21caggdunun

m
r

21caggdunun

作家

  • 3

    Fav 0
  • 9

    View 20,979
  • p

    Works 12

WORKS

ファインアート > 彫刻

アートメッセンジャー - 彫刻家 パク・ジュヒョンー道具の話ー

9

View
303

3

Fav
0

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

アートメッセンジャー - 彫刻家 パク・ジュヒョンー道具の話ー

by 21caggdunun

  • iコンセプト

    21c AGP その四番目の実践

    アートメッセンジャー - 仮想の空間を媒介にした芸術体験と疎通

    パク・ジュヒョンは文明社会を生きていく人間群像を"道具"を使って表現してきた。
    厳密に言うと、‘道具を作るための道具の柄’を話の伝達のための用途で使う。
    彼は本来、機能遂行と支持体という道具、その頭と柄を逆転させて話の土台と具現体という新しい道具性と場所的意味を付与する。

    彫刻家パク・ジュヒョンにとって、道具は材料と同時に素材だ。彼は道具と道具的人間が成し遂げた世界,その中で欲望する人間の姿を道具の柄に極小形状で刻んで入れる。そうして彼の<道具の話>は感性と理性が衝突することによって、遊牧と定住、拘束と自由の間で葛藤する同時代人の矛盾的欲望を時には写実的に時には象徴的に記録している。彼は自身の話と自身がみた話、第三者から聞いた話、そして第三者的観点で伝える自身の話など特定叙述時点でも一定の叙述の種を維持しないでいる。また時間的前後関係や起承転結の一貫したナラティブなしで水平的に広げておき、個別エピソードの(実在と象徴,想像の)視空間が交差して作家的宇宙を成し遂げる。

    "道具"を使って表現された作品は演劇的状況を演出して、誰より先に彫刻家パク・ジュヒョンを叙情的心理空間と対面するようにする。古い道具と柄、そしてその中で(あるいは上で)繰り広げられる話という形式構造は世界中で人間の自律的意志と試みそして循環的限界を経験するようにする。彼は自身の<道具の話>を道具に刻み込んで、自身が刻みこんでいるという話を見ることになる。このような状況はあたかも自身の話を道具から聞くような行為主体の混乱を誘発する。そして自身の創作行為を含むことによって、道具的人間が創造した道具文明の世界の上で起きているすべての行為に内在した自分複製性あるいは自分の反復性に直面するようにする。このような作家的経験はメールランの姿リある感性をかもし出し、自ら成し遂げられた技術文明から疎外された人間の問題という同時代的共感を形成する。

    彫刻家パク・ジュヒョンが眺めた人間群像らの矛盾的欲望と限界を叱責したり批判するよりは道具と人間の心理的対決構図の中で独特の滑稽を引き出す。彼の<道具の話>はユーモアとユーモア,反語的矛盾を行き来して自身が成し遂げた技術文明から疎外されて,一つの道具に転落した私たち自らでとって創造的人間存在に関する問いを投げるようにする。 そして芸術家の道具的行為が持った社会的役割と意味は何かと絶えず尋ねるようにする。彼は自身の役割を遂行するために道具を握って先地点であり自身の話をまた聞くことになる地点、そして話の土台と具現体を連結するまた他の具現体のまさにその地点で答えを探すようだ。初めての個展に続く今回<道具の話>で道具個体らを結合して作った椅子と鳥の形状は道具社会と道具的人間の異質関係を回復させる媒介地点、すなわち‘間’場所の役割に対する隠喩的象徴として作家的省察が引き立って見える。

    SONGE(芸術学,美術批評) 飜譯 岩永佳子(wwr9)

  • i環境・素材

  • i実寸サイズ

    25*20*40 cm

  • i作品URL

    21cagg.org/tt/board/ttboard.cg...

  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

アートメッセンジャー - 彫刻家 パク・ジュヒョンー道具の話ー

by 21caggdunun

  • iコンセプト

    21c AGP その四番目の実践

    アートメッセンジャー - 仮想の空間を媒介にした芸術体験と疎通

    パク・ジュヒョンは文明社会を生きていく人間群像を"道具"を使って表現してきた。
    厳密に言うと、‘道具を作るための道具の柄’を話の伝達のための用途で使う。
    彼は本来、機能遂行と支持体という道具、その頭と柄を逆転させて話の土台と具現体という新しい道具性と場所的意味を付与する。

    彫刻家パク・ジュヒョンにとって、道具は材料と同時に素材だ。彼は道具と道具的人間が成し遂げた世界,その中で欲望する人間の姿を道具の柄に極小形状で刻んで入れる。そうして彼の<道具の話>は感性と理性が衝突することによって、遊牧と定住、拘束と自由の間で葛藤する同時代人の矛盾的欲望を時には写実的に時には象徴的に記録している。彼は自身の話と自身がみた話、第三者から聞いた話、そして第三者的観点で伝える自身の話など特定叙述時点でも一定の叙述の種を維持しないでいる。また時間的前後関係や起承転結の一貫したナラティブなしで水平的に広げておき、個別エピソードの(実在と象徴,想像の)視空間が交差して作家的宇宙を成し遂げる。

    "道具"を使って表現された作品は演劇的状況を演出して、誰より先に彫刻家パク・ジュヒョンを叙情的心理空間と対面するようにする。古い道具と柄、そしてその中で(あるいは上で)繰り広げられる話という形式構造は世界中で人間の自律的意志と試みそして循環的限界を経験するようにする。彼は自身の<道具の話>を道具に刻み込んで、自身が刻みこんでいるという話を見ることになる。このような状況はあたかも自身の話を道具から聞くような行為主体の混乱を誘発する。そして自身の創作行為を含むことによって、道具的人間が創造した道具文明の世界の上で起きているすべての行為に内在した自分複製性あるいは自分の反復性に直面するようにする。このような作家的経験はメールランの姿リある感性をかもし出し、自ら成し遂げられた技術文明から疎外された人間の問題という同時代的共感を形成する。

    彫刻家パク・ジュヒョンが眺めた人間群像らの矛盾的欲望と限界を叱責したり批判するよりは道具と人間の心理的対決構図の中で独特の滑稽を引き出す。彼の<道具の話>はユーモアとユーモア,反語的矛盾を行き来して自身が成し遂げた技術文明から疎外されて,一つの道具に転落した私たち自らでとって創造的人間存在に関する問いを投げるようにする。 そして芸術家の道具的行為が持った社会的役割と意味は何かと絶えず尋ねるようにする。彼は自身の役割を遂行するために道具を握って先地点であり自身の話をまた聞くことになる地点、そして話の土台と具現体を連結するまた他の具現体のまさにその地点で答えを探すようだ。初めての個展に続く今回<道具の話>で道具個体らを結合して作った椅子と鳥の形状は道具社会と道具的人間の異質関係を回復させる媒介地点、すなわち‘間’場所の役割に対する隠喩的象徴として作家的省察が引き立って見える。

    SONGE(芸術学,美術批評) 飜譯 岩永佳子(wwr9)

  • i環境・素材

  • i実寸サイズ

    25*20*40 cm

  • i作品URL

    21cagg.org/tt/board/ttboard.cg...

  • iライセンス

    設定しない

published : 2009/09/02

閉じる
k
k