川越ゆりえ

ミクストメディア、絵画 など

social
  • 3

    Fav 28
  • 9

    View 74,890
  • p

    Works 104

川越ゆりえ

m
r

川越ゆりえ

ミクストメディア、絵画 など

  • 3

    Fav 28
  • 9

    View 74,890
  • p

    Works 104

川越ゆりえ

ミクストメディア、絵画 など

川越ゆりえ

ミクストメディア、絵画 など

ID
yurii_yurii
本名
川越 ゆりえ

ご連絡等はyurii0820@gmail.comにてお願い致します。
Please contact this address "yurii0820@gmail.com".
主に、人間の心に潜む様々な感情や弱さを、架空の虫の形に起こして制作している。
人の感情や弱さは虫のようだ。嫉妬心や寂しさはいつもどこからともなくやってきて人の心に寄生し棲み付き、気付いた時には増殖し、内側から人を喰い、操る。
また、普段はじっと心の奥底に身を潜めていても、ふとした瞬間に、まるで蛹から羽化するように表に現れ、その翅を広げるのだ。しかし、一つ一つの感情や弱さを様々な角度から観察したり、触れてみると、それぞれの持つ面白さや魅力などに気付くことが出来る。
一見、ネガティブであるとされ、良くないものとして捉えられがちな種類の感情も、よく観察してみると魅力的な面が多数見つかるのである。
そして、時折ちらりと顔をのぞかせる、そのような感情達や弱虫達を、私はとても愛おしいと思う。
川越ゆりえ

Artist Statement
In my work, I evoke the varied emotions and weaknesses inhabiting the human heart by presenting them in the form of insects.
Human emotions and weaknesses are like insects. Jealousy and loneliness always come along, seemingly out of nowhere, and take abode in the heart like a parasite. Before one realizes it, the jealousy or loneliness has multiplied and commenced eating and manipulating one’s heart from the inside out. Even an emotion normally staying deep in the heart will, at some moment, appear on the surface-as if emerging from a pupa-and spread its wings.
On the other hand, when we observe particular emotions and weaknesses from different angles and try touching them, we start to notice how interesting and attractive each one is. Even varieties of emotion that people see as negative or unhealthy reveal aspects of charm on closer observation. I find them adorable, these emotions and weaknesses that sometimes peep out and show their faces.
Kawagoe Yurie
(英訳:ブライアン・アムスタッツ Translated from Japanese to English : Brian Amstutz)


川越ゆりえの制作は「人の感情を虫にしたら」と着想するところから始まる。
人ではないものを人間の姿に見立てる「擬人化」の手法とは逆の発想で、人間の感情を極めて個性的な虫の姿に呼応させるスタイルを確立した。そして《弱虫標本》(2013年)では、簡単には割り切れない複雑な感情というものを幻想性に富んだ虫の姿態に置き換えた上に、標本箱に分類して陳列して見せる様式の美しさも生み出している。三つのパネルで構成され、折りたたむことができるこの作品は、まるで三連の祭壇画のように見ることもできる。宗教儀式を行う祭壇に掲げられる多くの題材は人類の原罪と、その結果ともいえる人の世の苦しみ、情欲の乱れ、不条理な死、不毛な生である。《弱虫標本》の虫たちからは、現世に対する厭世観を風刺してみせるような真実味が感じられる。

《眠りゆく弱虫》(2015年)は、ひとつの絵巻物のように昇華する虫を連続して表現している。死体が朽ちていく九相図(ルビ:くそうず)のように、時間の経過とともに感情の虫が滅んで変貌していくのとは対照的に開花する花の、いわば三相図となっている。

新作《道化を宿す弱虫》(2017年)の標本スタイルには、おどけて媚を売る感情や、さらには、蛹にならないで、幼生の未成熟なままで大きくなるものも採集された。成熟した大人がいなくても成立している日本の共同体は特異で、ある意味、高度に成熟した社会だともいわれている。このまま進むと日本人は成熟どころか、退化、劣化してゆくだろう。人が成長する過程で、傷つき、悩み、もだえ苦しむ心の中の虫たちは、弱さを滑稽な仮面で隠し、いまや羽化もせずにこの世の中を通りすぎようとしている。

立松由美子

Kawagoe Yurie approaches production by first imagining “a human emotion taking form as an insect.” Her concept, in this sense, is opposite to “personifying” non-human things by giving them human characteristics; in her case, she has established a style of giving strikingly apt insect forms to human sensibilities. Then, in specimen of cowards (2013), after embodying normally hard-to-distinguish emotions in richly illusionistic insect forms, she categorizes and arrays them for display in a specimen box, thereby taking her art into a beautiful new realm. An artwork composed of three foldable panels, it also resembles a triptych altarpiece. The human themes, seemingly placed in an altarpiece for conducting religious rites, evoke humanity’s original sin and its consequences: suffering, the deceits of the passions, absurd death, and the vanity of life. In the insects of Yowamushi Specimens, we sense truth-the ability to poke fun at our pessimistic views of the world.
In dying of coward (2015) an insect’s process of sublimation is depicted serially as in a scroll painting. One is brought to mind of a kusozu painting of the body’s decay in nine stages. Here, however, an insect of emotion fades and transforms, strikingly, into a blooming flower in what might be called a triptych.
In her new work, cowards that have a clown (2017), Kawagoe arrays specimens of comical emotions of flattery. The larvae, moreover, grow large without maturing and forming pupae. The Japanese community, which takes form even when mature adults are not present, is peculiar. In a certain sense, it can also be considered a high-level matured society. If things continue this way, the Japanese will not only mature but also degenerate and deteriorate. As people grow, they foster insects in their injured, worried, and suffering hearts. The insects hide their weakness behind comical masks and move through our world without ever spreading their wings.

Tatematsu Yumiko

(英訳:ブライアン・アムスタッツ Translated from Japanese to English : Brian Amstutz)
(リーフレット「アペルト07 川越ゆりえ」より(英訳:ブライアン・アムスタッツ )
(Leaflet: “Aperto 07 KAWAGOE Yurie” Translated from Japanese to English : Brian Amstutz)


恐らく完璧な人間など存在しない。皆どこかに短所などの様々なネガティブとされる部分を抱えていたり、人には言えないような恥ずかしい過去や失敗の記憶も持っていると思う。この現代において、わずかでも他人にネガティブな部分を見付けると途端にその人の事を嫌ったり、拒否を示したり、他人に完璧である事や欠点の無い人間性である事を求めすぎてしまう事態が来るのを私は非常に恐れている。心や記憶の中に、様々なネガティブとされる部分を抱えながらも懸命に前を向く事こそが「生きる」という事だと私は思っている。
私自身も、自身や他者の中に潜むそういった部分を受け入れられるようになりたいという願いを込めて、作品を制作している。
その為、私の作品の中に登場する、人間の感情や弱さを表現した「虫」たちはどれも美しく、愛らしい形で表現する事を心掛けている。



[川越ゆりえ]
1987   富山県生まれ
2013 富山大学大学院芸術文化学研究科修了、修士(芸術文化学)

【主な個展】
2021   「共に生き、彩る」REIJINSYA GALLERY
2020   「川越ゆりえ 個展」阪神百貨店梅田本店 美術画廊
2019   「隣の羽音 2019」REIJINSYA GALLERY    
     「BANAL EMOTION」横浜1010美術
     「川越ゆりえ 造形展」森の住まい(イセ食品グループ) 
2017   「隣の羽音」ギャラリーVenere
      APERTO 07 川越ゆりえ 弱虫標本 金沢21世紀美術館企画
     「弱虫博物詩」ARTBOX152 西田美術館
2015   「それぞれの息遣い」ギャラリーアートポイント
     「e.g.g.o0046 川越ゆりえ展」大雅堂
2014   「感情たちは繭を紡ぐ」銀座スルガ台画廊
2013  「弱虫は囁く」ギャラリーVenere
2012  「レスポワール展 2012」銀座スルガ台画廊

【主なグループ展】
2021    ビエンナーレTOYAMA 2021
2019    JCC(ジャパン・クリエイティブ・センター)シンガポール
2019   「Ascending Art Annual Vol.3」うたう命、うねる心 
      スパイラルガーデン(青山)主催:株式会社ワコールアートセンター
        
【主な受賞】
2014   日本の絵画2014(銀座 永井画廊主催) 佳作賞
      アートフェア富山2014・アートアワード 朝日印刷賞
      第88回国展 新人賞受賞 新準会員推挙 以降無鑑査
2013   「GEIBUN4」卒業制作展 都築響一賞
2011   「GEIBUN2」卒業制作展 五十嵐太郎賞
      第85回国展 奨励賞
      シェル美術賞2011 入選

【メディア】
2021   美術屋・百兵衛 2021年春号 No.57 掲載
2020   ビッグイシュ―日本版 8月15日号「表現する人」 掲載
2019   月刊美術9月号特集「ムシとアートの相似形(フラクタル)」掲載
2019    NHK WORLD 「DESIGN TALKS plus」 Insects  出演


【ワークショップ】
2020   富山県美術館親子向けTADワークショップ「親子でつくろう!こころの虫とそのおうち」にて講師を務める。

2018    はっけんとぼうけんプロジェクト「テーマ︰こころ・むし」YURIE KAWAGOE WORK SHOP IN IBI YOUCHIEN 2018 (学校法人揖斐幼稚園)にて講師を務める。

2016    高岡市美術館友の会イベント「大人の粘土あそび」にて講師を務める。

パブリックコレクションに、朝日印刷株式会社、学校法人揖斐幼稚園などがある。



KAWAGOE Yurie
1987 Born in Toyama, Japan
2013 Master.Graduate School of Art and Design, University of
Toyama

【Selected Solo Exhibition】
2021    REIJINSHA GALLERY
2020  Hanshin Department Store Umeda Main Store
2019    REIJINSHA GALLERY
     1010Art Gallery
     MORINO SUMAI(Ise Corporation)
2017   Gallery Venere
     APERTO 07 21st Century Museum of Contemporary Art ,Kanazawa
    ARTBOX152 Nishida Museum,
2015   Gallery Art Point
     Gallery Taigado
2014  Ginza Surugadai Gallery
2013  Gallery Venere,
2012  Ginza Surugadai Gallery,

【Selected Competitive Exhibition】
2015 "The 89th Kokuten Exhibition"(exemption of examination)
The National Art Center, Tokyo
2014 "Japanese Painting 2014" Nagai Art Gallary, Tokyo
2012 "Japanese Painting 2012" Nagai Art Gallary, Tokyo

【Selected Award】
2014 Honorable Mention Award of "Japanese Painting 2014"
(Nagai Art Gallary organized)
Asahi Printing Award of Art Fair Toyama 2014
New Face Award of "The 88th Kokuten Exhibition"
2013 Kyoichi Tsuzuki Award of "Geibun 4" , University of Toyama,
Graduate Exhibition
2011 Taro Igarashi Award of "Geibun 2" , University of Toyama,
Graduate Exhibition
Incentive Award of "The 85th Kokuten Exhibition"
     Selected Shell Art Award 2011

6

Follower (15)

more
k
k