21caggdunun

m
r

21caggdunun

作家

  • 3

    Fav 0
  • 9

    View 20,986
  • p

    Works 12

WORKS

ファインアート > その他

9

View
240

3

Fav
0

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

by 21caggdunun

  • iコンセプト

    21c AGP その四番目の実践

    アートメッセンジャー - 仮想の空間を媒介にした芸術体験と疎通


    www.youtube.com/watch?v=50MDrc...

    視覚 音楽 Jung Bong Won

    キム・パンソク(Banseog Kim/金〓石)文の絵<扇の話>




    然には優越がありません。 これは持って生まれた自然を否定する方式です。 絵は必ず存在の肯定だと考えます。 荒くても霧がみな晴れて自ら立つ状態,自分の姿に似ているもの、それが絵だと考えます。 _作家インタビュー中


    キム・パンソクは2009年10月10日から24日まで文の絵美術館で文の絵<扇の話>を開催するする予定である。ハングル単語の形態とこれを原形と思い浮かぶ心想を視角化した彼の文の絵は陰陽と五行で理解される自然,すなわち宇宙森羅万象の生成と循環原理を表わすための造形言語である。 今回の文の絵<借金の話>で彼の造形言語は新しい局面に入り込んでいる。すなわち扇形上と五色を基調で文の絵の会話性に対する探求と自然に対する作家的省察を本格的に試みていることを調べることができる。

    作家キム・パンソクはハングルを文の絵の素材であり形式を成し遂げる要素として借用し始めた。 訓民正音解例本に明示されているようにハングルの製字原理と字形は彼が文の絵を通じて伝達しようとする自然,すなわち陰陽五行それ自体である。

    2002年寒地のマチエールを強調した不調作業を始め,木版を焼き,年輪を生かして文の絵を線で陰刻した所に染めた寒地を出る王様ある作業,陶磁器作業,2006年に金属コルラジュ作業など材料使用において五行の概念により変化をさせて,各作業を24点で,一年24節期自然に似た秩序で表わしてきた。そして春,夏,秋,冬,さらに見ることで循環する自然のように文の絵<扇の話>も循環する。 水と木,木と火,わずか土,金でまた水と木だ。 寒地に戻った。

    しかし材料次元での単純な回帰ではない。作家キム・パンソクは文の絵<扇の話>で寒地でマチエールを生かした扇形上と色彩を九下賜して,水と木の生成的結合と循環の原理を含蓄させる。 丸い形状は生命の水を含んだ木の形状だ。 同時に開始と循環の意味をこめた形状だ。言い換えれば,文を書いたり絵を描くために紙に筆がついて餌作り出す形状として開始の瞬間を意味する。また五色と五間色を多彩で繊細に使って変化と差を作り出す24点の借金連作らを24節期,春,夏,秋,冬という一生の循環で合わせる役割をする。

    ある文の文字形態自体は画面内から消えたが,ハングルに含まれた陰陽と五行の原理は丸い形状と色として相変らず画面を構成する重要な要素で残っている。そしてむしろ韓国的自然,東洋的自然を宇宙的な自然に拡張させる。だけでなく‘扇’というハングル単語を画面の素材として借用した方式で全体連作を命名して提示する方式に変えている。借金は東西古今を問わず古代から神聖な物であり,民間に降りてきては壁社の意味を持った。作家キム・パンソクは今回の文の絵らに純粋韓国語‘扇’と名付けて,自身の芸術行為に借金の意味を投影させる。



    今回文の絵<借金の話>は多少荒くても陰と陽がありのままにそしてだますことなしで衝突して調和を働かせる自然に似通っていくだろう。そして生命力ない人工と序列と偽計の文明に対する反省といつも新しくて変化する自然の一部として人間に対する省察のメッセージを伝えるだろう。

    SONGE(芸術学,美術批評) 飜譯 岩永佳子(wwr9)









    キム・パンソク(Banseog Kim/金〓石)文の絵<扇の話>

    2009年10月10日〜 24日

    文の絵美術館

    作家との対話10月10日午後4時


    文の絵美術館 _ 4-2 Gumi-ri, Dudong-myeon, Ulju-gun, Ulsan, Korea

    glglim.co.kr Tel. 82_52_263_9930

  • i実寸サイズ

    60x60cm

  • i製作期間

    2009

  • i作品URL

    21cagg.org/tt/board/ttboard.cg...

  • iライセンス

    表示-非営利-改変禁止

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

by 21caggdunun

  • iコンセプト

    21c AGP その四番目の実践

    アートメッセンジャー - 仮想の空間を媒介にした芸術体験と疎通


    www.youtube.com/watch?v=50MDrc...

    視覚 音楽 Jung Bong Won

    キム・パンソク(Banseog Kim/金〓石)文の絵<扇の話>




    然には優越がありません。 これは持って生まれた自然を否定する方式です。 絵は必ず存在の肯定だと考えます。 荒くても霧がみな晴れて自ら立つ状態,自分の姿に似ているもの、それが絵だと考えます。 _作家インタビュー中


    キム・パンソクは2009年10月10日から24日まで文の絵美術館で文の絵<扇の話>を開催するする予定である。ハングル単語の形態とこれを原形と思い浮かぶ心想を視角化した彼の文の絵は陰陽と五行で理解される自然,すなわち宇宙森羅万象の生成と循環原理を表わすための造形言語である。 今回の文の絵<借金の話>で彼の造形言語は新しい局面に入り込んでいる。すなわち扇形上と五色を基調で文の絵の会話性に対する探求と自然に対する作家的省察を本格的に試みていることを調べることができる。

    作家キム・パンソクはハングルを文の絵の素材であり形式を成し遂げる要素として借用し始めた。 訓民正音解例本に明示されているようにハングルの製字原理と字形は彼が文の絵を通じて伝達しようとする自然,すなわち陰陽五行それ自体である。

    2002年寒地のマチエールを強調した不調作業を始め,木版を焼き,年輪を生かして文の絵を線で陰刻した所に染めた寒地を出る王様ある作業,陶磁器作業,2006年に金属コルラジュ作業など材料使用において五行の概念により変化をさせて,各作業を24点で,一年24節期自然に似た秩序で表わしてきた。そして春,夏,秋,冬,さらに見ることで循環する自然のように文の絵<扇の話>も循環する。 水と木,木と火,わずか土,金でまた水と木だ。 寒地に戻った。

    しかし材料次元での単純な回帰ではない。作家キム・パンソクは文の絵<扇の話>で寒地でマチエールを生かした扇形上と色彩を九下賜して,水と木の生成的結合と循環の原理を含蓄させる。 丸い形状は生命の水を含んだ木の形状だ。 同時に開始と循環の意味をこめた形状だ。言い換えれば,文を書いたり絵を描くために紙に筆がついて餌作り出す形状として開始の瞬間を意味する。また五色と五間色を多彩で繊細に使って変化と差を作り出す24点の借金連作らを24節期,春,夏,秋,冬という一生の循環で合わせる役割をする。

    ある文の文字形態自体は画面内から消えたが,ハングルに含まれた陰陽と五行の原理は丸い形状と色として相変らず画面を構成する重要な要素で残っている。そしてむしろ韓国的自然,東洋的自然を宇宙的な自然に拡張させる。だけでなく‘扇’というハングル単語を画面の素材として借用した方式で全体連作を命名して提示する方式に変えている。借金は東西古今を問わず古代から神聖な物であり,民間に降りてきては壁社の意味を持った。作家キム・パンソクは今回の文の絵らに純粋韓国語‘扇’と名付けて,自身の芸術行為に借金の意味を投影させる。



    今回文の絵<借金の話>は多少荒くても陰と陽がありのままにそしてだますことなしで衝突して調和を働かせる自然に似通っていくだろう。そして生命力ない人工と序列と偽計の文明に対する反省といつも新しくて変化する自然の一部として人間に対する省察のメッセージを伝えるだろう。

    SONGE(芸術学,美術批評) 飜譯 岩永佳子(wwr9)









    キム・パンソク(Banseog Kim/金〓石)文の絵<扇の話>

    2009年10月10日〜 24日

    文の絵美術館

    作家との対話10月10日午後4時


    文の絵美術館 _ 4-2 Gumi-ri, Dudong-myeon, Ulju-gun, Ulsan, Korea

    glglim.co.kr Tel. 82_52_263_9930

  • i実寸サイズ

    60x60cm

  • i製作期間

    2009

  • i作品URL

    21cagg.org/tt/board/ttboard.cg...

  • iライセンス

    表示-非営利-改変禁止

published : 2009/10/12

閉じる
k
k