    佛を見た 佛を見ない
    こんな事で心を決め
    がさがさと音を立てる

     

    繊細な人
    如来は彼を見ただけで損をする
    衆生から切りはかり 自分を
    君の言葉を話す
    ここに彼は富を生き 難に遭う
    佛は、
    心を渇望させながら
    心に恋慕を抱くものだ
    良いものを使ひ
    故に如来がたれず 滅せず
    ここまで深く話さなければ森にまた迷う
    釈迦牟二佛の言葉は滅しない

     

    良い心の人
    所の佛、如来は皆宇宙 OK?
    人の為に 真実は虚に有らず
    良い言い方や比喩に依って
    人は知恵を争奪する

     

    明、明かるさを練習する
    その薬で病を治す


    その多くの人には子息が居て
    十歳、二十歳、乃至百歳に至るの
    有る縁を持って 遠い私の国に至る
    永劫回帰
    あなたの子が毒薬を飲み
    取り乱し 地面に寝転び
    この時その父が あの家に帰るのだ
    あなたが毒を飲み 本心を失い
    世間を失ったあのひ
    はるかの事を見て 父子は歓喜す
    手を合わせ 色々聞いて
    良い安穏に帰りなさい

     

    ある子は
    愚痴を、毒薬を、
    誤ってのみ、癒やしと救いを願ってみた
    さらにその寿命と


    子は父を見るから
    そこに苦悩が有り
    あらゆる教えを着て
    良い薬はないかと求める


    色と香りが良く、味の良い


    皆は既にそろってる


    それを投げ入れ 和合をしなさい
    天もそう飲んでいるから

     

    花はこの言を作制する
    色と香りが良く、味の良い
    事が足りて

    即、苦悩を除去する


    人をわずらわしいと思わない事で有る
    子の中で 失わず幸せ


    良い薬 色には好きが揃ってる
    病気の蓋を除き、癒す


    天は失ったが幸せ


    父がそれを何て云うか、様々を問い
    喜んで病いを治してくれる



    薄徳の人により毒気が深く入り込む
    これがまた心のために


    彼女の好きな色、

    香り、その薬であった


    わたしは美しいと云わない 父の意によって
    みんなは寝てる その所の毒の中で
    わたしは降伏しない

     

     


    わたしは今方便の富を設けました
    この薬を飲む事を
    すぐにそれを言葉にし あなたは富を知る


    わたしは現代、衰えて老いている
    死の時 ともえに至る
    この良い薬を 今留め わたしは取る

     

    憂いと愛を この星を教え作る
    他国に至り
    わたしが父となる時 星は死ぬ
    これらを、君が

     

    「あなたの父は、人は背を向け
    あなたは心に大きな憂いと悩みを抱くだろう
    それこそ私の念

     

    神ある人 自分を慈しみなさい
    古きは救い 護ってくれる
    今 私を捨てなさい
    遠くの 忌むべき他の国です
    自は狐となりころび
    古い侍は 常に悲しんで居ます
    心に至り 悟りなさい
    この色香美しい薬をすぐにとり
    みんなの魂を癒やしなさい
    神は聞きます」

     

    如来と人は 心に特に違いは有りません
    問うことに帰って来たのだ
    五体を使い、見た

     

    良い心の人 何言ってるのかわかりますね
    人が動き 有るのですよ
    研ぎ 磨いた歯で 説明していた


    こもうは罪でない 感じている
    佛の語で「私はあなた」というのがある
    以来私は成仏し
    量がなく 辺がない
    千億の星の那由多
    この城、人の為。
    富の滅ぶつど
    有りて無い現実を
    あなたの宇宙を説明し
    ウソと 妄と 出すぎたものを
    この拙い言葉で

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev February 2024年 next
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
RSS
k
k