揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 854,628
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 854,628
  • p

    Works 46
  • 自分か神か分からない人にそれを分けてあげる。

     

     

    ここに書くが、自分か神か分からない人がいる。それに分けてあげる。と言ったら、研ぎが甘く進めるか、辛いままで人々に考えさせるか、速さと、考えるを、悩んだ神がここにもある。

     

    いっぴつで、自分か神かわからない人にそれを分けてあげる。こう言ったら、文明に店が建ち、「街」が芽生え、人の面に対応するをして来た人々の成果を感じる。悩みが洗練していて透明になり、早くなった。

     

     

    「戻る」と言う字はあり、この見通しによってやはり、客観性が大事だと全体を通している。

     

    客観視を強くしていた。

     

     

     

    人と人を繋ぐに大事な事を騒動で失ってる。

     

    オオヤマビコは、自分を木を養い土を大事にする。キノカグツチ、と名乗られ、この間の名前と実際の名前にある理解の大事さを持っている。

     

    今、閉じ込めている(ム)蟲ーは、現に騒動だがオオヤマビコは「タタリ」と思っていたから、勘違いをした人も大丈夫。

     

     

    成長が大事だ。神を、「誰だろう?」そう人が思っているのはご存じだろう。

     

     

    一番上に書いた、

     

    感情と理性の水切りをして、感情に沿うような理性を選択する。その力をこの神の所で磨いた。一つ一つに重い悩みがあるが

     

    情が芽生えてしまう、も抜きにして含めて私の技術の監修をしてくれたこの神。感謝。

     

     

     

    辛い、苦しいと思ってる時に人を理解する。

     

     

    オオクニが死の神の時、

     

    「あんなヤツ」が何かをすると解るその力は私にはない。しかし、「私」が必要だ、と解る所に人々はこんがらがった。

     

    理性力。オオクニの理性が正しいのか人々に理性があるからオオクニが立つのか、人の私は今はわからない。この所、「人の私」を神に「する」人は神じゃない。では、人の私を「見る」ことは人を神にする人は不可能。人が関係性を含んでそう書く場合、人が人と同値を持つから、その人のその時発する「言葉」主語が神なら「人でなくなる。」、関係性を含むが神の前提で、関係しなくなった「それ」は価値を意味する値からは抜ける。人でなくなる、の意味を指している人である私は、今、関係性と言う神を含む。言語を持ち、この時「人でなくなる」をもつ何かはいない、となる。言葉が元々、達成という性格を持つからだ。光、闇、この二つは言葉であり、「人でなくなる」を闇とも呼称はするが、言葉を持つ人が「人でなくなるそれ」に対して何かを決定しても良い、

     

    存在しない。

     

     

    と、自がはじめて成功させる。これを仏と言い、現実の型がなく芸術に昇華され、これを保持する事を伝える。

     

     

     

     

     

     

     

    自分が神か人か分からない人に言ってあげるのは苦しいが、それをやっていく。「人でなくなる」人でない何かではなく、人に、私はあなたが辛いと話したその上で「やって行こうよ」を言える、この為に重力や抵抗も、言葉がある。

     

     

     

     

     

    タケル系の人は「前に一定」と言え持つ神から、その力強い才能がある。名前を別する神がいて、人のそれぞれがそこの才能どまりで、芽を養い、自己成長に関して、「誰ですか?」と曖昧に人に伝えるが、それを神に聞いて自分を広げる。

    タケハヤがここにいた。

     

     

     

    感情が心と離れず、伴わせる力を養えば困難や愛は育てる事が可能。ここに仏道の意味がある。

     

     

     

    私はスサノオの激しい力で負傷。癒す時間を。大丈夫かな?と不安になる事も人に出てくる。

     

     

     

     

     

     

    メッセージ

    「そんなに傷つけていないのを関心して素直に離れてもらえたら、これは人と人がそんなには知り合いじゃないから。安心は、「知れ」とは言っていないと聞こえるから。聞こえるか?を問う「声聞世界」は茶道に親しい。仏道の派生を神から。

     

    隣に華道があり、仏道の道行きが各違う。私は、茶道と華道を同時にする事の理屈までは解らない。

     

     

     

    「迷いがあっても」

    神の前で答えがブレる。答えたら次はこうなろう。迷いを解決する自分。

     

     

     

     

     

     

    大事なのは、白比べが「皆」と言う言葉に進化した。漢字になった。

     

     

     

     

     

     

    アマテラスの前で、「新しく話せる言語」を作りたい。

     

     

     

     

     

     

     

    山、という字を持つ神を二柱見ている。オオヤマツミノカミとオオヤマクイノカミ。オオヤマクイノカミは控えている。格のある山と格のない山があるが、人にはわからない。人間にはわからない、人間を人と言うか人間と言うか、念が立つ、言葉が立つ、ここが為に怖れる。この怖れは解らない故に立つ。

    見ないことをいくら説明してイメージを伝えても理解に到達しない。「見る」とは目だけでないからだ。

     

     

    自分を知る嬉しい感情と、理解の喜び、この二つは重なるが違う。

     

    約束が互いを指すのに、それに気付けない。だから偶然を適用します。

     

     

    そう言う時必然は生まれ、「偶然」よりも優先されます。

     

    互いに異なる議題があり、理性を打ち出す。

     

    健康じゃないと山に登れない。

     

     

    本当はそうじゃないのに、こう思って仮に動く事はあるが、

     

    そうじゃないのに、かもしれないで動く人は壁がない。それだけで良い。母でも人で、神にそういう霊なら動かしてあげて欲しいと願う。

     

     

    一緒にいる必要はないと理解をしたところで、更に、動きを取り戻すには壁が要る。

     

     

     

    本当への道は思いが必要。スサノオは思いの神。

     

     

    だから、関わりがなくても理解を打ち出す。これが、理性を打ち出す事で早くなった。

    思いの理性は困難だ。

     

     

     

    思い違いがあり、挽回するのに「芽」を育てている。この理性を神に課せ、スサノオに言うと、オオクニに伝わる。

     

     

     

     

     

     

     

    オオクニが、オオヤマビコをとっくにはとうに知っていることも解るのに、

     

     

    私は自分の切り上げどころも知ってるのに、悔しい。

     

     

     

     

     

     

    守護霊は魂が別だとよく解る。生きてるを捉え、肉体の死生、二つ理解があってそのまま二つと数え元論とする理解は、死生観を失う。死んでも生きても「解らないけれども解ることは魂に関わり、関わる限り

    責任(いちにん→菩薩)を見つける。

    見える大きさによって、位などの中に違いを映すのは、理解を嫌いは嫌いで理解を終えることに損はないが、理解を止めたら理解の課題が終了しない。論題が、神の場合。約束は、理解してしまった自分の責任で、約束が出来なかった辛くはないだろう。憧れた先人の言葉だが、私はこの色々ある狭間で「心」を信じるしかなくなってきた時代から来ました。諸霊も、心に光る物があったらどうぞお許し下さい。守護にはっきり話しかけているのは、霊的な成長をしている最中という証。感じ取れること、が光そのものとして実際の死からは私は遠い。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    カナヤマビコを理解出来ない男性神と私は思うが、ここで男性神とあり同時に思い出すのが女神として、「存在」の確かは女神が「ひめ」と表記され、「ひめる」と言う言葉は、人間無性の事だから。身体性は、無垢なその客観と意思であるがツクヨミの奥にそのナキサワメノカミイザナミがいる。客観性が正されると、人の二者間における有性というエラーは消え、土も土でしっかり陸に向かって歩こうとするだろう。今、地球の霊を視ている。「視」はその間いちいち努力を起こす結果であり光と名付く。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev February 2024年 next
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
RSS
k
k