HARU WORKS(柴山晴)

イラスト・日記

7

神奈川県

0

https://note.com/kouhou_shibayama
social
  • 3

    Fav 78
  • 9

    View 180,299
  • p

    Works 88

HARU WORKS(柴山晴)

m
r

HARU WORKS(柴山晴)

イラスト・日記

  • 3

    Fav 78
  • 9

    View 180,299
  • p

    Works 88
  • 「おらおらでひとりいぐも」対談集見ました

    さすがATOK、アップデートで標記の作品名が出てきました。

    小説家って、「文藝」めくって思ったのですが、作家稼業以外に編集者と旅先へ取材にご一緒したりと

    意外に多忙な人なんだなと思います。

    それゆえに、斉藤美奈子氏の「覚悟して応募してください」なのだろう。

     

    いつぞや、近所のコストコでサンドを頬張っていると、こんな会話が。

    「娘が『芸能人になりたい』っていうんだ。困った。」

    と家族会議している人たちが隣になった。

     

    子どもが芸能人なら、非違行為をしようものなら、係累を負って親が会見で謝る。

    個人主義の国では考えられない光景が待ち受けている。

    あの親にはそれだけの覚悟はあるのだろうか。

     

    親を泣かせたくなければ芸能人ではなくて小説家になった方がいい。

    忙しいのは変わらないが。

  • 「まだ間に合う」2018年オリジナル年賀状

    2017/12/14

    活動記録

    ダウンロードに新作を貼り付けました。ご利用ください。

  • 鉄道小説大賞一次選考通過しました(柴山 晴)「ストロベリーハウスでつかまえて」

    https://www.tetsudoshosetsutaisho.com/%e3%80%8c%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%81%a7%e3%81%a4%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%88%e3%81%a6%e3%80%8d%e6%9f%b4%e5%b1%b1%e6%99%b4/

     

    サリンジャーの例のではないですが、海老名にライ麦畑がないのは残念ですが、歴史とイチゴが名物です。

    一応、恋愛小説です。

  • ひと段落

    2017/07/17

    活動記録

    つきました。あるデザイン募集で、要綱と首っ引きで(当然か?)仕上げていました。

    やっと終わったというところです。難しいですね。

  • 一日一枚

    2017/07/14

    活動記録

    今年の初めから具合が悪いため、飛ばして描くことができません。

    一日一枚。

    どうにもならないものですね、エネルギーが切れている時は。

    治療中ではありますが、すぐに良くなる病気ではないです。

  • ハンズ年賀1次落ち

    2017/05/23

    活動記録

    これが初めてじゃないから良いけど、良くない。良いはずがない。

    これぐらいシンプルでも描ける、通過作品を見ると違和感がこみ上げる。

    はじめっから決まっているんじゃないのと思いたくなる。

    慣れたつもりだけどもういい。

    昨日、東京2020マスコット募集要項が出た。うつにエネルギー取られ、

    下書きデッサン終えるだけでやっと。

    ああ、疲れた。

  • 童話の作り方・うまくいかないので調べてみた結果

    毎年、この時期になると、かつて応募した童話賞の(いずれも選外)応募案内ハガキが来ます。

    昨年は仕事が忙しすぎてすっぽかしました。

    それでも、今年来ました。

    これは「書け」ということですかね。[書く]ということにしましょう。

    先に結論。ブロンズ粘土で像を造る作業に似ているのではないでしょうか。

    調べると、短編で詩を書く能力が求められるといいます。

    学部の講読の時間で、たとえばマーク・トゥエインの短編を輪読したりするわけです。

    ポエジーなんですよね。短編って。いかにインパクト強くか。

    金子みすゞの「すずめの母さん」とか、どきっとさせられますね。

    (新約聖書の「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」とか遠藤周作の「わたしが・棄てた・女」をも連想しますが)

    粘土/童話 で書いていきます。

    ブロンズ粘土で像を造るときはまず、スケッチします。/これがテーマを決める作業です。

    骨組みを作ります。/これが詩を作る作業です。

    肉付けします。/これが本編を作る作業です。

    理屈的には分かったつもりですが、さすが難しい。

     

  • ネコごろにゃん

    2016/10/18

    作品更新

    自分のうちで14年間柴犬を飼っています。

    先日、よく行くショッピングセンターのケージの中をみると、アメリカンショートヘアがわたしを見てあくびしてきます。

    ネコにもカーミングシグナルありかなと思い、あくびしかえしてみます。

    別に猫じゃらしを入れたわけじゃないのに、背中を床にこすりつけてごろにゃん。これはうけました。

    ネコを飼っている方にもおすすめです。

  • 西部鉄道警察 大門編1・2

    2016/10/08

    作品更新

    あぶないカモにつづいて、石原かもプロ作品(笑)<笑うなって。

    いまも私鉄の駅ホームに行くと、駅構内での暴力は犯罪です、というポスター。

    パンダカラーの電車が入ってくる絵にインスパイアされたものです。

  • 純文学って…

    純文学って、読んでいて途中で胸がいっぱいになって、それ以上読み進められない。

    ダンテの神曲もそうだし、地獄篇真ん中過ぎて読みさし。

    司馬遼太郎もそう。街道をいく「蒙古塚・虹の松原」まで行ってそのまま図書館に返却。

    神曲は手元なので、読書再開まで安心していられる。

    自ずと、図書館はさらっと読めるベストセラーばかりになるわけです。二週間で読み切れる本ばかりね。

RSS
k
k