フクイヒロシ

m
r

フクイヒロシ

イラストレーター&映画ライター

  • 3

    Fav 1,163
  • 9

    View 80,462
  • p

    Works 211

フクイヒロシ

イラストレーター&映画ライ...

WORKS

イラストレーション > イラスト

四コマ映画「マイ・ブックショップ」

9

View
67

3

Fav
16

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

四コマ映画「マイ・ブックショップ」

by フクイヒロシ

  • i作品URL

    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iコメント

    映画『マイ・ブックショップ』公開中

    素晴らしい。びっくり。マジでびっくりしました。

    普通の映画だなと思っていたんです。途中まで。

    権力を持った愚かな悪が
    「わざわざ波風立てることないじゃないですかぁ」っていう無責任な民を従えることに成功したら
    こんなにおそろしいことになるのか。。

    小さな書店の運命やいかに。。。。。。。。。

    ***

    四コマ映画「マイ・ブックショップ」 → 4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

    ***

    小説原作っぽい雰囲気もありつつ、
    イギリスの港町の映像、本と本屋の映像がとにかくすごく美しくて、
    本はさすがにメインテーマだけあってほんとうにに美しく撮ってる。

    本の包装紙を開けるシーンの素晴らしさたるや。

    宝物以上のものを開けるドキドキワクワク感。
    紐が解かれる音。紙が広げられる音。
    素晴らしいですよ。

    でも、話は普通だなと思っていたんです。
    これでゴヤ賞三冠かぁ。なぜだろうと思っていたんですが。

    びっくり展開。おっとネタバレ厳禁。

    ****

    撮影も素晴らしいけど、演技もすごい。

    『ラースと、その彼女』でライアン・ゴズリングの義姉を演じたエイリー・モーティマーが今回も良い!声がいいんですよね、この人は。

    で、同じく『ラースと、その彼女』でライアン・ゴズリングの主治医を演じたパトリシア・クラークソンさん。
    今回は悪役です。
    素晴らしい悪役ですけど、やはりこのクラスの演技派が演じると深みや哀しみも帯びてくるので映画が多面的になります。

    そして、ビル・ナイ。 ビル・ナイが普通に真面目な役をやってるのを初めて見ました。。だいたいコメディのイメージなので。。
    しかしハマりますね。渋い。渋すぎる。カッコイイ。

    ****

    ラスト。

    書き割りのように存在していた「名もなき市民」たちがカメラ目線でジッと観客の方を見てきます。

    「お前だってそうだろ?」と。

    恐ろしい映画でございました。。

    ***

    四コマ映画「マイ・ブックショップ」 → 4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

四コマ映画「マイ・ブックショップ」

by フクイヒロシ

  • i作品URL

    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iコメント

    映画『マイ・ブックショップ』公開中

    素晴らしい。びっくり。マジでびっくりしました。

    普通の映画だなと思っていたんです。途中まで。

    権力を持った愚かな悪が
    「わざわざ波風立てることないじゃないですかぁ」っていう無責任な民を従えることに成功したら
    こんなにおそろしいことになるのか。。

    小さな書店の運命やいかに。。。。。。。。。

    ***

    四コマ映画「マイ・ブックショップ」 → 4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

    ***

    小説原作っぽい雰囲気もありつつ、
    イギリスの港町の映像、本と本屋の映像がとにかくすごく美しくて、
    本はさすがにメインテーマだけあってほんとうにに美しく撮ってる。

    本の包装紙を開けるシーンの素晴らしさたるや。

    宝物以上のものを開けるドキドキワクワク感。
    紐が解かれる音。紙が広げられる音。
    素晴らしいですよ。

    でも、話は普通だなと思っていたんです。
    これでゴヤ賞三冠かぁ。なぜだろうと思っていたんですが。

    びっくり展開。おっとネタバレ厳禁。

    ****

    撮影も素晴らしいけど、演技もすごい。

    『ラースと、その彼女』でライアン・ゴズリングの義姉を演じたエイリー・モーティマーが今回も良い!声がいいんですよね、この人は。

    で、同じく『ラースと、その彼女』でライアン・ゴズリングの主治医を演じたパトリシア・クラークソンさん。
    今回は悪役です。
    素晴らしい悪役ですけど、やはりこのクラスの演技派が演じると深みや哀しみも帯びてくるので映画が多面的になります。

    そして、ビル・ナイ。 ビル・ナイが普通に真面目な役をやってるのを初めて見ました。。だいたいコメディのイメージなので。。
    しかしハマりますね。渋い。渋すぎる。カッコイイ。

    ****

    ラスト。

    書き割りのように存在していた「名もなき市民」たちがカメラ目線でジッと観客の方を見てきます。

    「お前だってそうだろ?」と。

    恐ろしい映画でございました。。

    ***

    四コマ映画「マイ・ブックショップ」 → 4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iライセンス

    設定しない

published : 2019/04/13

閉じる
k
k