フクイヒロシ

m
r

フクイヒロシ

イラストレーター&映画ライター

  • 3

    Fav 2,081
  • 9

    View 129,911
  • p

    Works 281

フクイヒロシ

イラストレーター&映画ライ...

WORKS

イラストレーション > キャラクター

ネタバレしない四コマ映画『ドロステのはてで僕ら』

9

View
47

3

Fav
9

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

ネタバレしない四コマ映画『ドロステのはてで僕ら』

by フクイヒロシ

  • i作品URL

    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iコメント

    観ました。。
    素っっっっっっっっ晴らしかった。。

    笑ったしなんか泣けてきたし、、
    俳優さんたちの能力の高さにも泣けてくるし、、
    この人たちがマスクのいらない過去にいたことにも泣けてきて、、

    なんかもう、、、、エンタメありがとう!

    って気持ち!!


    ***


    ネタバレしない四コマ映画『ドロステのはてで僕ら』→4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...


    ***


    『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』とか
    『1917 命をかけた伝令』などと
    同じワンカット〝風〟ではありますけど、十分長い。


    そこにテレビの録画の再生(過去と未来)が絡んでくるので、、、
    「これどうやって撮ったの???」とドキドキしながら観ました。

    どうやって撮ったのか知りたくてパンフ(なんか劇場では売ってなかったのでオンラインで入手)を読むと、
    どうやらただただ頭を使って
    ただただものすごい技能と気合とチームワークで
    作ったようです。。
    すげえなこの人たち。。


    秒単位どころか、0.1秒単位で決まっているセリフと動きに合わせて、
    アンサンブル演技して、
    しかも長回し、、
    ですよ。。。


    ***



    これこそが劇団の強みなのかと思いました。

    普段から意思疎通が取れて、
    信頼し合っていて、
    お互いの技能も知っていて、
    自然と分担もできているからこそ、
    完成した作品なんだと思います。

    今は1人でやろうと思えばだいたいのことはできちゃいますけど、
    やっぱりいろんな個性を持った人間たちが集まって切磋琢磨して、
    何かを作ることの威力を感じました。



    脚本も素晴らしい!
    登場人物と観客は映画の設定を同じタイミングで知っていきます。

    なので、
    架空の商品「ドロステレビ」について観客が疑問に思ったことを、
    あんまりタイムラグなく解決してくれないと、
    観ていてイライラする。

    逆に観客がもうわかってるのに登場人物がまだわかっていない、
    っていう時間が長いとこれまたイライラする。。

    ちょうどいい塩梅で前半の設定説明タームも乗り越えました。


    だからこれはすでに舞台で演じた演目なのかと思っていました。
    本当に脚本が素晴らしかったので。

    まさかこの映画のために書かれたものとは。。信じられない。。



    ****


    設定と人物を紹介して、
    話を展開させて、
    人物の関係性も一旦ぐちゃぐちゃにしたら、、
    今度はそれを畳まなきゃいけない。

    タイムトラベラー物にはつきものの「やっちゃいけないことしてる感」がずっとあるので、
    それを解消してくれなきゃいけない。

    それもお見事でした。



    やっていることは壮大でものすごく困難なことだったけど、
    「小さなカフェでの〝すこしふしぎ〟な一夜」の話に落ち着かせたところもホント上品。


    お見事でございました(ひれ伏した絵文字)!

  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

ネタバレしない四コマ映画『ドロステのはてで僕ら』

by フクイヒロシ

  • i作品URL

    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iコメント

    観ました。。
    素っっっっっっっっ晴らしかった。。

    笑ったしなんか泣けてきたし、、
    俳優さんたちの能力の高さにも泣けてくるし、、
    この人たちがマスクのいらない過去にいたことにも泣けてきて、、

    なんかもう、、、、エンタメありがとう!

    って気持ち!!


    ***


    ネタバレしない四コマ映画『ドロステのはてで僕ら』→4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...


    ***


    『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』とか
    『1917 命をかけた伝令』などと
    同じワンカット〝風〟ではありますけど、十分長い。


    そこにテレビの録画の再生(過去と未来)が絡んでくるので、、、
    「これどうやって撮ったの???」とドキドキしながら観ました。

    どうやって撮ったのか知りたくてパンフ(なんか劇場では売ってなかったのでオンラインで入手)を読むと、
    どうやらただただ頭を使って
    ただただものすごい技能と気合とチームワークで
    作ったようです。。
    すげえなこの人たち。。


    秒単位どころか、0.1秒単位で決まっているセリフと動きに合わせて、
    アンサンブル演技して、
    しかも長回し、、
    ですよ。。。


    ***



    これこそが劇団の強みなのかと思いました。

    普段から意思疎通が取れて、
    信頼し合っていて、
    お互いの技能も知っていて、
    自然と分担もできているからこそ、
    完成した作品なんだと思います。

    今は1人でやろうと思えばだいたいのことはできちゃいますけど、
    やっぱりいろんな個性を持った人間たちが集まって切磋琢磨して、
    何かを作ることの威力を感じました。



    脚本も素晴らしい!
    登場人物と観客は映画の設定を同じタイミングで知っていきます。

    なので、
    架空の商品「ドロステレビ」について観客が疑問に思ったことを、
    あんまりタイムラグなく解決してくれないと、
    観ていてイライラする。

    逆に観客がもうわかってるのに登場人物がまだわかっていない、
    っていう時間が長いとこれまたイライラする。。

    ちょうどいい塩梅で前半の設定説明タームも乗り越えました。


    だからこれはすでに舞台で演じた演目なのかと思っていました。
    本当に脚本が素晴らしかったので。

    まさかこの映画のために書かれたものとは。。信じられない。。



    ****


    設定と人物を紹介して、
    話を展開させて、
    人物の関係性も一旦ぐちゃぐちゃにしたら、、
    今度はそれを畳まなきゃいけない。

    タイムトラベラー物にはつきものの「やっちゃいけないことしてる感」がずっとあるので、
    それを解消してくれなきゃいけない。

    それもお見事でした。



    やっていることは壮大でものすごく困難なことだったけど、
    「小さなカフェでの〝すこしふしぎ〟な一夜」の話に落ち着かせたところもホント上品。


    お見事でございました(ひれ伏した絵文字)!

  • iライセンス

    設定しない

published : 2020/08/19

閉じる
k
k