21caggdunun

m
r

21caggdunun

作家

  • 3

    Fav 0
  • 9

    View 21,026
  • p

    Works 12

WORKS

ファインアート > その他

カン・ホソンの散歩、風が吹く四次元

9

View
214

3

Fav
0

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

カン・ホソンの散歩、風が吹く四次元

by 21caggdunun

  • iコンセプト

    21c AGP その四番目の実践

    アートメッセンジャー - 仮想の空間を媒介にした芸術体験と疎通

    www.youtube.com/watch?v=4t4Eiu...

    視覚 音楽 Jung Bong Won

    カン・ホソンの散歩、風が吹く四次元



    2009年12月2日〜 12月8日



    godoギャラリー





    風網のような土台へ声がかかる。カン・ホソンは絹を土台に伝統会話の手法を活用して,イメージを構成する。必ず作家に似て,作家が作品のそばに立っていればそれ自体で歓迎と実在の交換遊びをしていないと思うほどだ。 おそらく作家が散歩をしながら得ることになる話題なので、そうするのかも知れない。 作家は作業室周辺を散歩して,会った精霊ら[作家の思いつき]を絵に移す。言ってみれば、作品は構成的ながらも幻想的な内容を持つのに、自身の幻想の中に投影された作家が童子で変わって,私たちの五感の向こう側の四次元の世界を広げて 出すことだ。
    この世界のインターフェースはまさに声。作品には子供たちの笑いの声,花が咲く声,キリンが眺める声,親しい声,工場員が繰り広げられる声,落葉が落ちる声,花びらが飛ばす声,月がまける声,私の心の声があって,このすべてで音をたてて,心をくすぐって私たちに共感するようにする精霊のいたずら…が声が一つの旋律になって,演奏され る。
    散歩連作をする以前、カン・ホソンは‘吟遊童子’を主人公でたてて,作業をしたという。
    私たちの鮮度にモチーフがあったような吟遊童子は軽くて透明な絹の上に落ちて,四次元の声を操作して,私たちに演奏してくれる。
    カン・ホソン、その幻想はきれいに人生妻は洗濯物……新鮮で揚名する。 おそらく彼は日常の中で隙間を開いて,天上の声をろ過しようと夢見ることなのかもしれない。 もしくは四次元であるからそうかもしれない。


    カン・ホソンが<散歩>という名前である一連の作業は何より細筆の手並みと材料の理解されて引き立って見える。
    彼の作業は伝統的な道具で,伝統的な色彩を使って,作業をしながらもその内容の選択と配置は同棲皆に結びつく。
    ペチェボプ背彩法で事物の深さを加え、絹の透明なことで事物の明瞭さを加えて,話の配置とモチーフは西欧的にして(必ずそうしたのではない。 モチーフにおいて東洋的なものも多い),その効果はグラフィック的である。 習った通りしようとするならカン・ホソンは水墨伝統でなく彩色伝統に置かれた作家で細筆法が優れた北画系列作業といえる。
    しかしカン・ホソンの作業で簡単で手軽な伝統の流れや同道西暦式の現代化と説明されはしない。 それよりは本当に新しい感性を表わす東洋画,いや韓国画の現代性(contemporary)を見ることになるのではないだろうか期待することになる。
    ひとまず手の味と技術が良くてデジタルとファンタジー感性がにじみ出る現代性が自然にはらんでいる。ただし多少直接的で説明的なものが眼に触れるのに,これは無理に除去したり悩むことではなく、自然にカン・ホソン自らの納得と理解を通して,解決して進まなけれ ばならない課題と考えられる。 作家がまだ二十代であるから画面がガランと空きながらも,声が聞こえる作品に進むのか,滝の水を描いて騒々しくて良く眠れないように事実性の極限状態に到 達することになるのか全く予測できないが作家が自らが現在画面がもう少し暇になることをあらかじめ先立って急ぐ必要はないようだ。 現代に共感して,自然に新しい画面を構成した美術史を振り返ってみれば,現在自身の感性に忠実で彼と対面すること,その中に材料や技法の開発が後に従うこ とでそうする時,作家に対する期待はみたされないだろうか。



    ナム・インスク(美術評論,美学) 飜譯 岩永佳子(wwr9)



    作家との対話

    12月5日 4じ

    godoギャラリー





    作家との対話の参考映像

    godoギャラリー _ 12 Susong-dong, jongro-gu, seoul

    gallerygodo.com Tel. 82_2_720_2223









    <アートメッセンジャー>は多様性が共存する視覚芸術を率直に見せることによって,国家と人種を越えて,疎通するような媒介体になろうと思います。

    ひいては個人あるいは集団間の差も違うことを理解するきっかけになって新しい価値を見つけることができたらと思います。

    皆さんが直接 Art Messengerがなって自分が運営したり、活動するコミュニティにスクラップしてコンテンツを他の人々と共に共有することができれば幸いです。

  • i環境・素材

    シルクに彩色

  • i実寸サイズ

    110X75

  • i製作期間

    2009

  • i作品URL

    21cagg.org/tt/board/ttboard.cg...

  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

カン・ホソンの散歩、風が吹く四次元

by 21caggdunun

  • iコンセプト

    21c AGP その四番目の実践

    アートメッセンジャー - 仮想の空間を媒介にした芸術体験と疎通

    www.youtube.com/watch?v=4t4Eiu...

    視覚 音楽 Jung Bong Won

    カン・ホソンの散歩、風が吹く四次元



    2009年12月2日&#12316; 12月8日



    godoギャラリー





    風網のような土台へ声がかかる。カン・ホソンは絹を土台に伝統会話の手法を活用して,イメージを構成する。必ず作家に似て,作家が作品のそばに立っていればそれ自体で歓迎と実在の交換遊びをしていないと思うほどだ。 おそらく作家が散歩をしながら得ることになる話題なので、そうするのかも知れない。 作家は作業室周辺を散歩して,会った精霊ら[作家の思いつき]を絵に移す。言ってみれば、作品は構成的ながらも幻想的な内容を持つのに、自身の幻想の中に投影された作家が童子で変わって,私たちの五感の向こう側の四次元の世界を広げて 出すことだ。
    この世界のインターフェースはまさに声。作品には子供たちの笑いの声,花が咲く声,キリンが眺める声,親しい声,工場員が繰り広げられる声,落葉が落ちる声,花びらが飛ばす声,月がまける声,私の心の声があって,このすべてで音をたてて,心をくすぐって私たちに共感するようにする精霊のいたずら…が声が一つの旋律になって,演奏され る。
    散歩連作をする以前、カン・ホソンは‘吟遊童子’を主人公でたてて,作業をしたという。
    私たちの鮮度にモチーフがあったような吟遊童子は軽くて透明な絹の上に落ちて,四次元の声を操作して,私たちに演奏してくれる。
    カン・ホソン、その幻想はきれいに人生妻は洗濯物……新鮮で揚名する。 おそらく彼は日常の中で隙間を開いて,天上の声をろ過しようと夢見ることなのかもしれない。 もしくは四次元であるからそうかもしれない。


    カン・ホソンが<散歩>という名前である一連の作業は何より細筆の手並みと材料の理解されて引き立って見える。
    彼の作業は伝統的な道具で,伝統的な色彩を使って,作業をしながらもその内容の選択と配置は同棲皆に結びつく。
    ペチェボプ背彩法で事物の深さを加え、絹の透明なことで事物の明瞭さを加えて,話の配置とモチーフは西欧的にして(必ずそうしたのではない。 モチーフにおいて東洋的なものも多い),その効果はグラフィック的である。 習った通りしようとするならカン・ホソンは水墨伝統でなく彩色伝統に置かれた作家で細筆法が優れた北画系列作業といえる。
    しかしカン・ホソンの作業で簡単で手軽な伝統の流れや同道西暦式の現代化と説明されはしない。 それよりは本当に新しい感性を表わす東洋画,いや韓国画の現代性(contemporary)を見ることになるのではないだろうか期待することになる。
    ひとまず手の味と技術が良くてデジタルとファンタジー感性がにじみ出る現代性が自然にはらんでいる。ただし多少直接的で説明的なものが眼に触れるのに,これは無理に除去したり悩むことではなく、自然にカン・ホソン自らの納得と理解を通して,解決して進まなけれ ばならない課題と考えられる。 作家がまだ二十代であるから画面がガランと空きながらも,声が聞こえる作品に進むのか,滝の水を描いて騒々しくて良く眠れないように事実性の極限状態に到 達することになるのか全く予測できないが作家が自らが現在画面がもう少し暇になることをあらかじめ先立って急ぐ必要はないようだ。 現代に共感して,自然に新しい画面を構成した美術史を振り返ってみれば,現在自身の感性に忠実で彼と対面すること,その中に材料や技法の開発が後に従うこ とでそうする時,作家に対する期待はみたされないだろうか。



    ナム・インスク(美術評論,美学) 飜譯 岩永佳子(wwr9)



    作家との対話

    12月5日 4じ

    godoギャラリー





    作家との対話の参考映像

    godoギャラリー _ 12 Susong-dong, jongro-gu, seoul

    gallerygodo.com Tel. 82_2_720_2223









    <アートメッセンジャー>は多様性が共存する視覚芸術を率直に見せることによって,国家と人種を越えて,疎通するような媒介体になろうと思います。

    ひいては個人あるいは集団間の差も違うことを理解するきっかけになって新しい価値を見つけることができたらと思います。

    皆さんが直接 Art Messengerがなって自分が運営したり、活動するコミュニティにスクラップしてコンテンツを他の人々と共に共有することができれば幸いです。

  • i環境・素材

    シルクに彩色

  • i実寸サイズ

    110X75

  • i製作期間

    2009

  • i作品URL

    21cagg.org/tt/board/ttboard.cg...

  • iライセンス

    設定しない

published : 2009/11/26

閉じる
k
k