揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 126,428
  • p

    Works 46
  • 幽霊を置いて行っちまおう

    解答が、どんなに大きなものでも

     

    これがよもや私のものでは無いと云った、宇宙の考察で有り、

     

    詩の眩さにたいして立ち眩みをするわけでも無いが、

     

    何故かと云うと、この客観的な宇宙が、無色の火で有ると思う美しさに於いて、

     

    ひれ伏した時に

     

    藍色が副次的に悟るのだ。

     

    ちなみに火は、1毎F揺らぎという数値を持って居る。

     

    めの中を横行して居る。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    僕がお前に一番ツッコミたいのは、

     

    ばかの様に、一回読みでは、

     

    全てを暗記したことにはならないし、

     

    何の為に記録しているのか分かりますか。

     

    理解できるまで、繰り返して良いのが恋だろう。

     

    いつも終わりに告げるのは、本当に僕に云いたい愛想なのか、

     

    「誰か」への言葉なのか。

     

    お前は世界を恨んだ。

     

     

     

     

     

    君たちがよく云う、絶望で有る美しさは、

     

    優しいだろうか?

     

    むしろ、美しいだろうか?

     

     

    なんせ、“ママ”は魂を私にあずけたのだから。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     彼はさう独り言ちて、 むんずと手を伸ばして 《世界》を握り潰せし。

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして、《世界》は憤怒の喚き声を発せし。

     

     

     

     

     

     

     

    ――何する《もの》ぞ。《世界》と呼ばれし《吾》は、お前なんぞに変へられてたまるか!

     

     

     

     

     

     

     

     

    虚しき喚き声のみ残して《世界》は《存在》を始めてしまった。 その時、《世界》は一言呻いたのだ。

     

     

     

     

     

    ――あっ、しまった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    世界とは、六角の粋な穴に凍って居る。

    恋人とは、数値に為り得ない資本だ。

    物事とは、わたしの神様だ。

    藍色とは、宇宙の様に純粋で有るのが定めだ。

     

    天界を、今日も目指して。

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k