揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,005,575
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,005,575
  • p

    Works 46
  • 上手くいってること

    側のフランス人が、こんなん持っても剥がれていくわ、と物に憧れた私と物との剥離を言われた。

     

     

    小さなミニチュアの印籠なら、手に収まって可愛いかもしれない。

     

     

    そう思った時は、側にいるアメリカ人に妬かれた。それは、あらゆるものの心に均等がズレているなど理由ある理性による。

     

     

     

     

    自分が生まれる前に世界があるのなら、それを業にするまでは言わないが心つき従って、何故かティーシャツを着ていること、それには歴史があったなど前後はなく、何故かティーシャツを来ている、から始めても、全く日本人だろう。着物は着ようと思ったらいつでも着れて、働いていれば物も買える。

     

    街並みが、城のように漆喰が白く美しかったそうだ。全員が髪を黒く結って明るい色柄の着物を締めていたから、綺麗だったのだろう。しかし、そこにある粋な価値観とは誰もやらないことにある。が、それも暇であるという枠があるからである。君は、どうするというよりは、君は現代の字をもう書き整えている。

     

     

    したがって尊いのは、それなりに生きていること、その中に本来の天神を見つけ出す。

     

    物のあいまには人がいるということだ。過去を、そっくりそのまま取り戻すと言い出すにしても、自然ばかりが自然ではなく建物もまた自然である、という奥行きを持った地球の厳しい顔を見ることに突入している。そこにたった一回、たった一つ、その言葉に微笑む茶人がいる。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev June 2024年 next
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
RSS
k
k