淑白

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 31,717
  • p

    Works 34

淑白

m
r

淑白

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 31,717
  • p

    Works 34
  • 書いてる途中

    話を返って、憎しみのリユウは恋と云って仕舞っても良い。
    純朴な興味がいつも含まれていて、また狂った愛で有るので近親相姦も有り得て、実際考えないけどそんな夢を僕の恋人に割り当てて。

    「生まれ変わったら、友達から始めませんか?」君は云う。
    恋人だったのに、嫌われたのだ。
    「何故、僕が突然現れたままのお前を大事にするの?」僕は怒ってしまった。

    悲しむと、「次」なんてないし、正しいから、とかじゃなくて何だか、寝ても覚めてもそうしたいんだ。
    「欲をかかずにもう一度がんばりませんか?」頼りなく僕が云った。


    アニメが、黒い薔薇よりもはるかに、彼らが僕にとっての詩人で有るのだ。ひとに見える糸は見えない糸を隠してしまうし、ひとに見えない糸は、自分すら出来ない事で責め合い、逃げあう。
    そういう形をした彼女たちの瞳、紙の上に立つある種の虚構が、見る夢が、疲れて人間たるに陥れる。醜い!僕の顔。顰蹙だね「信じられない」よ。安々と愛を叶える…高潔な詩性、酷い気持で溜息を付かない簡易な居場所、心。

     

    「僕ってひねくれてますか?」

    「何パーセント曲がっていると、ひねくれていると云われるのですか?」
    僧が、「38パーセントだとしましょう。」
    「感情がまっすぐの人は、どんな境遇なのですか?」
    「どんな境遇でしょうね、それをいちいち考えない。」
    「私は何パーセント歪んでいるのでしょう?」
    「答えるのは難しいけど、100パーセントでした。」
    「これは誰かのせいなんです。僕は本当は違うんです。」
    「優しさを理解して居ますか、あなたがあなたの心を誰かのせいにしてしまうと、人は泣くでしょう。それであなたは何を覚えるのですか?ああ、誰かのように為れれば良いけど、譲ってしまったら、納得行くんですか?
    善くゆだねる事さえ出来ない」
    「わかりました。50の傾きを直します。すいませんでした。たった優しく有りたい自分のたわいない事を叶えることが、骨を折る様なことなのです。あさはか。」

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k