揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 407,741
  • p

    Works 45

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 407,741
  • p

    Works 45
  • 先代チギ

    2022/07/16

    心到滅却

    「言葉負け」してませんか?

     

     

    それは、取るべき栄養足りてない、ということです。

     

     

     

    人間関係のほろ苦さ。

     

     

    ちゃんとピーマン摂ってますか? ものを、噛んでますか?

     

     

    いきなりチノセカイじゃぁぁ!! と、物事を白っぽくしてませんか?

     

     

    「モバイル」も、何かに合わせて価値に埃がかかっていたんですよ。

     

     

     

    個人的であるかが、賞与がそういう形に与えられようてしてて、

     

     

    物事を正しく思うところに「前提」としての前文が先に有り、輪によって創造されたこの通りの立っている事、これが立憲「リッケン」ということなのですね。

     

     

     

    19万も、持ってない。とは、今よく分かりますね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「蟻」

     

     

     

    虚しさも、「酷摘みの文化」があり、それは花のように一人一個は、運ぶもののことが、この街の作りと変わらぬ風紀。

     

    定理 に佇むとしては、ワテらの大将テントウ虫も、このやることなすことは有って良いことの筈。

     

     

     

    死的に強いこと、

     

     

    滅びとしての長所も、

     

     

     

     

    素直に感じて喜びとも歌えたら、

     

     

    ずっと、続いて行けそう

     

     

     

    あとは勇気を出して、黒くなって、つまり黒とは、今後の細かを増やすこと。つまり、今までの自分が良いから会わせてくれて新しさにたいしてはそれは変えたらあかんこと。喋り言葉が、むしろ「オシャレ」を達成する以外は、自分のリズミカルをかえたら、伝わりづらい。あれもこれもと、ちゃんと合体させる方法なら…いけんこともない。

     

     

    文門の、なにがややこしいかは既に聞いたとおもう。だから、文門的には、定かではないがすっぱく捨てた形跡が有るのだろう。〈中指を立てる〉このことにちゃんと憧れているのなら、良いのですよ。

     

     

     

    …退屈なのは、住んでる人が難波や難しいと思うところに関していて、手持ちぶさたが、いなめない。何が、真面目かも、わからんし。今だにわからんことも、必定であって、

     

     

     

    「個(くろ)」くあることを、忘れない強さは、有んねん。

     

     

     

     

    これらが、逆に許可されたんは、ちゃんと自分がぼの海行ったり、「ドドスコのテンション」のあたいを、一定以上クリアしていたから。「何が蝶であり、蟻かとかは、考えたりそれについて以外でこちょこちょしてたらあかんと思う。」ワテが時々そうつぶやくんは、そう言われたことが有る。厶ーかも。

     

     

     

     

     

    「お水」

     

    まず、人見知りをしない距離感を掴むべきだと思う。頑張れば千円で何ぼでも勉強出来る!

     

     

     

     

    「壊れた人」

     

    客観性は、れっきとした躾けやから、あきらめるな。

     

     

    「3日で直る。」 傷の治療は芯からの心の触れ合いや、自分より精神力の高い精神科医にあれこれゆわずついていくような姿勢で早いが、49日などこう言われる噂のようなことではないのだ。心は病気をしないらしい。

     

     

     

    しかし、 水を通して思考はやわらかくなる。見にくさ(醜)と、憎悪(話のそと)は、これまた違う種類だのです。これが、凄い注意点であらゆり醜さだったら、水として向かえ入れても長くとして良いのかも知れないが、もう世界の何もかも放棄する、といった心は、酷いを、過ぎる。そんな気持ちにもなったり、ただそれが気持ちではなく本体という事が確認されている。

     

    宇宙人もたしかに生きている、として、この愛のなかの法なりや定説であって、不じ着しちゃうのは、やっぱその星の悪いやつでしかない。ほかすもの、何やら自分らが尊いとおもったとき、私らに自惚れてその客観性が余計に重量的になって、まんまと「良くないとこ」に落ちた、の不思議さを少し可笑しく思って、キリよく見ているそう。

     

     

     

     

     

     

    「高僧先代チギ」

     

     

    前にも話したと思う。「宇宙的に生きるのだ詩的活動ポップアップよ☆」と不じ着したときに、どこからか

     

    我に難難苦苦を与え給え、と願う人たちなのですね。

     

     

     

     

     

     

     

    黙って爆笑したが、この言葉は残ってないし使えよ、という意味。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k