HARU WORKS(柴山晴)

イラスト・日記

7

神奈川県

0

https://note.com/kouhou_shibayama
social
  • 3

    Fav 78
  • 9

    View 180,247
  • p

    Works 88

HARU WORKS(柴山晴)

m
r

HARU WORKS(柴山晴)

イラスト・日記

  • 3

    Fav 78
  • 9

    View 180,247
  • p

    Works 88
  • 我流?絵描きあるいは文章書き?

    2013/06/29

    活動記録

    コンペの講評と題して案内が来ました。でなくちゃいけないんでしょうかね?専門学校の紹介だと思うのですが。

    家人の、美術の先生をしていた知り合いに私の絵をみてもらいました。「正式に習ってはいない絵だよね」とのこと。基礎が高校の選択制で美術(他の選択制は音楽か書道)を履修していたとき以来ないもので、さすがにこれは我流なのかと思います。

    どこかで認めてもらおうとするなら、その世界の人に認めてもらうことが第一ステップなのでしょうか。

    美術に限らず、私は小学低学年のころから「詩を書きなさい」と勧められ、中学1年の時に国語の先生に作文を勧められました。そのときは八ヶ岳山行を作文にして、都内中学校の部で佳作に入選。勢い余ったせいか、大学では文学部にいました。実学でないため今も本職の職場で苦労してます。

    でも、絵を描いてもわたしの場合スジがあやしいところではあります。

  • ウサギなのに「コ○ス」

    好きずきもはっきりわかれてしまうとおもいますが、「cune」公式サイトを見つけてしまいました。

    先日、通勤途中の町田駅で某SS製薬のウサギさんの下に物騒な言葉が書いてあるTシャツの娘さん発見。わたしの視線も含め、それを一本ずつつかんで投げ返しているような感じでした。

    このTシャツ、既視感があるので検索してみました。で、上のリンクにヒットです。

    そのサイトのABOUTから
    「誰が着る、誰に着せたい、どうコーディネートする、といったことは一切考えていません。

    買わなくていいです。
    やっていることを遠くから見守っていてください。」

    このスタンスが何とも言えず印象に残ります。とくに「買わなくていいです。」のところ。これを見ると無性に買いたくなる人もいるんでしょうね。駅で見かけたあの娘さんのように。

    ☆参考☆

  • タータンチェック×一本結び萌え

    一度であった人は、似た人でも街中で「この人の間違いない」と思ってしまうことがある。年格好が変わっているに違いないにもかかわらず。

    すると、誰しもあたまのなかでコアになっている「萌え」があるにちがいない。そのひとつ。今日のタイトルである。

    タータンチェックのシャツを着て後一本にゆっている女性を見ると、ぞくっとしてしまう。ボブカットでもなく二本のお下げ結びでもなく、一本結びが似合っている。

RSS
k
k