淑白

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 31,117
  • p

    Works 34

淑白

m
r

淑白

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 31,117
  • p

    Works 34
  • 佛の美しさ

     何事もグッドタイミングで話してあげる事だと思います。文章だけを書いて居ても文章が育てられない様に、世界をすいすいと泳いで行くのです。 その中での疑問を書きました。

     優しい人は良い弥な。人が寄って集まって来るし、若く居られもする。私の心の中は陰り、うつむき続けて仕舞いたい様な。神で無い事をする事とは、人の仕業と親しむ事で有って、神の美しさを知る。人には人の輝きが必要なのです。 人が、人の冷たさを語るとすれば、勇気が要るし、人も自分の情熱を信じてたいから、下手には云えず日々目の逸れる所で有る。 憎しみも湧いて来るが、この時に一度自分に刃を向けよう、つるぎを、世界の受け手として感じてみる。 それでも続いて行く人間の関係の中で、花を見つけるにはどうしたら良い?と、丹念に研究するのだ。

     

     悔しくして、あれを温度として受け取る潔さが君に有れば、美しさに変わって、みずうみの様な居場所として心の、孤独の敷地が増え、微笑みにも余裕が成る。  人間の冷たさに対してではなく、人の優しさ、温かさに対して思うのだが、如何にも優しさが珍しいとは情けない菜。 それを、何てない幸せとして、遭遇しても平気で居たいのに、そんな格好は無いかしら。宗教心と迷妄を逸れた、垢抜けた流々。どの様に優しく居るかと云う事を考えて居る。泣きごとを云わないとか、人の流れも信用の置けない所が有る事を、考えて居る。 君、あなた、ニヒルは気風が良いけれど、失敗の表現ってやつを、まんまと愛してしまったなら、川辺のバーベキュー等人々の友愛活動に現れるヒッピーみたいな、調和しない、空気読まずの精神になってしまう夬。格好わるくても、哀しんで居る事が、素直さと風情の様に思える、哀しみをを継続することが。 君の木を、太くする唯一の精神ではないか?  人が美しくなる事の価値は、愛に希望を持ち得ると云う事だ。それが穏やかさで、悲しみに対抗して行く悲しみが、私を磨く。 綺麗なものは、目立つし、光であるし、他人とも想像が一致することはよく有る、それでも「君」とはつながれなくて不安になる。 対して、光を形作る「影」について云うと何を意地悪だとか、名付けるのは親で有り自分で有って、対象は、はじめに形を持って居ないよ。 人の心の闇に浸かっても、ドブ川を見て、 「明暗が、とても綺麗です。」と、目を凝らして見つめたいな。それ程のスケールで、手の中には、炎を映したい。

     

    青き自分の正しさ、その若さと自己主張にエンドが付くまで。 佛に永遠ときらめきが有るが、厳かに自制して行く中でこの滝にこそ、美しさを見い出せると信じて居る。日の丸。 怒り過ぎない花より。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k