21caggdunun

m
r

21caggdunun

作家

  • 3

    Fav 0
  • 9

    View 20,997
  • p

    Works 12

WORKS

ファインアート > その他

誰が寿司を移したか? クイミ・ユウの展示

9

View
254

3

Fav
0

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

誰が寿司を移したか? クイミ・ユウの展示

by 21caggdunun

  • iコンセプト

    21c AGP その四番目の実践

    アートメッセンジャー - 仮想の空間を媒介にした芸術体験と疎通

    ベルトコンベアー寿司上の社会





    映画‘モダンタイムズのベルトコンベアーは産業社会の機械化され、画一化された人間の生の姿を現わす象徴記号としてしばしば使われた。 現代都市の道路と交差点,エスカレーターとエレベーターもまたコンベヤーベルトのような意味でコード化された。 作家はまさにこのようなコンベヤーベルトの象徴的な意味に関心を持つ。 彼女は回転寿司店のコンベヤーベルトの上の皿に乗った寿司に投影された現代都市と人間人生の属性を読みだす。 彼女は寿司を擬人化して、色々な風景を表現する。 彼女に話によれば画面でタマゴ寿司、サーモンにぎり、ブリにぎりなどはそれぞれの特性を持った構成で登場する。回転寿司店では皿色により価格がすでに決定されており、その上に乗せられる寿司の価値もすでに決められているということだ。 作家はこのように決定された寿司の価値を人間社会を描写する風景の素材として使う。 しかし彼女は寿司を単に社会の批判のために引用するのでなく、現代社会の断面を広げ、それらをウィットと共に眺めるために使ったのだ。 例えば作品<川辺北路ロマンス>は複雑な川辺北路の風景をコンベヤーベルト上の寿司で表現した。 道路を行き来する多くの自動車らは各種の寿司で、アイロンをかける箸、山は魚の断面、汝矣島(ヨイド)は絵皿で描写された。 互いに先んじるために前だけ見て走って行く現代社会の都市風景を彼女は美しくて美味しそうなすしの風景に変換したのだ。 このように<川辺北路ロマンス>はすしの甘さを記憶するように、ほのかな月の光の下繰り広げられる都市の姿を懐かしく、美しい風景を想起させる。



    彼女はまた韓国の伝統的な風景を絵画に入れるのに,<平和の日>,<安全第一>,<カッコウ巣を飛んで行った鳥>が代表作品らだ。 彼女は朝鮮時代政調がお父さん思悼世子の墓地に現れた姿を描いた。それらを記録化<災い性能行も(華城陵幸図,1795)>し、現代社会の色々な出来事をくりひろげる。 過去試験を受けた後ナンナ門で合格者を発表する光景の<洛南軒放榜図>,火星城郭で軍事を訓練する姿の<西将台(ソジャンデ)成鳥も(西将台城操図>等伝統的な記録化の姿を作家は寿司の風景で表現する。 作品<平和の日>は修学能力試験の風景を朝鮮時代過去試験の形式を借りようと諷刺的に描写している。 試験場入口には色格別皿が描かれた垂れ幕があって,お母さんらが祈祷を捧げていて,遅れた受験生が入試場に入ることができずに泣き叫ぶ風景がそっくり描いている。 試験場の中風景も詳しく描写されている為、右側には有名学院(塾)旗らが,そして左側には各名門高らの旗が立てられており,病死(兵士)と見えるウナギとサバ寿司は色々な伐採道具らを入っている。 前面にはカンニングを防止するために兵士たちが矢を持って立っており,顧問のためのワサビ ソースも用意されている。 宮の外北側には大学試験の戦争をするために流した涙を象徴するように涙高の魚頭山水画が広げられている。 <カッコウ巣を飛んで行った鳥>は<西将台(ソジャンデ)成鳥も>を表現したことで軍入隊と訓練の過程を詳細に,描写している。 作品には水時計,日時計,砂時計が出てくるのに2年という医務兵役の時間性を隠喩的に見せる。 作品で王の宮には卵が二つあるのに,カッコウ時計の中のカッコウは飛んで行ってなくて分かるほど残っている状況を愉快だが苦々しく表現している。 <安全第一>は補完が徹底した都市の家庭中で広がる色々な犯罪らと不正,政党戦い,崇礼門(スンネムン)放火および洪水など社会の不条理な面らをよく描写している。 この他に彼女は台所風景シリーズを通じて,宗教と教育,美人コンテストとテロ,犯罪などの色々な社会的な問題を作品に放つ。 彼女はこの作品らで社会の権力に服従したり君臨する人々の姿と風景らを詳細に描写している。



    このように色とりどりに派手な寿司を通じて,現代社会の断想らを諷刺的に広げて出す作家の作品はお金,容貌,学閥,名誉の価値らで人間のすべての人生を裁とうとする規格化された社会の価値を批判する。 その批判は人間が作ったこのような価値が、回転寿司店のベルトコンベヤーと共に絶えず反復される人間の頸木であり、くびきであることを認識するようにする装置だ。 これを通じて,作家は社会の色々な風景らが愉快でおいしい寿司の風景に置き換えることを望む。 寿司を食べて,余裕を持つように私たちの人生をまた見てまわり、‘ロマンス’として記憶するならば明らかに作家の寿司の風景は値段をつけることはできない美しい皿に含まれるだろう。





    ペク・コン(美学) 飜譯 岩永佳子(wwr9)






    誰が寿司を移したか? クイミ・ユウの展示

    2009年12月2日〜 12月8日

    Kwanhoonギャラリー



    Kwanhoonギャラリー_198 kwanhoon-dong, jongro-gu, seoul

    kwanhoongallery.com Tel. 82_2_733_6469

    21cagg@21cagg.org






    <アートメッセンジャー>は多様性が共存する視覚芸術を率直に見せることによって,国家と人種を越えて,疎通するような媒介体になろうと思います。

    ひいては個人あるいは集団間の差も違うことを理解するきっかけになって新しい価値を見つけることができたらと思います。

    皆さんが直接 Art Messengerがなって自分が運営したり、活動するコミュニティにスクラップしてコンテンツを他の人々と共に共有することができれば幸いです。

  • i環境・素材

    寒地に水墨彩色

  • i実寸サイズ

    180x92cm

  • i製作期間

    2009

  • i作品URL

    21cagg.org/tt/board/ttboard.cg...

  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

誰が寿司を移したか? クイミ・ユウの展示

by 21caggdunun

  • iコンセプト

    21c AGP その四番目の実践

    アートメッセンジャー - 仮想の空間を媒介にした芸術体験と疎通

    ベルトコンベアー寿司上の社会





    映画‘モダンタイムズのベルトコンベアーは産業社会の機械化され、画一化された人間の生の姿を現わす象徴記号としてしばしば使われた。 現代都市の道路と交差点,エスカレーターとエレベーターもまたコンベヤーベルトのような意味でコード化された。 作家はまさにこのようなコンベヤーベルトの象徴的な意味に関心を持つ。 彼女は回転寿司店のコンベヤーベルトの上の皿に乗った寿司に投影された現代都市と人間人生の属性を読みだす。 彼女は寿司を擬人化して、色々な風景を表現する。 彼女に話によれば画面でタマゴ寿司、サーモンにぎり、ブリにぎりなどはそれぞれの特性を持った構成で登場する。回転寿司店では皿色により価格がすでに決定されており、その上に乗せられる寿司の価値もすでに決められているということだ。 作家はこのように決定された寿司の価値を人間社会を描写する風景の素材として使う。 しかし彼女は寿司を単に社会の批判のために引用するのでなく、現代社会の断面を広げ、それらをウィットと共に眺めるために使ったのだ。 例えば作品<川辺北路ロマンス>は複雑な川辺北路の風景をコンベヤーベルト上の寿司で表現した。 道路を行き来する多くの自動車らは各種の寿司で、アイロンをかける箸、山は魚の断面、汝矣島(ヨイド)は絵皿で描写された。 互いに先んじるために前だけ見て走って行く現代社会の都市風景を彼女は美しくて美味しそうなすしの風景に変換したのだ。 このように<川辺北路ロマンス>はすしの甘さを記憶するように、ほのかな月の光の下繰り広げられる都市の姿を懐かしく、美しい風景を想起させる。



    彼女はまた韓国の伝統的な風景を絵画に入れるのに,<平和の日>,<安全第一>,<カッコウ巣を飛んで行った鳥>が代表作品らだ。 彼女は朝鮮時代政調がお父さん思悼世子の墓地に現れた姿を描いた。それらを記録化<災い性能行も(華城陵幸図,1795)>し、現代社会の色々な出来事をくりひろげる。 過去試験を受けた後ナンナ門で合格者を発表する光景の<洛南軒放榜図>,火星城郭で軍事を訓練する姿の<西将台(ソジャンデ)成鳥も(西将台城操図>等伝統的な記録化の姿を作家は寿司の風景で表現する。 作品<平和の日>は修学能力試験の風景を朝鮮時代過去試験の形式を借りようと諷刺的に描写している。 試験場入口には色格別皿が描かれた垂れ幕があって,お母さんらが祈祷を捧げていて,遅れた受験生が入試場に入ることができずに泣き叫ぶ風景がそっくり描いている。 試験場の中風景も詳しく描写されている為、右側には有名学院(塾)旗らが,そして左側には各名門高らの旗が立てられており,病死(兵士)と見えるウナギとサバ寿司は色々な伐採道具らを入っている。 前面にはカンニングを防止するために兵士たちが矢を持って立っており,顧問のためのワサビ ソースも用意されている。 宮の外北側には大学試験の戦争をするために流した涙を象徴するように涙高の魚頭山水画が広げられている。 <カッコウ巣を飛んで行った鳥>は<西将台(ソジャンデ)成鳥も>を表現したことで軍入隊と訓練の過程を詳細に,描写している。 作品には水時計,日時計,砂時計が出てくるのに2年という医務兵役の時間性を隠喩的に見せる。 作品で王の宮には卵が二つあるのに,カッコウ時計の中のカッコウは飛んで行ってなくて分かるほど残っている状況を愉快だが苦々しく表現している。 <安全第一>は補完が徹底した都市の家庭中で広がる色々な犯罪らと不正,政党戦い,崇礼門(スンネムン)放火および洪水など社会の不条理な面らをよく描写している。 この他に彼女は台所風景シリーズを通じて,宗教と教育,美人コンテストとテロ,犯罪などの色々な社会的な問題を作品に放つ。 彼女はこの作品らで社会の権力に服従したり君臨する人々の姿と風景らを詳細に描写している。



    このように色とりどりに派手な寿司を通じて,現代社会の断想らを諷刺的に広げて出す作家の作品はお金,容貌,学閥,名誉の価値らで人間のすべての人生を裁とうとする規格化された社会の価値を批判する。 その批判は人間が作ったこのような価値が、回転寿司店のベルトコンベヤーと共に絶えず反復される人間の頸木であり、くびきであることを認識するようにする装置だ。 これを通じて,作家は社会の色々な風景らが愉快でおいしい寿司の風景に置き換えることを望む。 寿司を食べて,余裕を持つように私たちの人生をまた見てまわり、‘ロマンス’として記憶するならば明らかに作家の寿司の風景は値段をつけることはできない美しい皿に含まれるだろう。





    ペク・コン(美学) 飜譯 岩永佳子(wwr9)






    誰が寿司を移したか? クイミ・ユウの展示

    2009年12月2日〜 12月8日

    Kwanhoonギャラリー



    Kwanhoonギャラリー_198 kwanhoon-dong, jongro-gu, seoul

    kwanhoongallery.com Tel. 82_2_733_6469

    21cagg@21cagg.org






    <アートメッセンジャー>は多様性が共存する視覚芸術を率直に見せることによって,国家と人種を越えて,疎通するような媒介体になろうと思います。

    ひいては個人あるいは集団間の差も違うことを理解するきっかけになって新しい価値を見つけることができたらと思います。

    皆さんが直接 Art Messengerがなって自分が運営したり、活動するコミュニティにスクラップしてコンテンツを他の人々と共に共有することができれば幸いです。

  • i環境・素材

    寒地に水墨彩色

  • i実寸サイズ

    180x92cm

  • i製作期間

    2009

  • i作品URL

    21cagg.org/tt/board/ttboard.cg...

  • iライセンス

    設定しない

published : 2009/11/26

閉じる
k
k