Haruna Watanabe Portfolio

main visual

渡邊 春菜

グラフィッククリエイター

7

愛知県名古屋市

0

http://ameblo.jp/iroha-works/
social
  • 3

    Fav 146
  • 9

    View 1,709,917
  • p

    Works 342

渡邊 春菜

m
r

渡邊 春菜

グラフィッククリエイター

  • 3

    Fav 146
  • 9

    View 1,709,917
  • p

    Works 342
  • 役割のこと

     

    美術品には各々の「役割」があるように思います

     

    例えば店に飾られた花、床の間の花や玄関の花、

    書斎の机に置かれた小さな花、料理に添えられた花、

    夫々役割が違うように

    自己救済のために作られたものだとしても、

    自分であれ他人であれ飾られた瞬間から、

    何かの役割を果たしていると市場に出て痛感します

     

    華やかで艶やかな美術品

    いろんな技術があって

    自由なようにみえて

    各々適材適所があったりする

     

    特に商売にされている方々とお話すると

    作るとはまたちょっと違うベクトルで

    お話をさせてもらえたりします

     

    私が銅版画をこのところやっていて

    その役割について考える時、

    銅版画の画面は本当に静かで

    書棚に並んだお気に入りの一冊の本ような存在だと感じています

    そして、その立ち位置がとても好きです

     

    決して目立たないし、

    一見よりは読み解いていくような味わいがある

    飾られればいずれ生活に馴染み、

    まるで本棚に並んだ本の背表紙のように

    見えなくなってしまうくらいだけれど

    時々思い出してまた読み返したくなるような

    そんな良さがあるのです

     

    二次会で

    「銅版画は商店街の店の隙間にある、小さなお稲荷さん」

    というお言葉をいただいて、

    確かにそうだと思いました

    それに気づいて祈るような静けさも

    作品と向き合う時に似てる

     

    にぎやかで、鮮やかで、艶やかな絵画たちの中の

    一滴の静になりたいと、そして静かに語りかけ、

    私の代わりに誰かの物語を聞き取れるような、

    そういう版画をこれからも、

    より丁寧に作っていこうと思ったところです

     

    その静けさも武器になるような

    そう言ってもらえたし、そう意識の隅に

    残しながら作品作りをしていきます

     

    ****:*†゜私たちの出番です .*†゜:今後の予定****クリック募金→http://www.dff.jp/

     

     

    ◾️『見参-Kenzan 2018』 

    池袋・東京芸術劇場 5F GALLERY1&2 B1F ATLIER EAST&WEST 

    9月12日(wed) - 17日(mon) 11:00-19:00

    http://kenzan.jp/exhibitions/2018-kenzan/

     

    ■LINEスタンプを作りました
    よかったら使ってください

    『小さな女の子のアクの少ないスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/3396383

    『とある夫婦と猫のスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/1224133/ja


     

    ■Creative community GNU(ヌー)
    https://gnujyoshin.wixsite.com/gnu-jyoshin


    ■光の演出はいかがですか?
    Light Paint


    ■「被災地にクリスマスプレゼントを送ろう」企画のFacebookページ作りました
    https://www.facebook.com/tohokuxmas

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 水の中のこと

     

    割と長いこと水泳を習わせてもらっていたせいか

    大人になった今でも水泳が大好きで

    水中にいることも好きです

     

    憧れだった背中に穴のあいてる競泳水着を買って

    市民プールにいって

    遊泳レーンでただ潜水だけをしていたり

    潜って水面を見ていたりします

     

    水のイメージが離れなかったのは

    ずっとあったことですが

    水を外側から眺めるのではなく

    水中であることがやっぱり大事なんだなと

    最近わかってきました

     

    水の中は

    体が軽くなって

    包まれる感じがする

     

    でもメリットばかりじゃなくて

    体温が奪われる

    息ができない

    そしてなにより

     

    とても、とても

    孤独です

     

    たとえ同じ場所にいても

    会話もままならない

    全てが水につつまれて

    なにも聞こえない

     

    競泳もチームでやっても

    水の中ではほんとうに一人で

     

    浮遊感のある孤独

    命を含んでいる空間で無力な命

    それでも息を止めて

    短いかもしれないけれど

    水の中で生きている時間

     

    水面はゆらめいて

    独特の模様を描いているのも好きです

     

    水を作品に落とし込むにあたって

    版画の手法で「アクアチント」というのがあって

    その手法もたくさん使うようになりました

     

    その名にもなんだか縁深いものを感じます

    線ではなく面の表現をするもので

    これを何層も重ねることで、より深く

    段差をだしていきます

     

    この水中のシリーズは

    「イシュカ」と名付けることにしました

    「イシュカ」というのはゲール語で水という意味です

    なるべく伝わりにくいけど、シンプルな意味で

    見た方に素直な画面が伝わって

    見てもらえたらと思ってつけました

    作った順番でナンバリングしていきます

     

    どんどん版画にシフトしたくて

    しばらくイシュカシリーズを作っていきます

     

    次回は版画に助けられることを語って行けたらいいなと思います。

     

    ****:*†゜私たちの出番です .*†゜:今後の予定****クリック募金→http://www.dff.jp/

     

    ■LINEスタンプを作りました
    よかったら使ってください

    『小さな女の子のアクの少ないスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/3396383

    『とある夫婦と猫のスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/1224133/ja


     

    ■Creative community GNU(ヌー)
    https://gnujyoshin.wixsite.com/gnu-jyoshin


    ■光の演出はいかがですか?
    Light Paint


    ■「被災地にクリスマスプレゼントを送ろう」企画のFacebookページ作りました
    https://www.facebook.com/tohokuxmas

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 表裏

     

    どうしても、世の中

    前向きが正義みたいなところがあって

    もちろんそれも大切だし

    それが健康なのかなぁとも思います

     

    ただ、絶対に

    表裏一体というものはあって

    「おもて」があれば「うら」がある

    それを全部ひとつにできる人もいて

    そうじゃない人もいる

     

    何かを作ったり創造している人には

    自分の中の欠損やネガティブを補うように

    作っている人たちが多いように思います

     

    作れることは精神衛生上すごくよくて

    創作という形で、誰も傷つけずに発散できたりもして

    それでいいものが作れたりすることも多い

    でも、そのキャパシティを超えたとき

    鬱積に対して消化が追いつかなくなったとき

     

    辛いことやネガティブなことを

    曲解なく、ただ伝えられる

    あたふたしないで

    それによって落ち込んだりしないで

    どっしりとただ、

    受け止めてもらえるような存在がいるなら

     

    その人はとても貴重で

    大切にしたいです

     

    相対して受け止めたりするのも

    バランスが大事で

    受け止めすぎて自分が参ってしまってはいけないし

    同調しすぎてしまうのもかえって辛くなってしまうので

    聞くと流すのバランスがとれることは

    とても難しいところだと思います

     

    くらいことや、怖いことや

    不安になったり、悲しくなったりすることは

    決して悪いことじゃないと

    私は信じています

     

    どこかで

    千切れてしまわないように繋いでいるような

    そういう作品を

    作っていきたいです

    次のブログを書く機会で、

    最近ずっと作っている版画と水の中について

    書きたいなと思っています

     

    ****:*†゜私たちの出番です .*†゜:今後の予定****クリック募金→http://www.dff.jp/

     

    ■LINEスタンプを作りました
    よかったら使ってください

    『小さな女の子のアクの少ないスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/3396383

    『とある夫婦と猫のスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/1224133/ja


     

    ■Creative community GNU(ヌー)
    https://gnujyoshin.wixsite.com/gnu-jyoshin


    ■光の演出はいかがですか?
    Light Paint


    ■「被災地にクリスマスプレゼントを送ろう」企画のFacebookページ作りました
    https://www.facebook.com/tohokuxmas

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 誰かの、何かに

     

    飛騨市古川にロゴのデザイン等をさせていただいた

    喫茶店がオープンします

     

    先日レセプションにお邪魔してきました

     

    何年も前に名古屋でお会いした

    kongcong 千原さんより

    http://kongcong.jp/

    ご紹介いただいた仕事でした

     

    喫茶店の名前は「あん」

    お兄様が代々引き継がれてきた和菓子と洋菓子の製菓店と

    その妹さんがお店を務めることになる喫茶店

     

    あんこの「あん」と

    子どもに食べさせるときなどの「あーん」

    家族の集う喫茶店というキーワード

    家族経営されるという部分では

    私の実家にも近く非常に親近感を抱きました

     

    ロゴデザインは、今までも何度かさせていただきましたが

    お客さんはもちろんのこと

    オーナーさんが毎日みるもの

    まさに顔の仕事と言っても過言ではなく

    いろいろな提案と接合の結果

    今回のデザインになりました

     

    この横顔は、昨年亡くなってしまった

    お父様の横顔です

    いただいた写真は少なく

    正面だけだったものの、性格なども伺い、なんとか想像して

    横顔を描かせていただいたところ

    お母様に号泣いただいたらしく

     

    千原さんはじめ、あんさんの大久保さんご家族

    私だけの力ではできない

    いろんな方の「想い」がこもったものに

    仕上がったのではないかなと思います

     

    レセプションにも呼んでいただき

    お邪魔しましたところ

    市長さんをはじめ、施工の方々など

    いろいろな方が集まられていました

     

    お店ができるまでのたくさんのこと

    たくさんの人の力の集合

    店長さんになる妹さんの思いにも

    たくさんの気持ちをいただきました

     

    こうやって現場にお邪魔すると

    どんな仕事でも、その仕事の先は

    「誰かの、何かになること」

    なのだなぁと、当たり前のようなことを

    じわっと感じます

     

    役に立つこと、便利なこと、必要なこと、

    楽にすること、気持ちを奮い立たせるもの、癒すもの、

    たとえユーザーが意識しないことであれ

    それは誰かの、何かになっている

     

    私の仕事は

    私の作ってきたものは

    私の手を離れても

    今日も、もし現役で動いている限り

    そして記憶に残っている限り

    誰かの、何かになっている

     

    そうか

     

    と思うのです

    それが誰なのか

    その人にとってどんなようなものであってほしいか

    それを考えることは、たぶん

    どんな仕事でも同じことで

    同じぶんだけ、尊いことのように思えます

     

    そこに自分がいる必要はなくて

    でもその人には仕事が寄り添うことになる

    そのために、自分が必要なのだという意識

     

    これからも、そうやってひとつひとつ

    汲み取っていきたい

    想像力を持って

    誰かの何かになるものを

    作り続けるために

     

    オープンは7月2日

    キッズスペースもある、全ての年齢の方に

    優しい喫茶店です

    飛騨古川にお立ち寄りの際はぜひ「あん」さんへ

     

     

     

    あ、あと髪切りました(どうでもいい情報)

     

    ****:*†゜私たちの出番です .*†゜:今後の予定****クリック募金→http://www.dff.jp/

     

    ■LINEスタンプを作りました
    よかったら使ってください

    『小さな女の子のアクの少ないスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/3396383

    『とある夫婦と猫のスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/1224133/ja


     

    ■Creative community GNU(ヌー)
    https://gnujyoshin.wixsite.com/gnu-jyoshin


    ■光の演出はいかがですか?
    Light Paint


    ■「被災地にクリスマスプレゼントを送ろう」企画のFacebookページ作りました
    https://www.facebook.com/tohokuxmas

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 個展終わりました

     

    少し遅くなりましたが

    無事に久々の個展が終了しました

     

    不安を優しく包んでくれる

    hana輪さんだったからできた展示でした

     

    前までの個展では言われたことのない感想を

    いただくことも多くて新鮮でした

     

    絵を見ていただいて

    感想をいただいて

    それについてお話していると

    自分一人で考えていたときにに

    「当たり前」とうやむやに通り過ぎてしまったことに

    かちっとピースがはまるような感じがします

     

    私にとって

    個展をやるっていうのは

    こういうことだったな...と

     

    ひたすら作って、息をきらして展示を完成させて

    それがなんか違うなとなってから

    しばらく休んで

    こういうのを忘れていたような気がします

     

    反射と反響、そして咀嚼と反芻

    それは、私ひとりだけでももちろん可能だけれど

    誰かに見てもらって

    時間や言葉を与えてもらうことで

    より豊富な色彩と、確かな手応えと確認をもたらしてくれる

     

    今回、率直に思ったことは

    「時々やらなきゃだめだな」

    ということでした

     

    そして自分が好きだったものを再確認して

    たどり着きたい場所を思い出して

    新しいビジョンも見えてきたので

    今度は版画により力を入れて

    制作をしていこうと思います

     

    来年の秋くらいに、

    また個展ができたらいいです

     

    私のことを包んでくれたhana輪さんに

    応援してくださった方に

    お忙しい時間を割いてご高覧くださった方に

    心から感謝を

     

    また、歩けそうです。

     

    ****:*†゜私たちの出番です .*†゜:今後の予定****クリック募金→http://www.dff.jp/

     

    ■LINEスタンプを作りました
    よかったら使ってください

    『小さな女の子のアクの少ないスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/3396383

    『とある夫婦と猫のスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/1224133/ja


     

    ■Creative community GNU(ヌー)
    https://gnujyoshin.wixsite.com/gnu-jyoshin


    ■光の演出はいかがですか?
    Light Paint


    ■「被災地にクリスマスプレゼントを送ろう」企画のFacebookページ作りました
    https://www.facebook.com/tohokuxmas

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 個展の様子

     

    土曜日まで

    大阪平野のhana話さんで

    個展をやっております

     

    3年ぶりです

     

    作りためた作品と

    新しく作ったもの

     

    事前に考えていた思いはみんな

    キャプションにしたためました

     

    今回の展示はジークレーと銅版画の展示で

    いわば全て印刷です

    ここ数年のデジタルイラストの躍進は

    凄まじいものがありますが

    それでもやはり、ギャラリー画廊での

    「手描き一点もののもつ価値」とは

    「デジタル作品そのもののもつ価値」が違い

    やはり展示自体がしづらい状況であることは

    変わりないことだと思います

     

    どちらが劣っているということではなく

    どちらも一枚の画面であって

    しかしながら商品価値としての比較対象は

    決して同じ土俵ではない(そもそも違うから良い)

     

    それでも今回ギャラリーで

    印刷を、そしてその横に未完成の線画の原画を

    並べるように展示することができたのは

    今までずっと忘れず見守ってくださった

    hana輪さんのオーナーマリンさんのおかげです

     

    難しいことを考えずに

    とにかく今ある私らしい展示を

    さぼるんじゃなくて

    肩肘を張らない

    のびのびとした無理のない展示を

    それを達成することができました

     

    もちろんストックがあったからというのもありますが

    展示全体のスタンスとして

    非常に力まない展示になったと思います

    だからいい意味でも、もちろんそうでない意味でも

    私らしい

    私が私のよくやったと思える部分も

    うまくいかなくて

    嫌だけど一緒に歩いてきたところも

    それも含めて

    私らしい展示です

     

    見にきてくださったかた

    覚えていてくださったかた

    本当にありがとうございます

     

    ちいさな、ちいさなこんな私ですが

    これからも命続く限り

    ちまちまと作り続けます

    いつか、本当に光るような版画を刷りたい

     

    最終日土曜日、在廊いたします

    よろしくおねがいします。

     

    【個展のお知らせ】

    渡邊 春菜個展『また歩くために』

    2018.5.5(土)〜5.12(土)(休廊7,8日)

    13時〜18時

    @ギャラリーhana輪(大阪)http://www.gallery-hanawa.com/  

    シャーペンとPhotoshopを使った作品のジークレーと銅版画の展示です

     

    ****:*†゜私たちの出番です .*†゜:今後の予定****クリック募金→http://www.dff.jp/

     

    ■LINEスタンプを作りました
    よかったら使ってください

    『小さな女の子のアクの少ないスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/3396383

    『とある夫婦と猫のスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/1224133/ja


     

    ■Creative community GNU(ヌー)
    https://gnujyoshin.wixsite.com/gnu-jyoshin


    ■光の演出はいかがですか?
    Light Paint


    ■「被災地にクリスマスプレゼントを送ろう」企画のFacebookページ作りました
    https://www.facebook.com/tohokuxmas

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • スタンプ第二弾作りました

     

    最近ようやくまともにLINEを

    触り出した私です

     

    自分で使ってみて

    アクがなくて使いやすいものないかな〜と思って

    スタンプを作りました

     

    『小さな女の子のアクの少ないスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/3396383


     

    自分で言うのもなんですが

    かわいいのができました

    全部に標準語と敬語があります

    なんて気が利いているんだ!!(自画自賛)

     

    そして今回は左側にきた時に

    相手にいい感じにみえるように作りました

    やっぱり使わないとわからないものですね

     

    審査も随分早くて、一発OKで

    すぐに販売開始できました

    ありがたいことです

     

    そして、個展も迫っています

    昨日は深夜まで、額装と荷造りをして

    GWで怖かったので、今日荷物を発送しました

     

    さすがに久々の個展は

    作りためた作品もあり

    余裕が違います

     

    今後もこういうペースで

    適度な張りのある作家活動を続けていきたいです

     

     

    【個展のお知らせ】

    渡邊 春菜個展『また歩くために』

    2018.5.5(土)〜5.12(土)(休廊7,8日)

    13時〜18時

    @ギャラリーhana輪(大阪)http://www.gallery-hanawa.com/  

    シャーペンとPhotoshopを使った作品のジークレーと銅版画の展示です

     

    ****:*†゜私たちの出番です .*†゜:今後の予定****クリック募金→http://www.dff.jp/

     

     

     

    ■LINEスタンプを作りました
    よかったら使ってください

    『小さな女の子のアクの少ないスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/3396383

    『とある夫婦と猫のスタンプ』

    https://store.line.me/stickershop/product/1224133/ja


    ■Creative community GNU(ヌー)
    https://gnujyoshin.wixsite.com/gnu-jyoshin


    ■光の演出はいかがですか?
    Light Paint


    ■askを始めました。
    http://ask.fm/watanabe_haruna
    ここに質問やご相談を書込んでいただければ
    だいたいお答えできると思います。


    ■「被災地にクリスマスプレゼントを送ろう」企画のFacebookページ作りました
    https://www.facebook.com/tohokuxmas

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • また歩くために

     

    【個展のお知らせ】

    渡邊 春菜個展『また歩くために』

    2018.5.5(土)〜5.12(土)(休廊7,8日)

    13時〜18時

    @ギャラリーhana輪(大阪)http://www.gallery-hanawa.com/  

    シャーペンとPhotoshopを使った作品のジークレーと銅版画の展示です

     

    おおよそ3年ぶりに

    個展をさせていただくことになりました

     

    隔月スピードで個展をしていた頃から

    とあることが引き金になり

    心の線がぴんと切れ

    それ以来展示をおやすみしました

     

    もともとストイックな性格なので

    やろうと思えばずっと続けられたと思うのですが

    「なぜ描くのか」「どういう生き方がしたいのか」

    ということを考えるためにも

    展示を休みました

     

    展示をしないでいれば

    忘れられてしまうだろうな、という気持ちの中

    それも致し方なしと割り切り

    作品は変わらず作っていました

     

    独立して9年が経ち、

    いろいろ経ながらも奇跡のように

    仕事がつながっている現在、

    単価もあがり、作品だけでどうしても生きていかなければ

    というスタンスもだいぶ変わりました

     

    もう作家を始めた当初の勢いはないと思われても

    仕方がありませんし、実際自分でもそうだと思います

     

    それでも作品作りは私を支える行為のうちのひとつで

    とても大切なことだったということが

    休止期間を経て手放せないものとして

    理解できるようになりました

     

    今回の展示は

    小さくても、大切に包むように

    まだ覚えていてくださっている方、

    好きだといってくださる方のために、

    今できる精一杯の展示をします

     

    決して上手ではないけれど

    続けてはいるので

    牛歩のごとく上達はしていると思います

     

    肩の力を抜いて、また歩き出すための展示です

    どうぞ、よろしくおねがいいたします。

     

     

    ****:*†゜私たちの出番です .*†゜:今後の予定****クリック募金→http://www.dff.jp/

     

     

     

    ■ゆるーく夫婦LINEスタンプを作りました
    よかったら使ってください

    https://store.line.me/stickershop/product/1224133/ja


    ■Creative community GNU(ヌー)
    https://gnujyoshin.wixsite.com/gnu-jyoshin


    ■光の演出はいかがですか?
    Light Paint


    ■askを始めました。
    http://ask.fm/watanabe_haruna
    ここに質問やご相談を書込んでいただければ
    だいたいお答えできると思います。


    ■「被災地にクリスマスプレゼントを送ろう」企画のFacebookページ作りました
    https://www.facebook.com/tohokuxmas

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • かたちのないもの

     

    先日

    学校にて体験入学でのパフォーマンス的なことを

    やらせていただいて

    その説明会中に、他のコースの先生たちの短い講義を

    拝見する機会がありました

     

    私の次が声優の先生で

    待機中も職員室でたくさんお話をさせていただいたのですが

    とても感動しました

     

    短い例文があって

    起承転結のこと、文節のこと、母音の注意や「がぎぐげご」のこと

    いろいろな注意点をふまえて

    その先生が読み上げると

    ぐっと自然で、美しく聞こえて

    鳥肌がたちました

     

    「声を出す」ことはとても簡単で

    できる人がほとんど

    そして日常的に使われて

    自分も使っているからなおさら

    「美しさ」というのは「聞きやすさ」で

    つまり意識しない領域なのだと思うのです

     

    美しければ美しいほど

    聞きやすければ聞きやすいほど

    人の意識の領域に入らない

     

    もちろん声質やキャラクターだったり

    違和感が大切なこともあると思うのですが

    それでも美しい部分を対象にしていることが

    多いのではないかと思うのです

     

    伝えることに違和感をもたせないこと

    それは意識している人にしか伝わらない美で

    わたしたちは常にそれを普段から

    テレビやラジオなんかでも無意識的に享受している

    とても大事な部分なのに

    日常さと無意識さゆえに

    評価されにくい分野なのかなと思いました

     

    表現の部分でも例えば

    絵でいう「間」や「フレームアウト」の部分が

    呼吸やリズムであったり

    音になる部分、絵になる部分以外のことを

    より意識的に普段から表現していることや

    商業ベースでのクライアントとの表現の摩擦

    いろんな部分で共鳴することが多くて

    お話させていただいてとても感じることが多かったです

     

    ただ、絵と声の大きな違いは形のあるなしで

    自分の姿を消して

    まるで空気そのものになるような感覚

    そこに人生を賭して

    勉強をして、鍛錬や経験を積んでいくこと

    糧にしていくことは

    とても尊くて、すごいことだなぁと

     

    いい時間でした

    欲を言えばもっと聞きたかったです

     

    ****:*†゜私たちの出番です .*†゜:今後の予定****クリック募金→http://www.dff.jp/

     

     

     

    ■ゆるーく夫婦LINEスタンプを作りました
    よかったら使ってください

    https://store.line.me/stickershop/product/1224133/ja


    ■Creative community GNU(ヌー)
    https://gnujyoshin.wixsite.com/gnu-jyoshin


    ■光の演出はいかがですか?
    Light Paint


    ■askを始めました。
    http://ask.fm/watanabe_haruna
    ここに質問やご相談を書込んでいただければ
    だいたいお答えできると思います。


    ■「被災地にクリスマスプレゼントを送ろう」企画のFacebookページ作りました
    https://www.facebook.com/tohokuxmas

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • さいきんのこと

     

    詳しいことは書けませんが

    いろいろなことがあって

    ずっと隔日で書いていたブログをおやすみしていました

     

    いろんなことを考えて

    いろんなことを思いました

    自分のこと、人のこと

    むしろ考えないようにしていたのかもしれません

     

    でも8年フリーランスを続けてきて

    いつのまにやら

    仕事をすることや、お金を稼ぐこと、

    それによって自力で生活していくこと

    それ自体に私の主軸があり

    私自身がそれに救われているというか

    生かされていることに気づくのです

     

    理不尽なことや、普通はおかしなことがおこったとしても

    私は「怒る」とか「悲しむ」ということが

    上手にできなくなっていました

    もちろん私生活でちいさなことや

    うまくいかないことに怒ったりすることはあるのですが

    それはすごくすごく小さなもので

    全身全霊をかけて怒ったり悲しんだりすることが

    如何にエネルギーを使うのかということが

    わかっているがゆえなのか

     

    「怒るくらいなら穏便に済ませて

     仕事をしたほうが楽」

    「悲しみに目を向けるよりは

     手を動かしていたほうが効率的」

    という感じで

    働くことで、かろうじて自尊心のようなものを

    能天気な顔をしながら(実際能天気ですが)

    ほくほく抱えている日々でした

     

    自分が生産的であることが

    私の自己肯定の全てというか

    「悲しみや怒りで何もできない自分」の存在を

    認めることができない

    なんだかなぁというところがあります

     

    私はきっと満たされた弱くなってしまったから

    柔らかくなってしまった皮膚を守るために

    仕事やなんかで武装するようになってしまったのだと思います

     

    こういうことを文章におこしている時間

    それは自己回帰であって

    分析したり、自分について考えたりと

    いろいろと嫌な側面が出てしまう

    「自分を肯定できない自分が

     まざまざと出てきてしまうさま」

    をわざわざ形にするのもどうなんだと...

     

    いま、自分が自分の直面している状況を

    多角的に見て、一般的な思考を持って

    向き合ってしまったら

    きっと沈没してしまう

    だから阿呆になって仕事とか楽しいことをしていました

     

    ほそぼそブログを続けていても

    読んでくれている人もいるわけで

    心配してくれる人もいるわけで

    誰も悪者にしたいわけではないし

    被害者ぶりたいわけでもないし

    その理由を知りたくなる人もいるわけで(できればそっとしておいてほしいです)

    そういう気にかけてくれる人たちに対して

    私はすごく心のそこから感謝しているし

    私は大丈夫なんだと知って欲しかったけれど

     

    何を書くにもうわっつらのいいことしか

    書けないだろうというのが

    なんだか虚しくて

    それなら何も言わない方が楽だなと

     

    あとは家人の心の調子もすこぶる悪かったので

    それに付き合い続けたりと

    それでしばらくおやすみしていました

     

    何かショックなことがあるたびに

    少しずついろんなことをおやすみという形で

    切り落としてきた私ですが

    今回はなかなかのものでした

    でもブログを休んでた日々は正直とても楽でした

     

    だいぶ状況もよくなり、回復してきました

    (回復もなにも私自身は以前と何も変わりはないのですが....)

    だからちょっと間隔を長くして

    生存報告を続けようと思います

     

    深刻そうに書いていますが

    元気でいるために能天気で過ごしているので

    割と毎日愉快に、元気に暮らしています

    仕事もおかげさまでとぎれることなく

    単価もあがってありがたいばかりです

     

    これからも目標もって

    静かながらごそごそ動いてまいります

    見守ってくださってるみなさんに

    心から感謝を

     

    お花は八福神という名前の花だそうです

    茎はとげとげだけど

    お花は和菓子みたいでかわいいですね

     

     

    ****:*†゜私たちの出番です .*†゜:今後の予定****クリック募金→http://www.dff.jp/

     

     

     

    ■ゆるーく夫婦LINEスタンプを作りました
    よかったら使ってください

    https://store.line.me/stickershop/product/1224133/ja


    ■Creative community GNU(ヌー)
    https://gnujyoshin.wixsite.com/gnu-jyoshin


    ■光の演出はいかがですか?
    Light Paint


    ■askを始めました。
    http://ask.fm/watanabe_haruna
    ここに質問やご相談を書込んでいただければ
    だいたいお答えできると思います。


    ■「被災地にクリスマスプレゼントを送ろう」企画のFacebookページ作りました
    https://www.facebook.com/tohokuxmas

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
RSS
k
k