K-OZAWA

m
r

K-OZAWA

妄想ノスタルジアの権化的な絵描き

  • 3

    Fav 172
  • 9

    View 62,977
  • p

    Works 170

K-OZAWA

妄想ノスタルジアの権化的な絵描き

WORKS

イラストレーション > イラスト

色彩処理工場がある街のクリスマス(CTW's Industrial Christmas)

9

View
105

3

Fav
3

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

色彩処理工場がある街のクリスマス(CTW's Industrial Christ...

by K-OZAWA

  • iコンセプト

    (ある旅行者の手記より)
    「C.T.W.(Colour-Trash World、以下C.T.W.)中の
    大抵の街や集落の中に
    最低でも1つは存在する
    色彩処理工場は
    国外から運ばれて来た
    様々な物質に記憶や言葉、
    ごく稀に誰かの夢の中から
    抽出した色彩を
    カラーチップへと加工する
    通常の作業に加えて、
    運ばれて来た物質を
    クリスマスプレゼントとして
    新たな色に塗り替えたり
    加工し直したりする作業を行う事から
    この時期は何処の工場も
    いつもよりも遥かに忙しくなる。

    今もこの瞬間にも
    新たな色を纏った
    数々のプレゼントと
    クリスマスシーズン専用の
    箱に封入された
    カラーチップを積載した
    貨車を長編成連ねて、
    チョコレートで出来た請求書を
    牽引機の煙の上に携えて
    これからC.T.W.内外の消費地へと
    色彩運搬列車が向かう所だ。

    クリスマスの買い出しや飾り付けに
    パーティで賑わい、
    その陰で氷の女王の城が
    睨みを利かせる街の向こうでは
    別の色彩運搬列車が
    工場の中へと
    入って行く様子が見える。
    貨車に目一杯載せられた
    あの色彩達もまた
    色を抽出・(再)加工されて
    クリスマスに沸くC.T.W.内外へと
    流通して行くのだろう。

    尚、C.T.R.(Colour-Trash Railway)の殆どの路線では、
    ただでさえこの時期は
    混雑する事に加えて
    色彩運搬列車の運行が
    何よりも最優先されるものだから、
    C.T.W.内の移動の際には、
    特急以下全ての旅客列車の時刻が
    当てにはならない事は
    留意しておいた方がいいのだろう。」

    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    今年のクリスマスイラスト。
    A3(297×420)のイラストボードに
    水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの。
    当初は「今年は静かなクリスマスを描こう」と考えておりましたが、
    「折角、色彩処理工場を幾つかの絵で描いているのだから、
    工場がある街のクリスマスの様子を描いたらどうだろう?」...と
    「方針転換」した末に描いたものです。

    C.T.W.のクリスマスシーズンは工場同様
    色彩運搬列車とその牽引機もフル稼働...と言う事で、
    ここ数年は「12号機」も駆り出される事が多いようです。

  • i環境・素材

    水彩絵の具、水彩色鉛筆、イラストボード

  • i実寸サイズ

    A3(297×420)サイズ

  • i製作期間

    1ヶ月

  • iタグ

    クリスマス 鉄道 水彩イラスト 安定しないタグ HIP2012
  • i作品URL

    colourtrash.jimdofree.com/2020...

  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

色彩処理工場がある街のクリスマス(CTW's Industrial Christ...

by K-OZAWA

  • iコンセプト

    (ある旅行者の手記より)
    「C.T.W.(Colour-Trash World、以下C.T.W.)中の
    大抵の街や集落の中に
    最低でも1つは存在する
    色彩処理工場は
    国外から運ばれて来た
    様々な物質に記憶や言葉、
    ごく稀に誰かの夢の中から
    抽出した色彩を
    カラーチップへと加工する
    通常の作業に加えて、
    運ばれて来た物質を
    クリスマスプレゼントとして
    新たな色に塗り替えたり
    加工し直したりする作業を行う事から
    この時期は何処の工場も
    いつもよりも遥かに忙しくなる。

    今もこの瞬間にも
    新たな色を纏った
    数々のプレゼントと
    クリスマスシーズン専用の
    箱に封入された
    カラーチップを積載した
    貨車を長編成連ねて、
    チョコレートで出来た請求書を
    牽引機の煙の上に携えて
    これからC.T.W.内外の消費地へと
    色彩運搬列車が向かう所だ。

    クリスマスの買い出しや飾り付けに
    パーティで賑わい、
    その陰で氷の女王の城が
    睨みを利かせる街の向こうでは
    別の色彩運搬列車が
    工場の中へと
    入って行く様子が見える。
    貨車に目一杯載せられた
    あの色彩達もまた
    色を抽出・(再)加工されて
    クリスマスに沸くC.T.W.内外へと
    流通して行くのだろう。

    尚、C.T.R.(Colour-Trash Railway)の殆どの路線では、
    ただでさえこの時期は
    混雑する事に加えて
    色彩運搬列車の運行が
    何よりも最優先されるものだから、
    C.T.W.内の移動の際には、
    特急以下全ての旅客列車の時刻が
    当てにはならない事は
    留意しておいた方がいいのだろう。」

    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    今年のクリスマスイラスト。
    A3(297×420)のイラストボードに
    水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの。
    当初は「今年は静かなクリスマスを描こう」と考えておりましたが、
    「折角、色彩処理工場を幾つかの絵で描いているのだから、
    工場がある街のクリスマスの様子を描いたらどうだろう?」...と
    「方針転換」した末に描いたものです。

    C.T.W.のクリスマスシーズンは工場同様
    色彩運搬列車とその牽引機もフル稼働...と言う事で、
    ここ数年は「12号機」も駆り出される事が多いようです。

  • i環境・素材

    水彩絵の具、水彩色鉛筆、イラストボード

  • i実寸サイズ

    A3(297×420)サイズ

  • i製作期間

    1ヶ月

  • iタグ

    クリスマス 鉄道 水彩イラスト 安定しないタグ HIP2012
  • i作品URL

    colourtrash.jimdofree.com/2020...

  • iライセンス

    設定しない

published : 2020/11/24

閉じる
k
k