HARU WORKS(柴山晴)

イラスト・日記

7

神奈川県

0

https://note.com/kouhou_shibayama
social
  • 3

    Fav 78
  • 9

    View 180,264
  • p

    Works 88

HARU WORKS(柴山晴)

m
r

HARU WORKS(柴山晴)

イラスト・日記

  • 3

    Fav 78
  • 9

    View 180,264
  • p

    Works 88
  • 童話の作り方・うまくいかないので調べてみた結果

    毎年、この時期になると、かつて応募した童話賞の(いずれも選外)応募案内ハガキが来ます。

    昨年は仕事が忙しすぎてすっぽかしました。

    それでも、今年来ました。

    これは「書け」ということですかね。[書く]ということにしましょう。

    先に結論。ブロンズ粘土で像を造る作業に似ているのではないでしょうか。

    調べると、短編で詩を書く能力が求められるといいます。

    学部の講読の時間で、たとえばマーク・トゥエインの短編を輪読したりするわけです。

    ポエジーなんですよね。短編って。いかにインパクト強くか。

    金子みすゞの「すずめの母さん」とか、どきっとさせられますね。

    (新約聖書の「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」とか遠藤周作の「わたしが・棄てた・女」をも連想しますが)

    粘土/童話 で書いていきます。

    ブロンズ粘土で像を造るときはまず、スケッチします。/これがテーマを決める作業です。

    骨組みを作ります。/これが詩を作る作業です。

    肉付けします。/これが本編を作る作業です。

    理屈的には分かったつもりですが、さすが難しい。

     

RSS
k
k