揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 890,452
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 890,452
  • p

    Works 46
  • (編集済)バサラとタトバン

    2024/02/18

    動物と虫

     

    お祭りや、ステージとしたものの為に光が通るわけではなく、

     

     

    蟲ーの為に光が通っている。


     

     

     

     

     

     

     

    「塚」を知ってるだろうか。

     

     

    昔の割れた土器や、ゴミ、骨を捨てるところだ。

     

     

     

    私にとっては、白い貝のようなイメージだった。何か手掴みのある美しいリカイが落ちてる筈なんや。

     

     

     

    家族以外はほぼ皆がらんどうのわたしの家である。そこには徂霊、髪を二つ結いにリボンの様にした土地神だ。倒れる巨獅子、云わば神の結婚がある。

     

     

    思える何年その地にいるかである。知見したときは言葉にし難い程本当に美しいと思った。老いた巨獅子が転倒したおれ、それを千脇ての奥に、その大屋彦(オオヤビコノカミ)が酒を持ち渡し微笑んだのだ。物や木に宿られる。

     

    人の気を痛めた方、いませんか。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    昔は伝達と神話で、中国と良い仲があり、また蛇壺といった詩によって、天女が悪い人をほかし、壺は、知や抵抗を授かった。

     

    江戸時代ほどの幽霊の自分が何かを言った後がっかりしたのは、中国の人の後悔や表情だと思った。

     

     

    あなたとは、遥かから感情をかわせて嬉しいので、苦しまないで下さい!o(^-^)o☆  私には、喜びごとがあります。

     

     

     

     

     

    何事かの時、大切なのは天への愛想。

     

     

     

     

     

     

     

    古代の彩飾と、光絵がすっきり繋がる。十二神将、海使いである。

     

     

     

     

    宮毘羅(ku bi la)  伐折羅(ba ki la)  迷企羅(me kl la)  安底羅(a n te la)   頞儞羅(a ni la)  珊底羅(san do la)  因達羅(i n  da la)  波夷羅(更新ha to la)

    摩虎羅(ma ko la)  跋折羅(ba sa la)

     

     

     

     

     

     

     

    ここに足りないのは、人の心配しない心である。

     

     

     

    悩むならちゃんと悩む、気になるならちゃんと気にする。

     

     

    私は、低くなった声にこれを見つけたんだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「直感、」

     

     

    心を傷つけない為の方法、心の護身。

     

     

    見えないが感じ取る間合い。それを行動するのは案外と理性だ。こう言葉を灯らせた咀嚼した。

     

     

    ちなみに咀嚼(そしゃく)、物事を噛み砕き理解する、動物の強い歯のことを、

     

     

    昔は五才児から、耳に言ってあげていた。

     

     

     

     

     

     

     

    ややこしい所に生まれて生きてるけど、退く、一度離れる、そういうシンプルな世界もある。

     

     

     

     

     

    日を手に翳し、浴びると、「人」のありかが分かる。

     

     

    物に触れたり、板でもコップでも、あと仕事中に人間を感じたり、人は何かは考えるが、

     

     

    単調にだけ話す蟲ーが、こうして一発でわかる。

     

     

     

     

    セルリアンブルー、あれはブルーじゃない。

     

     

    ものを媒介に「もの憑く」になったヒトと、霊媒師はまったく違う。

     

     

    運も、幸せも、心も、顔も、行先も。

     

     

     

     

    物の力の感動から、そのまま右左を間違い狼狽している人がいる。

     

     

    心から降って来たり落ちてる物の、二三曲がり以上の手間を持って、あなたしかしらない「能力、心読」となる。

     

     

    心読のプロの武士霊を見たが、一見もせずに移動を行っていた。

     

     

     

     

    こういった、大切な気通りを阻害しているとすると丸々バレている。

     

     

     

    続けてしまうと、良いことなどひとつもない。

     

     

     

     

    蟲の向こうには、天に向かってきっかりすべて返される「宙」の部屋があるが向かう。

     

     

    心が無量無辺と在り、日もあり夜空もある。未来もある。ただいてるだけで良い。

     

     

    だからおこらなくても、考えていると良いのだと思う。

     

     

     

    それが、怒りの表現になったりして主旨を取り戻すのだ。

     

     

     

     

     

    怒りは赤、

     

     

    性欲、追及、強くなる気持ち。

     

     

    オレンジは優しさ、

     

    身体自体を動かす、

     

     

    黄、腹の声、心の奥からの願い

     

     

    緑、癒えているか

     

     

    青、交友関係性

     

     

    紫、守り

     

     

    赤から、足~頭上となる。

     

     

     

    当然、蟲ーは無彩色。抵抗も反発もないから、人が落ち着いてしまったりする。

     

     

     

     

     

     

     

    だから何も言わない、輪廻と因果律を仏と拝み、

     

     

     

    区間に調査をしている。

     

     

     

     

     

    わたしは十分!

     

     

    ヒカリ君、守護、日。

     

     

     

     

     

     

     

     

    オオクニは、コンサートと思って覗いたけど、何かどうやら違って、

     

     

    神は実際そう入って行くが、

     

     

    そして、出来るなら個人の本当にに一人の体当たり作品を光で見れるなら、

     

     

     

    心を休めるなら、供養となり立派な陰徳となる。

     

     

     

    ①仏と話す

     

    ②神に方法を聞く

     

    ③やってみる

     

    ④仏と話す

     

     

     

    これだけでも、人離れしないからそうすると良い。

     

    煙を空へ届け、供養を祈る。

     

     

     

     

     

     

    亡き母が、本来の生活や娯楽、学問の一生懸命、生きていること、これを供養と言うが、

     

    それが出来てないから出てきてる!

     

     

    何で罰されるねん、と聞こえ爆笑した。

     

     

     

    私のたとい誰であってもそう思うこと、善神にたいする意気込みと、苦難の中での前向きな祈りを聞いてもらえたと思う。

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev April 2024年 next
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
RSS
k
k