21caggdunun

m
r

21caggdunun

作家

  • 3

    Fav 0
  • 9

    View 21,362
  • p

    Works 12

WORKS

ファインアート > 彫刻

心で育つのを

9

View
330

3

Fav
0

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

心で育つのを

by 21caggdunun

  • iコンセプト

    ドゥヌン(両眼)プロジェクト-爪を体相する!


    周期的に切断される爪はふと生きてきた時間を意識させる。切られていった爪は人生の恥部と苦痛を大事にしまっている人生の痕跡だ。人生で体験する試練と忍耐は胸の中で花になって希望的人生の香りを漂わせる。

    亲身感受的轶事
    2009年12月、大韓民国名匠展で家具の名匠と握手をしたことがある。その瞬間、私はぎくっとした。私の手で感じられた名匠の手は尋常な手ではなかった。子供のときから私は人差し指がない父の手を見てきたし、たいしたことではないと思ったが、実際、私のからだはそうはできなかったのだ。そして、思いのほかあわれに思った。


    www.youtube.com/watch?v=jLGiru...

    出演 Jeon Ji Myoung 写真撮影 Na. Min kyu, 編輯 dunun 視覚音楽 Jung Bong Won

    父の手
      両目の父は若いとき鉄を加工する作業中、事故で人差し指を失った。10年ほど前にも薬指を失った。このような逆境を勝ち抜いて40年余り一本道を歩いてきた結果、2006年に大韓民国金属工芸名匠になった。
      障害を勝ち抜いた人生を覗くことができる父の手からインスピレーションを得た。父の傷ついた実際の手を切り取って失った指は人生の痕跡である爪で再現して完全な手の形を作ることだ。そのように完成した作品の中には人生に対する肯定的な気を表現することができると考えた。しかし、父は頑固に断った。何度もお願いしたが同じだった。非正常的な手だが、堂々と見えても良くないだろうかと思ったが、父の考えは違った。

    爪は人生の恥部と苦痛を大事にしまっている人生の痕跡
     爪は指先を保護して健康状態も知らせる有用な生活道具だ。しかし、生活を営む間絶えず育つが、垢も挟まる爪は生活に不便を与える。それで育っただけ切断されてしまう。切られていく爪は私たちに生きてきた時間と汚れがついた存在であることを想起させてくれる。爪にさらに関心を向けるために一つの個体として考えてみよう。からだから切断される苦痛を爪は立派にも表情に出さない。爪それ自体は私たちと一つである時も、離れて行く時も私たちに苦痛を与えない。それで両目は爪には失った心も内在していると考える。
    両目は切られた爪を多くの人々から寄付される。この爪は心を交わすための媒介体になって、捨てられる運命の爪は新しい生命力を得る。

    構想したことを体で実行すれば意外な要素が発生する。
      父の強い反対で作業は私の手形を取って人差し指を折って修正した。ところで、外形の枠を引き離している途中、ミスで小指が落ちてしまった。どのようにそようか悩み、仕方なく失った指を爪で作ったほうが良いという気がした。その上、小指は心でする約束の象徴であり、指の中で心臓に最も近い血脈が流れる所なのでより一層意味あるように感じられた。そうするうちに、爪に花が咲いていたらどうだろうかと善良でないアイデアが浮び上がった。指の先に爪の破片一つ一つを花びらのように付けた。
    完成した結果に対する理由は潜在している意識を破壊する。
     <心で育つのを>が完成した後、憐憫についてもう一度考えた。もしかしたら憐憫とは、正常な人の優越感から始まったのではないだろうか? 目に見えるものだけで私が果たして名匠よりも「優れている」と言えるだろうか? 決してそうではない。
     そしてびくっとした私のからだは父の実際の手を型どろうと思った考えが傲慢であったことを呼び覚ましてくれた。指が切断されて体験しなければならない苦痛と障害者に対する偏見を、ただの一度も経験したことがないし、そういう人生を理解しようとする対話もしなかった。父が承諾しなかったのは当然であった。


    父の失った指は胸の中で咲いた花になる。
     <心で育つのを>デジタルコンテンツを製作しようと、崇礼門復元工事現場を背景にナ・ミンギュ氏が撮った写真を鑑賞したユン・ヨンシム氏の一言が両目に力になった。

     「父の人差し指が両目の指先から花が咲いているようですが」

     もしかしたら私たちは薄情な人生の中で人間としてさらに価値があるように考えなければならないものを失ったまま生きているのかもしれない。単純に見えるものだけに執着するよりは、心の目が話す人生の信憑性について考えなければならない。心の目が目を開く時、信憑性から漂う人生の香りを感じるはずだ。この香りは私たちの生活をより一層豊かに導いてくれるだろう。

    現代を生きていきながら精神的、肉体的苦痛を味わっている方々に胸の中に隠された花の種がいつかはパッと咲くという肯定的な気をこの作品を通じて分かち合うことができることを願う。指を失った名匠とまた握手をするならば、もうあの方の人生の香りを手で感じることができると思う。

    <心で育つのを>誕生できるように人生の痕跡を寄付して下さった方々に感謝の言葉を伝えます。

    心の多様な意味:本来から備わった性格や品性。他の人や事物に対して感情や意志、考えなどを感じたり起こす作用や態度。あることに対して持つ関心。事物の判断や善し悪しを判断する心理や性格の土台。異性や他人に対する愛や好意の感情。あることを考える力。砂利(済州方言)



    &#8226; 2010 korea Master Artisans' Expo &#8226; 9.15.~9.18. &#8226; D Hall, 3rd Floor, COEX

    「ドゥヌン(両眼)プロジェクト」は人生の中で忘れられて行くこと、あるいは現代の社会に適応するために覆っておいたものなどを可視化して考えてみようとします。それを通じて私有の楽しみを享受し、率直なものが最も美しいものになる世界をあなたと一緒に想像し実現しようと思います。
    <- 参加者には記念切手及び意味ある時間のプレセントをあげます。

    面白さ以上のそのもの factory

  • i環境・素材

    た爪, ブロンズ

  • i実寸サイズ

    &#23454;&#38469;尺寸

  • i製作期間

    2010

  • i作品URL

    21cagg.org/gnuboard4/bbs/board...

  • iライセンス

    表示-非営利-改変禁止

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

心で育つのを

by 21caggdunun

  • iコンセプト

    ドゥヌン(両眼)プロジェクト-爪を体相する!


    周期的に切断される爪はふと生きてきた時間を意識させる。切られていった爪は人生の恥部と苦痛を大事にしまっている人生の痕跡だ。人生で体験する試練と忍耐は胸の中で花になって希望的人生の香りを漂わせる。

    &#20146;身感受的&#36726;事
    2009年12月、大韓民国名匠展で家具の名匠と握手をしたことがある。その瞬間、私はぎくっとした。私の手で感じられた名匠の手は尋常な手ではなかった。子供のときから私は人差し指がない父の手を見てきたし、たいしたことではないと思ったが、実際、私のからだはそうはできなかったのだ。そして、思いのほかあわれに思った。


    www.youtube.com/watch?v=jLGiru...

    出演 Jeon Ji Myoung 写真撮影 Na. Min kyu, 編輯 dunun 視覚音楽 Jung Bong Won

    父の手
      両目の父は若いとき鉄を加工する作業中、事故で人差し指を失った。10年ほど前にも薬指を失った。このような逆境を勝ち抜いて40年余り一本道を歩いてきた結果、2006年に大韓民国金属工芸名匠になった。
      障害を勝ち抜いた人生を覗くことができる父の手からインスピレーションを得た。父の傷ついた実際の手を切り取って失った指は人生の痕跡である爪で再現して完全な手の形を作ることだ。そのように完成した作品の中には人生に対する肯定的な気を表現することができると考えた。しかし、父は頑固に断った。何度もお願いしたが同じだった。非正常的な手だが、堂々と見えても良くないだろうかと思ったが、父の考えは違った。

    爪は人生の恥部と苦痛を大事にしまっている人生の痕跡
     爪は指先を保護して健康状態も知らせる有用な生活道具だ。しかし、生活を営む間絶えず育つが、垢も挟まる爪は生活に不便を与える。それで育っただけ切断されてしまう。切られていく爪は私たちに生きてきた時間と汚れがついた存在であることを想起させてくれる。爪にさらに関心を向けるために一つの個体として考えてみよう。からだから切断される苦痛を爪は立派にも表情に出さない。爪それ自体は私たちと一つである時も、離れて行く時も私たちに苦痛を与えない。それで両目は爪には失った心も内在していると考える。
    両目は切られた爪を多くの人々から寄付される。この爪は心を交わすための媒介体になって、捨てられる運命の爪は新しい生命力を得る。

    構想したことを体で実行すれば意外な要素が発生する。
      父の強い反対で作業は私の手形を取って人差し指を折って修正した。ところで、外形の枠を引き離している途中、ミスで小指が落ちてしまった。どのようにそようか悩み、仕方なく失った指を爪で作ったほうが良いという気がした。その上、小指は心でする約束の象徴であり、指の中で心臓に最も近い血脈が流れる所なのでより一層意味あるように感じられた。そうするうちに、爪に花が咲いていたらどうだろうかと善良でないアイデアが浮び上がった。指の先に爪の破片一つ一つを花びらのように付けた。
    完成した結果に対する理由は潜在している意識を破壊する。
     <心で育つのを>が完成した後、憐憫についてもう一度考えた。もしかしたら憐憫とは、正常な人の優越感から始まったのではないだろうか? 目に見えるものだけで私が果たして名匠よりも「優れている」と言えるだろうか? 決してそうではない。
     そしてびくっとした私のからだは父の実際の手を型どろうと思った考えが傲慢であったことを呼び覚ましてくれた。指が切断されて体験しなければならない苦痛と障害者に対する偏見を、ただの一度も経験したことがないし、そういう人生を理解しようとする対話もしなかった。父が承諾しなかったのは当然であった。


    父の失った指は胸の中で咲いた花になる。
     <心で育つのを>デジタルコンテンツを製作しようと、崇礼門復元工事現場を背景にナ・ミンギュ氏が撮った写真を鑑賞したユン・ヨンシム氏の一言が両目に力になった。

     「父の人差し指が両目の指先から花が咲いているようですが」

     もしかしたら私たちは薄情な人生の中で人間としてさらに価値があるように考えなければならないものを失ったまま生きているのかもしれない。単純に見えるものだけに執着するよりは、心の目が話す人生の信憑性について考えなければならない。心の目が目を開く時、信憑性から漂う人生の香りを感じるはずだ。この香りは私たちの生活をより一層豊かに導いてくれるだろう。

    現代を生きていきながら精神的、肉体的苦痛を味わっている方々に胸の中に隠された花の種がいつかはパッと咲くという肯定的な気をこの作品を通じて分かち合うことができることを願う。指を失った名匠とまた握手をするならば、もうあの方の人生の香りを手で感じることができると思う。

    <心で育つのを>誕生できるように人生の痕跡を寄付して下さった方々に感謝の言葉を伝えます。

    心の多様な意味:本来から備わった性格や品性。他の人や事物に対して感情や意志、考えなどを感じたり起こす作用や態度。あることに対して持つ関心。事物の判断や善し悪しを判断する心理や性格の土台。異性や他人に対する愛や好意の感情。あることを考える力。砂利(済州方言)



    &#8226; 2010 korea Master Artisans' Expo &#8226; 9.15.~9.18. &#8226; D Hall, 3rd Floor, COEX

    「ドゥヌン(両眼)プロジェクト」は人生の中で忘れられて行くこと、あるいは現代の社会に適応するために覆っておいたものなどを可視化して考えてみようとします。それを通じて私有の楽しみを享受し、率直なものが最も美しいものになる世界をあなたと一緒に想像し実現しようと思います。
    <- 参加者には記念切手及び意味ある時間のプレセントをあげます。

    面白さ以上のそのもの factory

  • i環境・素材

    た爪, ブロンズ

  • i実寸サイズ

    &#23454;&#38469;尺寸

  • i製作期間

    2010

  • i作品URL

    21cagg.org/gnuboard4/bbs/board...

  • iライセンス

    表示-非営利-改変禁止

published : 2010/09/14

閉じる
k
k