K-OZAWA

m
r

K-OZAWA

妄想ノスタルジアの権化的な絵描き

  • 3

    Fav 172
  • 9

    View 62,978
  • p

    Works 170

K-OZAWA

妄想ノスタルジアの権化的な絵描き

WORKS

イラストレーション > イラスト

夕暮れの色が染める且つての夢の色と野望の色(The Setting Sun Coloring The Ambitious...

9

View
38

3

Fav
2

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

夕暮れの色が染める且つての夢の色と野望の色(The Setting Sun Co...

by K-OZAWA

  • iコンセプト

    「色彩運搬列車によって
    運ばれてくるものの中には
    往々にして
    誰かが見るのをやめてしまった夢が
    含まれていたりする事もある。

    2両目に積載された地球儀は
    且つての野心家が愛用していたようだが、
    年月を経てなお色濃く残る野望の色や
    刺さったままのダーツと共に、
    近隣の色彩処理工場に
    これから運ばれて行くようだ。

    その前の1両目の貨車に目一杯
    詰め込まれたレコードのこれまた
    色褪せたジャケットに映る歌手達は
    誰かの記憶の中で輝いていたのだろうか。
    それとも自分自身の思い出の中に
    輝きを見出していたのだろうか。

    特に珍しい事でも無い事なのだが、
    こうしたモノ達からは
    失意のような色が抽出される事の方が多いのだが、
    ごく稀にさっぱりしたかのような色が
    抽出されたりする事もあるようだ。

    今日もC.T.W.(Colour-Trash World)のあちこちの
    色彩処理工場ではいつものように
    あらゆるモノや記憶や感情、
    そして言語や夢からの色彩の抽出が
    日が暮れる今も尚続いている。
    例え世界がモノや色を必要としなくなり、
    誰かが夢を見る事を止めたのだとしても、
    記憶や感情、言語、夢の中から
    ほんの僅かに残る色彩を見出して
    抽出を続けるのだろう。」

    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    ドイツ文化会館1階にあるカフェレストラン「mahlzeit」さん内にて
    現在展示させて頂いている絵の内の1点で、
    A4(210×297)サイズ程に完成後切り取った
    水彩紙に水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの。

    この絵を描き始めたのは、丁度緊急事態宣言が続いていた
    今年の6月頃だったのですが、
    コロナ禍によって、
    変わってしまった世の中に於いて
    「自分は一体どのような絵を描いて行くべきなのか」ずっと
    考えたり悩んでいた最中に描いていたものでした。

    キャプション文の方も当初は
    かなり長い上に説明的で蛇足めいた箇所も多かったのですが(汗)、
    今回の掲載に当たって、
    大部分を削って文章全体のトーンを少し変えるようには心掛けました。
    それでも長い事に変わりは無いのかも知れませんが...。(滝汗)

    この場に於ける2020年の投稿はこの絵が最後とさせて頂きます。
    絵を見て下さった皆様、誠に有難うございました。
    来年も何卒、宜しくお願い致します。

  • i環境・素材

    水彩絵の具、水彩色鉛筆、水彩紙

  • i実寸サイズ

    A4(210×297)サイズ程

  • i製作期間

    2週間強(但しブランク有。他の絵と平行して制作していた為)

  • iタグ

    鉄道 オリジナルイラスト 水彩イラスト
  • i作品URL

    colourtrash.jimdofree.com/2020...

  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

夕暮れの色が染める且つての夢の色と野望の色(The Setting Sun Co...

by K-OZAWA

  • iコンセプト

    「色彩運搬列車によって
    運ばれてくるものの中には
    往々にして
    誰かが見るのをやめてしまった夢が
    含まれていたりする事もある。

    2両目に積載された地球儀は
    且つての野心家が愛用していたようだが、
    年月を経てなお色濃く残る野望の色や
    刺さったままのダーツと共に、
    近隣の色彩処理工場に
    これから運ばれて行くようだ。

    その前の1両目の貨車に目一杯
    詰め込まれたレコードのこれまた
    色褪せたジャケットに映る歌手達は
    誰かの記憶の中で輝いていたのだろうか。
    それとも自分自身の思い出の中に
    輝きを見出していたのだろうか。

    特に珍しい事でも無い事なのだが、
    こうしたモノ達からは
    失意のような色が抽出される事の方が多いのだが、
    ごく稀にさっぱりしたかのような色が
    抽出されたりする事もあるようだ。

    今日もC.T.W.(Colour-Trash World)のあちこちの
    色彩処理工場ではいつものように
    あらゆるモノや記憶や感情、
    そして言語や夢からの色彩の抽出が
    日が暮れる今も尚続いている。
    例え世界がモノや色を必要としなくなり、
    誰かが夢を見る事を止めたのだとしても、
    記憶や感情、言語、夢の中から
    ほんの僅かに残る色彩を見出して
    抽出を続けるのだろう。」

    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    ドイツ文化会館1階にあるカフェレストラン「mahlzeit」さん内にて
    現在展示させて頂いている絵の内の1点で、
    A4(210×297)サイズ程に完成後切り取った
    水彩紙に水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの。

    この絵を描き始めたのは、丁度緊急事態宣言が続いていた
    今年の6月頃だったのですが、
    コロナ禍によって、
    変わってしまった世の中に於いて
    「自分は一体どのような絵を描いて行くべきなのか」ずっと
    考えたり悩んでいた最中に描いていたものでした。

    キャプション文の方も当初は
    かなり長い上に説明的で蛇足めいた箇所も多かったのですが(汗)、
    今回の掲載に当たって、
    大部分を削って文章全体のトーンを少し変えるようには心掛けました。
    それでも長い事に変わりは無いのかも知れませんが...。(滝汗)

    この場に於ける2020年の投稿はこの絵が最後とさせて頂きます。
    絵を見て下さった皆様、誠に有難うございました。
    来年も何卒、宜しくお願い致します。

  • i環境・素材

    水彩絵の具、水彩色鉛筆、水彩紙

  • i実寸サイズ

    A4(210×297)サイズ程

  • i製作期間

    2週間強(但しブランク有。他の絵と平行して制作していた為)

  • iタグ

    鉄道 オリジナルイラスト 水彩イラスト
  • i作品URL

    colourtrash.jimdofree.com/2020...

  • iライセンス

    設定しない

published : 2020/12/30

閉じる
k
k