揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,087,900
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,087,900
  • p

    Works 46
  • 良い前例を大切な人に送りたい

    ビートバンのように挟まっている

    2023/03/05

     

    ニューワールド

    気前よく何でも渡して教えたい老輩の為に全てをてこずらせている。

     

     

    猛々とした姿に気付いて笑い転げるその間に、捉えてほしい色々大切なことを得ることが出来た。

     

     

    守ろうと思う、と、何かをするには準備の準備が必要なんだと、つまりして欲しいことを人にしてしまうと考えた上で止めたくないのだ。

     

     

     

     

     

     

    神と話す。

     

     

    神にとっての統合しない、男性性と、

     

    不一致をする女性性、

     

     

    神界的で人間的な話ともちがう、

     

     

    これら基本やノーマルな姿勢であるに、これのこの「わからない」が全てにある解がまた、わからない、という人間の意味である。物事を展開するのはいつも、常識を破ってしまう常識のひとよりこの狭い道を蔦う人間である。

     

    物の考えも自覚があるから考えとしてあり、心にしても理性性が変わらない。

     

    お姑的な立ち位置を楽しみたい、そう思えるほど人は大人で。

     

     

     

    こんな事を考える朝、

     

    中学校を思い出すところ、

     

    性的なことに朦朧としていた 。これらは婚期が昔は15だったから変じゃなかった。

     

    自分的な灰色の歴史(クロレキシ)に手を当てる。

     

     

     

    よって人にたいしても望める

     

    、性のかたまりだった、学生期を思い出しなさいというスピリチュアルメッセージである。

     

     

     

     

    関心事には声をかけて、傷つかないとと思える現在の自分は当たり前だろう。進んでいくための除去は本当に雪掻きのように大変だけど、広く大きくなってほしい。

     

     

     

    「わかんねー」っていうのが、心地良い人がいるかもしれない。皆、見守られてるから。

     

     

     

     

     

    対人と思うと、

     

     

    座るための石は重くて冷たいと聞く。どうしてもそうする不器用な人じゃないのなら、

     

    共に勉強したい人ならともかく、勉強してる者私にとってはうっとうしい。対人するとは、もっと立ちっぱなしで目を合わせているのだ。その方が楽しいから。

     

     

     

     

     

    自分は、これらその間の灼熱な憎しみなどを、解いていたその後何年後にいるので、深々とする点がある。太宰治が恋を語る、「あっ」で終えてしまう、という言葉をねばって、

     

    「あいうえお」に差し掛かり発音している。さらに実存的とは何度でも循環する考えだからこのまま経読に突入している。だから、出家とは考えそのもののことで、髪を切ったりするのは無心におけるその間の修行のやり方で、家を投げることはまた更に違う。

     

     

     

     

    こんな私を、哲学家はどう思うのかひとしきり鏡を思っても、

     

     

    学問的なことは実際気にならないおとうとの方を見ている。

     

     

     

    希望を見てたいのは人にたいしてで、やはりその為に恋などは心の中に許して大きくいたい。

     

     

     

    アジアと言う明るさに向かえない人を見ている。仏を感じていたら神を交え、このようになり知識を取り戻している。

     

    自分は大穴牟遅神、神のポケットの中で色々被ってるが、

     

    今運と天運が二つある、このうち祖が心を守る故に予想だにせず決められていたこの季の希望(キノキボウ)である。

     

    神社に行くと、「この日は有名」と言う。故に待ち構えていた精霊が多い。

     

     

     

    万人の明るさ、朗るさ、を、

     

    キーワードに道の人を巻き込みごみごみしがちな物にたいする感覚であるが、

     

    これから物の考え方を明るくクリアにして、

     

    もともと目線にしていた民族性をわかち合うだろう。

     

     

    月が、亡失したとしっかり覚えている闇にたいして綺麗に浮かんでいる。月が月としてある。

     

     

     

     

     

    花と仲としたしゅんかん、恋に落ちていく太陽の陽気な様を見た。

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev July 2024年 next
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
RSS
k
k